洗顔を泡立てる理由や泡立て方のポイントとは?

洗顔を泡立てる理由や泡立て方のポイントとは?

洗顔において「泡で洗う」ということはよく聞きますよね。 でも、どうして泡立てなきゃいけないのでしょうか。 今回は泡立てる理由や、洗顔の泡立て方について見ていきましょう(`・ω・´)

洗顔で泡立てなきゃいけない理由とは?

こちらでは、泡立てなきゃいけない理由を紹介しますね!
これまで「なんで?」と思っていた人も、理由を知ることで泡立てた洗顔の大切さがわかるはずです。

肌に負担がかからない

基本的にもちもちとした泡で洗顔がおすすめされているのは、肌に負担がかからないからです。
洗顔って予想以上に肌に負担がかかってしまうんですよね(;^ω^)
洗顔後はすぐに保湿ケアをしないといけないと言われているくらいですし(ノД`)・゜・。
もちもち泡で洗顔をすることで肌への負担を減らすことができるんです。

皮脂や汚れを落としてくれる

キメ細かな泡で洗うことで、洗浄成分が毛穴に入りやすくなります。
泡が汚れを包み込んでくれるので、泡以外の洗顔よりもしっかり洗うことができるんです。
泡立てずに洗っていると、皮脂や古い角質が洗浄されずに残っているということもあります。

摩擦を減らせる

泡で洗うことで肌への摩擦を減らすことができるのです。
手を直接肌に乗せて洗顔をすると、それだけで摩擦の影響を受けて乾燥しやすくなります。
泡で洗うことで、摩擦を減らすことができて結果的に乾燥防止につながるのです。
意外と摩擦は馬鹿にできません。
摩擦によるダメージで乾燥が促進され、肌荒れに繋がってしまう人も少なくないからです。

覚えておきたい洗顔料の泡立て方

こちらでは、洗顔料の泡立て方について見ていきましょう!
どうすればもちもち泡を作れるのか、ぜひ参考にしてみてくださいね。
普段、あまり泡を気にしたことがない人はこれをきっかけに泡洗顔を取り入れてみてください!

水を加えながら空気を巻き込む

洗顔料を出した後、水を加えて空気を巻き込むように泡立ててください。
少しずつ泡が出てくるので、その泡をまとめながら大きな泡に作り替えていきましょう。
ただ、慣れていないと水の加減や空気の巻き込み方が分からずに泡作りに失敗するというケースもあるので気をつけましょう(;^ω^)

洗顔ネットを使う

自分では泡が上手く作れない人は洗顔ネットを使ってみてください。
洗顔ネットは簡単にもちもち泡が作れるような仕様となっています。
本格的な高額のものでも構いませんが、最初は100円ショップで販売されているものでも、十分しっかりとした泡を作ることができるのでそちらを試してみましょう(`・ω・´)
洗顔ネットはさまざまなタイプがあるので、自分で使いやすいと思えるものを試しましょう。

泡立てやすい洗顔料を選ぶ

洗顔料によって泡立てやすいもの、泡立てにくいものがあります。
泡立てやすい洗顔料を選ぶことも重要なポイントです。
洗顔料の中には、最初から泡で出てくるものもあるので、そちらを使ってもいいですね。
ボディソープやシャンプー、洗顔料など近年は泡に注目した製品が増えています。
そのため、手軽にもちもち泡を体感したい人は最初から泡の洗顔料などを使ってみましょう。

洗顔の泡立て方は簡単なので肌に負担のない洗顔を心掛けよう

洗顔料の泡立て方は比較的簡単です。
そのため、難しく考える必要はないですよ(;^ω^)
逆に難しく考えてしまうと、余計に上手く泡が作れなくなる原因になります。
気負いすぎてしまうんでしょうね(・_・;)
気負わずにリラックスしながら泡立ててください。
どうしても難しい場合は泡立てネットや泡洗顔料などを積極的に使いましょう。
泡立てネットを使うことで、泡立て方をしっかり身に着けることができます。
最初から泡洗顔料にするのではなく、泡立てネットで試してみるのもいいかもしれませんね(・_・;)
TOP