毛穴の汚れ!すっきり落とせる!スキンケア用の洗顔ブラシの効果と使い方

毛穴の汚れ!すっきり落とせる!スキンケア用の洗顔ブラシの効果と使い方

皆さん、毎朝の洗顔の際に「洗顔ブラシ」は使ってますか?それとも手で洗っていますか? 洗顔ブラシの効果は手で洗うよりも高いと言われていますが、ブラシの手入れが面倒だと言う方もいます。 また、肌を痛めてしまうのではないかと思って、使用するのをちゅうちょしている方もいるのではないでしょうか?
皆さん、毎朝の洗顔の際に「洗顔ブラシ」は使ってますか?それとも手で洗っていますか?

洗顔ブラシの効果は手で洗うよりも高いと言われていますが、ブラシの手入れが面倒だと言う方もいます。また、肌を痛めてしまうのではないかと思って、使用するのをちゅうちょしている方もいるのではないでしょうか?

洗顔ブラシを使うメリットって何?


洗顔ブラシは「お肌を傷つける」というイメージがあるかもしれません。では、洗顔ブラシにどのようなメリットがあるのか?をメリット、デメリットに分けて見ていきたいと思います。

余分な皮脂と角質を落とす

手で優しく洗顔するだけでは皮脂やメイクなどの油分のある汚れです。この汚れが毛穴に残っていまうと、角栓が詰まったブツブツのいちご鼻になることやニキビの原因にもなります。このようなしつこい汚れを作らないようするのが洗顔ブラシです。

Amazon.co.jp: 熊野筆 洗顔ブラシ (フラワー 型): ホーム&キッチン

Amazon.co.jp: 熊野筆 洗顔ブラシ (フラワー 型): ホーム&キッチン
・サイズ:約 3×6.8cm 出穂/約38mm
・本体重量(kg):0.023
・重量:約23g
・生産国:日本
・材質:毛/山羊毛、ポリエステル 軸/ABS樹脂

洗顔料の泡立ちが良くなる

キメ細かい泡は毛穴の奥にある汚れも落とします。しかし、人の手では細かく柔らかい洗顔に適した泡を作るのは難しいですよね。

ところが、洗顔ブラシを使えばそのような「理想的な泡」を簡単に作れます。また洗顔する際の泡切れも良くすすぎ残し減り、肌荒れになりにくくなります。

マッサージ効果がある

手で行う洗顔とは違い、ブラシの毛の一本一本が肌に適度な刺激を与えてくれます。特に電動のモノは、音波による微細な振動によって洗浄する為、マッサージ効果も期待できます。毛穴にしっかり刺激を与えるため、引き締め効果もあります。

Amazon | 【Sunmay Seven】Sunmay 電動洗顔ブラシ 音波美顔 毛穴ケア フェースケア ボデイーブラシ 高速振動 IPX7防水 二段階速度 角質除去 USB充電 ブラシヘッド2個付属 収納ポーチ付き ライトピンク | Sunmay | 洗顔用フェイスブラシ 通販

【Sunmay Seven】Sunmay 電動洗顔ブラシ 音波美顔 毛穴ケア フェースケア ボデイーブラシ 高速振動 IPX7防水 二段階速度 角質除去 USB充電 ブラシヘッド2個付属 収納ポーチ付き ライトピンクが洗顔用フェイスブラシストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

洗顔ブラシを使うデメリットって何?


ここまでは洗顔ブラシを使った際のメリットの部分をお話しました。しかし、洗顔ブラシにはデメリットもあります。

ここからは、洗顔ブラシを使用するうえでしっておくべき点をご説明します。

刺激が強い

洗顔ブラシを使って顔を洗う場合、あまり力を入れすぎてしまうと肌に負担をかけてしまいます。

ブラシの使い方に慣れていない!汚れをしっかり落としたい!というところから強くこすりすぎてしまい肌の角質に傷をつけてしまう恐れがあります。また、肌に合ったブラシを選びことも大切になってきます。

毛穴に逆効果

肌に必要な脂分をまで取り除いてしまうことがあります。ブラシの毛が肌に合わずに固い場合、毛穴が広がるリスクがあります。

それらのリスクを軽減するため、自分の肌にあったブラシ選ぶこと、長時間洗顔しないことを心がけてくさい。購入する際にはきっちりと自分の肌に合っているかどうかを確認するようにしましょう。

手入れが必要

洗顔ブラシは、使用後はお手入れが必要です。ブラシを使った時は、しっかり洗って乾燥させ、雑菌の繁殖を抑えましょう。雑菌が肌につくと肌荒れの原因につながります。

洗顔ブラシはしっかりと中性洗剤などで汚れを落とした後、風通しの良い場所で外干しすると良いでしょう。

効果的な洗顔ブラシの使い方


洗顔ブラシを購入したにもかかわらず、間違った使い方をしていると本来の効果が期待できません。ではどのように洗顔ブラシを使用すると効果的なのでしょうか?使う時のポイントをまとめましたので、参考にしてください。

メイクをしっかり落としてから使用

洗顔ブラシで洗顔する前には、しっかりクレンジングすることが大切です。マスカラや口紅などのメイクの汚れが顔に残っていては、ブラシ自体が汚れてしまい、綺麗に汚れを落とせなくなってしまいます。しっかりメイクを落としてから洗顔ブラシを使うようにしましょう。

Amazon | ファンケル (FANCL) 新マイルドクレンジング オイル 1本 120mL (約60回分) メイク落とし | ファンケル(FANCL) | クレンジングオイル 通販

ファンケル (FANCL) 新マイルドクレンジング オイル 1本 120mL (約60回分) メイク落としがクレンジングオイルストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

洗顔料を泡立てる

洗顔料はしっかりと泡立てて使ってください。泡の状態は、掌にのせた泡が下に向けても落ちないのが理想です。ネットなどで作るのが難しければ「洗顔料泡立て器」というものもあります。

きめ細やかな泡ができたら、顔にまんべんなくのせます。おでこ、両頬骨、鼻、顎に均等量に乗せ優しく洗顔します。

洗顔ブラシを使い洗顔する

泡の上から肌に触れるか触れないかぐらいの圧力でブラシを動かします。顔の中の大きいパーツから洗い始めるのが基本で、右頬、左頬、Tゾーン、顎の順に洗います。

とりわけ瞼の上であったり、唇の皮膚は他の皮膚に比べて非常に薄いため、あまりゴシゴシ洗いすぎると、色素沈着の原因になります。そのため、あまり時間をかけすぎずに顔全体で1分程で洗い終えるのがベストです。

ぬるま湯でしっかり落とす

洗顔料はぬるま湯で落とすのが理想です。水ですすぐとせっかく落とした皮脂が固まってしまうからです。すすぎ残しは毛穴の詰まりの原因となります。

顎の下や、こめかみ、髪の生え際などはすすぎ残しになりがちな為、しっかりすすぐようにしてください。

洗顔ブラシで理想の肌をつくろう


手洗いだと落としにくい毛穴の奥の汚れまで、洗顔ブラシだと落とすことが出来ます。使い方にさえ気をつければ肌を傷つける事もなく、くすみの解消にも効果があります。洗顔ブラシを毎日のスキンケアに取り入れ、ぜひ理想の肌を手に入れてください。

TOP