マスクをしていても肌にダメージを与えないメイク方法とは?

マスクをしていても肌にダメージを与えないメイク方法とは?

新型コロナウイルスの影響から、日常生活の中にマスクが欠かせなくなりました。 一時はマスク不足で着用したくてもできない人も多かったでしょう。 最近はマスク不足も解消されていますが、別の悩みが出てきました。 それはマスクをした状態でメイクが肌に与える影響です。 今回はどんな影響があるのかなどについて見ていきましょう。
新型コロナウイルスの影響から、日常生活の中にマスクが欠かせなくなりました。
一時はマスク不足で着用したくてもできない人も多かったでしょう。

最近はマスク不足も解消されていますが、別の悩みが出てきました。
それはマスクをした状態でメイクが肌に与える影響です。

今回はどんな影響があるのかなどについて見ていきましょう。

マスクが肌に与える影響


マスクが肌に与える影響は数多くあります。
こちらではその中から肌に与える深刻なダメージはどんなものかを見ていきましょう。

バリア機能の低下

マスクを着用しながら話すと肌とマスクが擦れあってしまいます。

肌に悪影響を与えるものとして「摩擦」があります。

摩擦によってバリア機能の低下に繋がり、これまでは大きな影響がなかったものでも、肌トラブルとして悪影響が表に出てきてしまいます。

肌トラブル

マスクを着用し続けることでニキビなどの肌トラブルが出てくる人が増えています。
これは「マスク着用が当たり前になる前のメイク」を続けている人に多いです。

当然ながらマスク着用している時と着用していない時では解放感が違います。

マスクをしていることで覆われている部分は息による水分や汗で湿気っています。
マスクを外すと一気にマスク内の水分がなくなり、乾燥を促進させてしまうのです。

乾燥

先述したようにマスクによる影響に乾燥があります。
マスクが原因に限らず、乾燥はさまざまな肌トラブルを引き起こします。

そのため、しっかりと保湿をしなければいけません。
保湿をすることでバリア機能が高まり、些細なことでは肌トラブルが起こらなくなるのです。

肌におすすめのマスクメイクについて


マスクをしている時、どんなメイク方法が向いているのでしょうか。
普段のようなメイクであれば、肌に負担をかけてしまうのでおすすめできません。

こちらでは、メイクに関する重要ポイントについて見ていきましょう。

ナチュラルメイク

基本的に濃いメイクにすると、化粧崩れが起こった際に悪影響も大きくなります。
マスクをしていることで息苦しさなどもあり、化粧崩れが起こりやすいと考えましょう。

そのため、ナチュラルメイクをすることで化粧崩れの影響を最小限に抑えることができます。

スキンケアに時間をかける

マスクをし続けることで肌に負担が強くかかります。

そのため、メイク時だけではなくスキンケアにも時間をかけないといけません。
むしろ、マスクの影響を軽減させるためにスキンケアをしっかりして肌自体を強くしなければいけないのです。

意外とマスクメイクによる肌トラブルに悩む人は、スキンケアも手を抜いている人がいます。
マスクメイクはスキンケアこそ徹底しなければいけないものだと覚えておきましょう。

保湿を心掛ける

マスクメイクで欠かせないこと、それは保湿です。

肌を守るためのバリア機能も保湿機能が上手く働いていなければ意味がありません。
そのため、メイクアイテムも保湿効果が高いものなどを選ぶようにしましょう。
ファンデーションなども美容成分にこだわって、保湿効果が高いものがおすすめです。

基本的に薬草ファンデーションなどはスキンケア効果が高いので、悩んだ時は薬用を選んでください。
薬用とつくコスメアイテムは肌を労わる成分などが多く含まれている傾向にあります。

Amazon | クリアラスト 【医薬部外品】フェイスパウダー 薬用オークルa ファンデーション 12g | クリアラスト | フェイスパウダー 通販

クリアラスト 【医薬部外品】フェイスパウダー 薬用オークルa ファンデーション 12gがフェイスパウダーストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

マスクメイクだからこそ肌を労わろう!


マスクメイクだからこそ、手間暇をかけずにすむというメリットがあります。

ただ、肌を労わることに関しては手を抜いてはいけません。
メイク時間が短縮された分、スキンケア時間を多く取るようにしてください。

スキンケアを徹底することで、マスクメイクによる肌への悪影響は最低限に抑えられる可能性が高いです。

TOP