スキンケアの基本となる洗顔はお湯でもいいの?

スキンケアの基本となる洗顔はお湯でもいいの?

スキンケアの基本となるのが洗顔です。汚れをすっきりと洗い流すことで、肌ストレスが減りますね。また洗顔後に使う化粧水や乳液の浸透もよくなることも洗顔が基本とよばれるゆえんです。洗顔はクレンジング剤や洗顔フォームなどの洗顔料を使って行うことが多いと思いますが、中にはお湯だけ洗顔という方もいます。お湯だけで洗顔は可能なのか、さらに洗顔にお湯を使ってよいのか意見も分かれていますよね。
スキンケアの基本となるのが洗顔です。汚れをすっきりと洗い流すことで、肌ストレスが減りますね。また洗顔後に使う化粧水や乳液の浸透もよくなることも洗顔が基本とよばれるゆえんです。

洗顔はクレンジング剤や洗顔フォームなどの洗顔料を使って行うことが多いと思いますが、中にはお湯だけ洗顔という方もいます。お湯だけで洗顔は可能なのか、さらに洗顔にお湯を使ってよいのか意見も分かれていますよね。

そもそもお湯だけ洗顔で汚れは落ちるのか


お肌の汚れにはいくつかの種類があります。毛穴にある皮脂腺から出てくる皮脂や化粧品に含まれる油分による脂汚れと、埃や垢などの汚れが代表的です。脂汚れを落とすためにはクレンジング剤を使い、埃や垢を洗い流すためには洗顔料を使います。

ですが、クレンジング剤や洗顔料には肌に刺激を与える成分が少なからず含まれます。人によってはこれらの成分が刺激となり、クレンジング剤や洗顔料を使って洗顔を行うことでトラブルを起こしてしまう人もいます。

お湯で洗顔をすると、お湯の温度によって油分が溶け、脂汚れは落ちます。また、肌の表面に付いた汚れはお湯で洗い流せます。毛穴の中に詰まってしまった汚れも、毛穴に詰まった脂分と共に洗い流されるため、お湯だけ洗顔でも汚れは落とせます。

ですが、日焼け止めやメイクといった化粧品を使った場合はお湯だけ洗顔では落としきれません。クレンジング剤や洗顔料を使った洗顔のほうがおすすめです。

お湯だけ洗顔はメイクをしていないときの洗顔として適しています。例えば、朝起きたときの洗顔なら、お湯だけ洗顔もよいでしょう。ただ、お湯だけ洗顔を続けたときに何かしらかのトラブルが起こる場合は、汚れが落としきれていない可能性が高いため、洗顔料を使った洗顔に切り替えることをおすすめします。

洗顔でお湯を使うときに適切な温度とは


洗顔料を使った洗顔でもお湯だけ洗顔でも、どのくらいの温度のお湯を使うべきなのか迷うところです。適切なお湯の温度は、肌タイプによっても異なります。

1.基本は32度くらいのぬるま湯

洗顔を行うときにお湯を使うなら、基本としては32度くらいのぬるま湯がベストとなっています。32度のお湯は触るとちょっと暖かいと感じる程度で、ぬるま湯としても少し冷たく感じます。

32度がベストとされるのは、皮脂が溶け出すのが体温より少し低めの温度で溶け出すためです。もし日ごろ体温が高めの方ならもう少し高めの33度~34度くらいでもよいですが、体温が低めという方なら30度~31度くらいなど体温によっても多少違いがあります。触ってみてちょっと少し冷たく感じるくらいがちょうどよいのです。

さらに32度という湯温は、洗顔料の泡立ちが最もよくなる温度でもあります。洗顔料を使った洗顔では、きめ細かな泡を作り、泡を毛穴の中に入れ込むことで汚れをかき出し落とす仕組みです。より細かな泡を作れるかにより、洗浄結果が左右されます。

2.乾燥肌や敏感肌の人はさらに低めの湯温がベスト

どちらかというと乾燥肌という方や、敏感肌の人は体温よりも低めの湯温がベストです。肌の潤いを護る皮脂が少ないため、皮脂が溶けすぎないお湯で洗う必要があります。また皮膚が薄くなっていることも多いため、湯温が高いと温度の影響を受けやすく肌ストレスになってしまいます。

洗顔料は32度のお湯で泡立てますが、お湯だけ洗顔や洗顔料を洗い流すときに使うお湯は、これよりも低めの少し冷たさを感じる程度のぬるま湯を使うようにします。

3.オイリー肌の人は少し高めでも

どちらかといえば皮脂が多くオイリーと感じるかたは、少し高めの35度くらいの湯温のお湯を使うと皮脂がすっきりと洗い流され、べたつきが抑えられます。ただし、肌を守る皮脂が洗い流されてしまう分、洗顔後にしっかりと保湿し油分を補う必要があります。

オイリー肌は隠れ乾燥が潜んでいる可能性があります。肌の内側が乾燥しているため、皮脂が足りないと肌が思い、肌表面に多量の皮脂を送り出してしまうのです。このため、肌の表面には油分がある必要があるため、洗顔後のスキンケアではしっかり保湿が大切です。

お湯だけ洗顔や洗顔料のすすぎで注意したいポイント


お湯だけ洗顔をするときや、洗顔料を使った後のすすぎでお湯を使うときに注意しなければならないのは溜めすすぎをしないことと、擦らないこと、さらにシャワーを直接肌に当てないことがあります。

1.溜めすすぎはすすぎにならない

洗面器などにお湯をはりすすぐ溜めすすぎは、基本としてはおすすめできません。すすいだお湯が再び洗面器に落ちるため、汚れたお湯で何度もすすぐことになるためすすぎにならないためです。

ただ溜めすすぎは水を無駄にしないよい方法の1つです。溜めすすぎをするときには、洗面器と顔の位置に気を付け、汚れたお湯を洗面器に入らないようにします。常にきれいなお湯ですすぐようにしましょう。

2.擦ると肌に刺激となる

濡れた状態の肌はとても敏感です。洗顔は顔を濡らして行うため、洗顔中の肌は非常に敏感な状態となっています。水を手ですくい擦るようにしてすすいでしまっては肌に刺激を与えてしまいます。手にすくったお湯はふわっと肌にかけるようにしてすすぎます。20回ほどふわっとかければ十分にすすげます。

3.シャワーを直接肌に当てると強い刺激になる

シャワー付き洗面台を使っているという方の中には、シャワーを直接肌にあててすすぐ方もいますが、シャワーから出てくるお湯は勢いがあるため、肌は強い刺激を感じます。シャワーを使う場合も一度手に受けてふわっとかけるようにすすぎましょう。

ぬるま湯を使い肌に合わせた洗顔を


スキンケアの基本となる洗顔は、肌質や普段の体温に合わせたぬるま湯を使い行うことで脂汚れも埃や垢などの汚れも落とせます。肌に刺激を与えないよう、さらに必要な皮脂は洗い流しすぎないように注意してください。
TOP
無題ドキュメント