肌のくすみとりのために出来ることは?何が原因で肌はくすむのか?

肌のくすみとりのために出来ることは?何が原因で肌はくすむのか?

肌がくすんでしまう原因はいくつかあります。 基本的に丁寧なスキンケアや正しい生活習慣を送ることで自然と対策をすることができます。 でも、忙しい場合などスキンケアが疎かになってしまうこともありますよね…。 今回は肌がくすんでしまう原因や肌のくすみとりのために出来ることについて紹介しましょう!
肌がくすんでしまう原因はいくつかあります。
基本的に丁寧なスキンケアや正しい生活習慣を送ることで自然と対策をすることができます。
でも、忙しい場合などスキンケアが疎かになってしまうこともありますよね…。
今回は肌がくすんでしまう原因や肌のくすみとりのために出来ることについて紹介しましょう!

肌がくすんでしまう原因は?

こちらでは肌がくすんでしまう原因を見ていきましょう。
意外と知らなかった原因もあるのでチェックしてみてくださいね。

角層が厚くなる

ターンオーバーが遅れることで、古い角層細胞が肌の表面に留まってしまいます。
これがくすみの原因になってしまうのです。
ターンオーバーが乱れる原因は睡眠不足や栄養不足、生活習慣の乱れや加齢などさまざまなものがあるので当てはまるものがあれば改善するようにしましょう!

肌の乾燥

肌が乾燥することで、不要な角質が溜まってしまって肌の透明感を失ってしまいます。
過剰な洗顔や保湿不足などによって引き起こされるようです。
ただ、乾燥肌の人は健康的な肌の人よりも乾燥しやすいので肌がくすみやすいと言われています。

クレンジングがあっていない

クレンジングはメイクの濃さによって選ぶべきです。
つまり、濃いメイクの人がナチュラルメイク向けのクレンジングを使ってもメイク汚れが残ったままになってしまいますよね。
メイク汚れが残ってしまうことで、肌のくすみの原因になってしまうんです。
クレンジングにあまりこだわっていない人は、一度クレンジングの見直しをした方がいいでしょうね。

肌のくすみとりのためにできることは?

こちらでは、肌のくすみとりのために何ができるのかをチェックしていきましょう。
一見「これって当たり前じゃない?」と思うようなこともありますが、意外とできていなかったりサボってしまったりしているという人も少なくないのでは…?

紫外線対策

紫外線によるダメージでメラニンが活性化するとくすみの原因になります。
そのため、メラニンを活性化させないためにも紫外線対策は重要となります。
日焼け止めはもちろん、つばの広い帽子を使うなどちょっとした工夫を取り入れてください。

保湿対策

くすみ対策のためには保湿対策も徹底しなければいけません。
特に朝晩の洗顔後や入浴後は乾燥しやすい状態となっているので、素早保湿ケアをしなければいけないのです。
肌のうるおいを保ち続けることがくすみ防止に繋がると考えておきましょう!

血行アップ

血行促進のために簡易的なマッサージを顔にするのも効果てきです。
ただ、気をつけたいことは「摩擦」です。
何もつけないままマッサージをしても、肌表面を摩擦によってダメージを与えてしまう可能性があるからです。
ぐりぐりとマッサージをしてしまうと、そこだけ乾燥してしまいますよね…。

フェイスマッサージをする場合は、マッサージクリームを使って行うようにしましょう!
何もつけないままだと、くすみ防止のために行っていることが逆にくすみの原因につながることをしていた、という悲しい結果になってしまうかも…!

肌のくすみとりのためにいろいろ工夫しよう!

肌のくすみとりは日常的な注意だけではなく、スキンケアにこだわるなどもおすすめです。
スキンケアアイテムの中には肌のくすみとりに特化したアイテムも多くあります。
肌が弱い人向けのコスメブランドなどは、そういったものを多く扱っていることもあるのでチェックしてみてください。
ただ、スキンケアを徹底しても生活改善が出来なければ焼け石に水の状態です。
まずは生活習慣の乱れなどを改善してから、コスメ用品を揃えるようにしましょう。
TOP