30代、肌のハリがないと感じる人におすすめのスキンケアについて解説します

30代、肌のハリがないと感じる人におすすめのスキンケアについて解説します

25歳はお肌の曲がり角、と聞いたことがある人も多いと思いますが、実は30代にも曲がり角がやってくることを知っていますか? 20代でのお肌のお手入れが30代のお肌に差をつけるように、30代のお手入れによって40代、50代のお肌も変わってきます。 お肌のハリが衰えはじめる30代のスキンケアについて解説します!
25歳はお肌の曲がり角、と聞いたことがある人も多いと思いますが、実は30代にも曲がり角がやってくることを知っていますか?

20代でのお肌のお手入れが30代のお肌に差をつけるように、30代のお手入れによって40代、50代のお肌も変わってきます。
お肌のハリが衰えはじめる30代のスキンケアについて解説します!

30代のお肌の悩みのひとつ「ハリ」

20代のうちは乾燥や皮脂の過剰分泌などの悩みが多いと思いますが、30代に入ると肌の悩みも少しずつ変化してきます。
乾燥が進むのと同時に気になり始めるのが肌の「ハリ」ではないでしょうか。

お肌のハリがなくなっていく理由

年齢とともにお肌のハリがなくなっていく理由の一つは乾燥です。
20代の終わりごろから肌の水分がだんだんと減少していくのですが、それによって肌の水分と油分のバランスが崩れやすくなってしまいます。
インナードライと呼ばれる状態の人も増えてきます。

肌の水分と油分のバランスが取れていないと、水分が少ないと認識することで皮脂を過剰に分泌して大人ニキビの原因になったりすることもあります。
しかし、一時的な肌荒れよりも怖いのは、そういった刺激やバリア機能の低下などによって肌のタンパク質が壊れてしまうことです。

肌のハリは、繊維のように張り巡らされたコラーゲンやエラスチンなどのタンパク質によって保たれています。
これが壊れたり、うまく生成されなくなったりすることによって、肌のハリが失われてしますのです。

お肌にハリがなくなるとこんなことにつながる

お肌にハリがなくなると、たるみやシワの原因になってしまうそうです。
また、顔全体が下がって見えるため、老けて見えるようになってしまうそうです。

30代のスキンケア、キーワードは「保湿」!

そんな肌悩みに対抗するためには、保湿がとっても大切なんです。
30代からとくに気をつけたい保湿のポイントについて解説します!

皮脂の取りすぎに注意する

30代になると肌の水分量が減少傾向になるため、乾燥肌だけでなく混合肌が進んでしまう人も多いようです。
混合肌の場合、一見オイリーに見えるからといって、洗浄力の強い洗顔料でゴシゴシ洗ったり、日中にあぶらとり紙を使いすぎたりするのはNGです。

あぶらとり紙は必要以上に皮脂を吸い上げてしまうこともあるそうです。
人によっては、あぶらとり紙を使わずにティッシュでおさえるだけでも十分なこともありますので、ためしてみてください。

水分と油分をバランスよく補う

水分と油分の両方が失われてしまうと、肌は刺激に弱くなり、コラーゲンなどが壊れやすくなってしまいます。
油分が気になる人は水分を補うことでバランスを取ると考えるようにしましょう。

うるおいを残しながら洗える洗顔料を選び、水分を補って油分でフタをする、これがスキンケアの基本になります。

パックやマッサージなどのスペシャルケアを取り入れて

基本のケアを守りながら、スペシャルケアをプラスしていくのもおすすめです。

その場合、レチノールやビタミンC誘導体などハリによいとされる成分が配合されているものを使うのもいいでしょう。
乾燥による影響を受けやすい目元などはアイクリームを使ってしっかりケアをしましょう。

さらに、首はとくに年齢の出やすいパーツでもあるので、首~デコルテも忘れずにケアするのがポイントです。
毎日のケアで肌のコンディションの向上や維持をさせましょう。

30代で失われがちなハリを守って、若々しい肌をキープしよう

30代を迎える人におすすめのスキンケアについて解説してきました。
肌のハリは一日にしてならず、です。
気になりだしてからケアするのもいいですが、先取り的にお手入れを始めておくのもすごくおすすめです。

毎日のお手入れで5年後・10年後の肌が変わってくると考えて、少しずつでも取り入れていくようにしたいですね♪
TOP