オイルクレンジングは毛穴が開くってホント?使い分けで上手に毛穴ケアを

オイルクレンジングは毛穴が開くってホント?使い分けで上手に毛穴ケアを

オイルクレンジングを続けていると、毛穴が開いちゃう!こんな話を聞いたことありませんか? すっきりとメイクを落としてくれるオイルクレンジングは使い方次第で様々なトラブルの元になることがあるんです。 クレンジングを上手に使い分けてきれいな素肌を手に入れましょう!

そもそもオイルクレンジングってどんなアイテム?

クレンジングにはいろいろな種類がありますよね。
その中でオイルクレンジングはいったいどのようなアイテムなんでしょう?

洗浄力が高く油分をすっきり落とす

オイルクレンジングはその名前の通りオイル、つまり油分でメイクや皮脂をすっきりと落としてくれるクレンジング剤です。
メイクや皮脂は油分を含む汚れなので、同じ油分であるオイルとなじみがイイんです^^

また洗浄成分も多く含まれ、汚れ落ちがとってもいいのも特徴的!
舞台メイクのようなかなりしっかりとしたメイクも、オイルクレンジングならすっきり落としてくれますよ。

弱った肌には刺激が強すぎる一面も

洗浄成分が多く含まれるオイルクレンジングは、お肌が弱っている状態だとかなり強い刺激を与えてしまうケースもあります。
敏感肌やドライスキンの人がオイルクレンジングを使うと、ピリピリしたり乾燥が加速したりするケースも。

相性がよさそうなオイリースキンの人は、洗った後はさっぱりするけど、そのあとしばらくすると皮脂の分泌が盛んになってべたつくこともあるんです(泣)

毛穴に入り込んで詰まり広げる原因になるケースがある

オイルクレンジングに含まれる油分がしっかりと洗い流されていないと、そのまま毛穴に入り込み詰まってしまうことがあります。
オイルクレンジングをすると毛穴が広がるといわれている理由はここ!

すっきりと洗いあがりすぎて肌に必要な皮脂が失われ、分泌肩になった結果皮脂が詰まることもあるんです。

オイルクレンジングで毛穴が広がる理由は、オイルクレンジング自体に原因があるというよりは使い方に問題があるケースも目立つんですよ。

肌の調子に合わせてクレンジングも使分けよう

メイクや皮脂といった油性の汚れを落とすクレンジングにはオイルクレンジング以外にも色々なものがありますよね。
それぞれ特徴があるため、上手に使い分けると肌にかかる負担が減るんです。
お肌に合わせて使い分けていきましょう!

トラブルがないお肌ならオイルクレンジングもOK

手早くメイクや皮脂と馴染んで汚れが落ちるオイルクレンジングは、トラブルがないお肌の人なら問題なく使えます。

いつまでもクレンジング剤をお肌にのせたり、ゴシゴシ擦ったりするのはNG。
また保湿剤ではないのでちゃんとすすぐことも忘れずに。
洗浄成分をしっかりと落とすために、必ず泡洗顔も欠かさないでくださいね!

ドライ&オイリー肌のひとはクリームやミルクタイプを

ニキビができていたり肌が少し乾燥する、またはべたつくといった悩みがあったりする場合はオイルクレンジングを避けて、クリームやミルクタイプを使いましょう。

クリームやミルクは洗いあがりがマイルドなどで、ポイントメイクが残る場合も。
このような時はポイントメイクだけはリムーバーで落としましょう!

力を入れすぎない様優しくメイクや皮脂とクレンジングをなじませ、洗い流す時にもこすらずに優しくがポイント!
もちろんしっかりすすぎとクレンジング後の洗顔も忘れないで!

洗顔後の保湿はマスト!

クレンジング&洗顔後は化粧水や乳液、クリームといった保湿はマストです。
オイリースキンの人でも、保湿を行うことで過剰な皮脂の分泌は抑えられていきますよ。

保湿は塗り込むのではなく手のひらの温度で優しく浸透させる気持ちで肌にのせていきましょう!

毛穴の開きが気になる時にはマイルド系クレンジングを使ってみて!

短時間でメイクや皮脂がすっきりと落とせるオイルクレンジングは、それだけ肌にも負担がかかるもの。
毛穴の開きが気になりだしたというときは、肌も何かしらのトラブルを抱えたサインかも!
そんなときにはマイルド系のクリームやミルククレンジングを使ってみてくださいね。
TOP