アルガンオイルの使い方を解説!顔への使い方をマスターしよう

アルガンオイルの使い方を解説!顔への使い方をマスターしよう

アルガンオイルを顔に使用する場合、幅広い使い方が可能です。 今回は、アルガンオイルを顔に使うときの使い方をご紹介します。 アルガンオイルをフル活用して、お顔の気になる部分をお手入れしましょう。
アルガンオイルを顔に使用する場合、幅広い使い方が可能です。
今回は、アルガンオイルを顔に使うときの使い方をご紹介します。
アルガンオイルをフル活用して、お顔の気になる部分をお手入れしましょう。

アルガンオイルでスキンケア

アルガンオイルを使ってスキンケアを行う場合、どのような使い方ができるかをご紹介します。
正しい使い方を把握して、日々のスキンケアに活用しましょう。

ブースターとして使用

アルガンオイルをスキンケアに使用するときの、王道の使用方法です。
洗顔後の顔に使用する方法ですが、つけすぎると肌トラブルにつながる可能性があるので要注意!

ブースターとして使用する場合は、1~3滴を手に取って温め、ハンドプレスで肌に湿布をするように使用しましょう。

毛穴クレンジングに活用

アルガンオイルは、毛穴の黒ずみケアにも使用できます。
クレンジングでメイクをオフして、気になる箇所にアルガンオイルを塗ってくるくるとマッサージ!
力を入れずにマッサージして、優しく拭き取り、洗顔しましょう。

やりすぎると乾燥を招くので、使用頻度は1週間に一度が目安です。

化粧水や乳液と混ぜて使う

化粧水や乳液にアルガンオイルを混ぜると、リッチテイストのスキンケアが手軽に楽しめます。
使用後は肌がふっくらして、もちもち感も楽しめますよ♡

化粧水や乳液に混ぜるアルガンオイルの量は、1~2滴が目安です。
入れすぎるとべたつく可能性があるので、混ぜ込む量には注意しましょう。

アルガンオイルでフェイスマッサージ

アルガンオイルを使った、フェイスマッサージも自宅で簡単に楽しめます。
自宅でちょっとしたエステ気分を味わいながら、リラックスしてフェイスケアを行いましょう。

1.目元とおでこ、鼻筋をマッサージ

眉頭から眉に沿って、小さく円を描くようにこめかみまでマッサージします。

次に、目頭に指を置いて、指の腹を使って目じりまでなぞり、涙袋も同様に優しく刺激を与えてください。

鼻筋に沿って両手を添えてマッサージして、小鼻はくるくると小さな円を描いて刺激します。

2.頬と口元をマッサージ

口の中央から唇に沿って口角に向けてマッサージして、口周辺の筋肉をほぐしましょう。
口角からこめかみに向かって、小さな円を描きながらマッサージしていきます。

筋肉が固くなっている部分があったら、優しく重点的にコリをほぐすようにマッサージしてください。

3.あごからデコルテまでをケア

口角周辺からこめかみにかけて上下にマッサージして、筋肉の緊張をほぐします。
こめかみから首へとマッサージする箇所を移して、デコルテから肩に向かってマッサージしましょう。

メイクやメイク直しにも

アルガンオイルは、メイクやメイク直しにも活用できますよ!
どのような方法があるのかを確認して、自宅などで試してみてくださいね。

リキッドやクリームタイプのファンデに混ぜる

アルガンオイルは、リキッドやクリームタイプのファンデーションに混ぜて使用できます。
アルガンオイルを混ぜ込むことで、ツヤのある仕上がりになりやすくなりますよ。
あっさりとしたテイストにファンデを仕上げたいときに、特におすすめです。
ファンデに混ぜるアルガンオイルの量は、1滴で十分!

ファンデのヨレをケア

ファンデーションがよれた場合、アルガンオイルを1~2滴よれた部分になじませることでメイク直しにも活用可能です。
オイルをなじませた箇所には、再度ファンデーションを軽く塗るだけで化粧直し完了!

パンダ目をオフするときに

雨や涙でマスカラが落ちたとき、目の周辺が黒くなってパンダ目になったときにも、アルガンオイルが大活躍!

綿棒にアルガンオイルをしみこませて、パンダになった部分のマスカラをくるくると回収してオフ。
オフした部分にファンデーションを塗ったら化粧直し完了です。

顔にアルガンオイルと使う用途はさまざま

アルガンオイルを顔に使用するといっても、使い方はさまざまです。
まずは、使いやすい方法でアルガンオイルを試してみましょう。

使い慣れたら、まだ試していないケア方法もチャレンジしてみて、幅広い場面でアルガンオイルを活用できるようになってくださいね。
TOP