インナービューティーでアンチエイジング!40代の美容は食事で変わる

インナービューティーでアンチエイジング!40代の美容は食事で変わる

40代になるとお肌の悩みが増えてきます。美容=お金をかけないと意味がない、と思っている人も多いようですが、いくらスキンケア化粧品にお金をかけたり、エステに通っても、体の内側から綺麗にならなければ10年後、20年後まで美しさをキープすることはできません。

40代になるとお肌の悩みが増えてきます。美容=お金をかけないと意味がない、と思っている人も多いようですが、いくらスキンケア化粧品にお金をかけたり、エステに通っても、体の内側から綺麗にならなければ10年後、20年後まで美しさをキープすることはできません。

40代のインナービューティーのメソッド


インナービューティーとは、食事を通して体の内側から綺麗になるという考え方です。私たちの体もお肌も、食べているものから作られています。食事の内容や食事のとり方を見直すことで、健康的に美しくなれるのです。いくら高価な化粧品を使っていても、いい加減な食生活を送っていれば必ず表面に現れてきます。インナービューティーに切り替えると、効果は徐々に時間をかけて表面に現れます。お肌や髪の毛の調子がよくなるだけでなく、体調や心の状態も整うためホルモンバランスが乱れがちな40代女性におすすめしたい美容法です。

お肌の衰えを感じたらイソフラボン

via pixta.jp
<大豆イソフラボンとは?>

女性ホルモン「エストロゲン」と似た化学構造と働きをすることがわかり、脚光を浴びています。元々は、大豆の胚軸(生長すると芽になるところ)部分に多く含まれる抗酸化物質の一種。細胞にダメージを与える「活性酸素」の働きを抑えてくれる優れものです。

年齢を重ねるたびに気になるお肌の衰え。乾燥やたるみ、小ジワなどお肌の調子が変わってきたな…と感じたら、イソフラボンでお肌のインナーケアが必要です。いくら表面から保湿しても、お肌の基礎が乾燥していたり、ハリを失っていたら意味がありません。40代になるとエストロゲンというホルモンの分泌量が減少し、肌や髪の毛の潤いが失われます。そこで登場するのがイソフラボンです。イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするため、エストロゲンの減少によって失われたお肌と髪の毛のハリやツヤを補ってくれます。また、イソフラボンはお肌の潤い成分、コラーゲンの生成をサポートします。

イソフラボンは大豆食品に含まれているポリフェノールです。豆乳、豆腐、納豆などの大豆食品に含まれています。納豆1パックにイソフラボンは約65㎎、豆乳125mlに約69㎎、豆腐半丁に約55㎎含まれています。1日に必要な摂取量は50㎎程度なので、毎日の食事に納豆1パック、または豆乳1杯などをプラスするだけで手軽に摂取できます。

お肌のたるみには赤い食べ物


頬に触ると弾力がない、口角が下がってきてほうれい線が目立つ…。そんなときは赤い色の魚介類を食べましょう。エビ、カニなどの甲殻類、鮭やマグロなどの赤身の魚、いくらや筋子などの赤い色をした魚介類に含まれているアスタキチンサンは、お肌を老化から守る栄養素です。これらの生き物は、海に降り注ぐ強烈な日差しからアスタキチンサンの力で体を保護していたと考えられています。肌のコラーゲン不足は、紫外線によって引き起こされるトラブルですから、アスタキチンサンパワーで紫外線から肌を保護することでたるみを防げるのです。魚介類が苦手、アレルギーで食べられないという人は、トマトや赤いパプリカなど赤い野菜を食べましょう。魚介類だけでなく、赤い野菜にもアスタキチンサンと似た成分が含まれています。

シミは鉄分不足のサイン?


鉄分が足りないと、血液中のヘモグロビンが減少します。すると、体のすみずみまで酸素を運んだり、体内で発生した老廃物をデトックスすることが難しくなります。鉄分が足らないとお肌が酸素不足になるためターンオーバーが乱れて、色素沈着をおこしシミができやすくなります。さらに、コラーゲンを生成するのに鉄分は欠かせません。コラーゲンはタンパク質ですが、体内で生成するときには酸素が必要です。

女性は毎月、生理で出血するので鉄分が不足しないように気をつける必要があります。また、ダイエットにより偏った食生活をしていると鉄分不足になりやすくなります。鉄分は特にヒレ肉やモモ肉など赤身の肉や、レバー、さらにマグロやカツオなど赤身の魚に多く含まれています。小松菜やホウレン草、菜の花などの野菜にも鉄分は含まれていますが、野菜には食物繊維も含まれているので、食物繊維が鉄分と結びつき体内にとどまらずに排出されてしまいます。そのため、効果的に鉄分を摂りたいなら動物性の鉄分の方がおすすめです。

アンチエイジングは食事から


日本には四季があり、季節ごとに旬を迎える食べ物があります。旬の食べ物は美味しいだけでなく、栄養素も豊富です。アンチエイジングに欠かせない抗酸化作用を持つビタミンやポリフェノールがたっぷり含まれているので、旬の食材を意識した献立を考えましょう。栄養価の高い食事は、細胞を元気にします。いつまでも若々しくいたいなら、季節のものを中心に食べてください。

毎日の食事を考えるのは大変です。ときにはスーパーやデパ地下でお惣菜を買ってきたり、外食するのは仕方ありません。そんなときは栄養素を意識したメニュー選びをおすすめします。ときにはお酒を飲んだり、インスタント食品を食べても罪悪感を感じることはありません。翌日に水を多めに飲んでしっかりリセットしましょう。美容に悪いものは早めにデトックスすればOK。あまり難しく考えず美味しく美容によい食事を心掛けてください。

TOP