冬の紫外線対策が美肌を作る!

冬の紫外線対策が美肌を作る!

冬は夏のような強烈な日差しがないので、それほど紫外線を気にしなくていいのではないか…と思っていませんか?冬に紫外線対策を怠ると、春になって後悔することになります。冬こそ手を抜かずにしっかりと紫外線ケアを行うべきです。

冬は夏のような強烈な日差しがないので、それほど紫外線を気にしなくていいのではないか…と思っていませんか?冬に紫外線対策を怠ると、春になって後悔することになります。冬こそ手を抜かずにしっかりと紫外線ケアを行うべきです。

冬の紫外線


紫外線は春から夏にかけてだけ降り注ぐものではありません。確かに紫外線のピークは5~8月ですが、冬でも紫外線は降り注いでいます。紫外線はUVAとUVBという二種類から成り立っています。UVAは肌の奥まで浸透してシワやたるみを作り出します。UVBは主に肌の表面で吸収される紫外線です。細胞を破損して炎症を起こしたり、シミやソバカスを作り出します。

冬の紫外線はシワやたるみの原因となるUVAです。UVAは波長が長いので、角質層の奥にある真皮層まで届きます。しかも、UVBのように肌に炎症を起こさないので赤みや日焼けすることがなく、気がつきにくいうえ、窓ガラスを通して室内にまで侵入してきます。ですから、冬こそ紫外線対策を怠ってはいけません。

乾燥と紫外線でWの肌ダメージ


冬は紫外線に加えて乾燥しやすい季節でもあります。乾燥でお肌のバリア機能は失われますから、そこに紫外線をダイレクトに浴びると、当然深刻なダメージが生じます。冬の紫外線UVAは夏の紫外線UVBに比べてダメージをお肌の内部に蓄積させやすいので、ことさら注意が必要です。日焼け止め対策と同時に、乾燥によるバリア機能低下を防ぐための保湿ケアも行いましょう。

冬の肌ケアを怠ってしまうと、ハリが失われてほうれい線が目立ち、老け顔になってしまいます。スキンケアやボディケアなど皮膚表面からの保湿は大切ですが、それよりも大切なのが体の内側から潤うインナーケアです。冬はクリスマスや忘年会などイベントが多く、暴飲暴食しがちですが、ビタミンCやβカロチンなどの美容成分を含んだバランスの良い食事を心掛けてください。

冬におすすめの紫外線対策

via pixta.jp

冬でも忘れずに日焼け止めをつけることは紫外線対策の基本です。肌が露出している部分は、こまめに日焼け止めを付け直しましょう。使用上の注意を読んで、効果が持続する時間を確かめてください。夏と同じ日焼け止めを使っていると肌が乾燥するので、SPF値の低い日焼け止めを選ぶのもポイントです。肌へのダメージが少ない紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを選ぶのもおすすめです。

洗濯物を干したり、ゴミ捨てに行ったりするほんの数分の間でも、しっかり紫外線の影響を受けますから、朝のスキンケアに日焼け止めを組み込みましょう。

夏の紫外線は上から降り注ぎますが、冬の紫外線は斜め上から降り注ぎます。ですから、帽子や日傘だけではダメージを完全には避けられません。家やオフィスなど室内にいるときも、斜めから紫外線が入るので、窓から離れている場所まで紫外線が届きます。

在宅の際は日焼け止め効果のあるBBクリームや、日焼け止め効果のある乳液など、肌への負担が軽いアイテムでケアするとよいでしょう。

Amazon | キュレル CUREL UVエッセンス SPF30 50g [並行輸入品] | キュレル | UVカット・日焼け止め 通販

キュレル CUREL UVエッセンス SPF30 50g [並行輸入品]がUVカット・日焼け止めストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

紫外線に負けない習慣


毎日のスキンケアは大切ですが、紫外線ダメージを受けた後のケアはそれ以上に大切です。質の良い睡眠をたっぷりとることは、紫外線ダメージの回復に役立ちます。睡眠中には成長ホルモンが分泌されて、お肌のターンオーバーが整います。適切にターンオーバー機能が働けば、紫外線によってダメージを受けたお肌はデトックスされ、新しい健康な皮膚が再生します。

紫外線を浴びたら、美容のためにも健康のためにもしっかりと睡眠をとりましょう。成長ホルモンが分泌されるのは22~2時の間なので、できれば午前0時までに寝る習慣を身につけることをおすすめします。

柑橘類などのフルーツに含まれているソラレンという成分が、紫外線のダメージを増加させることが最近の研究で明らかになってきました。ウィンタースポーツや、天気の良い日のドライブ、ウォーキングやジョギングなど、紫外線をたっぷり浴びる前にソラニンを摂取すると、紫外線のダメージが倍増します。

紫外線を浴びる前にオレンジジュースを飲んだり、グレープフルーツ、キウイなどの果物を食べるのは控えた方がいいでしょう。

適度な紫外線は必要


老化を招く紫外線を嫌う女性は多いですが、紫外線を浴びないとビタミンDが不足したり、心の健康に欠かせず、免疫力を高めるメラトニンやセロトニンなどのホルモンが不足します。朝起きたら適度に日を浴びることには健康面でも美容面でもメリットがあります。

冬は1日に30分程度の日を浴びるとよいと言われています。紫外線対策をしたうえで、適度に日光を浴びてください。

春夏だけでなく、1年を通して紫外線対策は欠かせません。適度に浴びるぶんには健康や美容に良い影響を及ぼす紫外線ですが、浴びすぎるとデメリットが大きくなります。冬でも手を抜かずにしっかり対策しましょう。紫外線を浴びた後のケアも忘れずに。

ハリと潤いのある、みずみずしいお肌を目指しましょう。

TOP