毛穴を引き締めるスキンケアの方法を知り、すべすべ肌に

毛穴を引き締めるスキンケアの方法を知り、すべすべ肌に

最近、毛穴の開きが気になる、メイクをしても毛穴にファンデが落ちる、といった悩みを持つ女性は多いです。若いときから毛穴の開きが気になる人や、年齢を重ねるたびに毛穴の開きが気になってきた人など様々ですが、毛穴を引き締めたいと願う人は多いのです。

毛穴が目立つ原因

毛穴からは皮脂が分泌されますが、顔は体に比べて皮脂腺が発達しているので毛穴が多く、目立ちやすくなります。皮脂が過剰に分泌されると、毛穴が皮脂で押し広げられて大きくなってしまいます。思春期から20代にかけて皮脂の分泌は増えますから、若いのに毛穴が目立つ人、ニキビができやすい人は皮脂の過剰分泌を疑うことができます。

乾燥は毛穴の大敵です。乾燥すると皮脂の分泌が増えるだけでなく、ターンオーバーが乱れて角質層が剥がれず、肌のキメが荒くなります。肌の弾力が失われて毛穴がだらしなく広がってしまいます。

年齢を重ねるごとに毛穴が目立ってきたという場合、原因は筋力の低下や乾燥、肌の糖化による皮膚のたるみです。毛穴は丸い形をしていますが、皮膚がたるむと下に引っぱられて縦長のしずくのような形になります。鼻の周囲の毛穴が縦に長い人は、加齢によるたるみが原因です。

毛穴に汚れや皮脂が詰まって開く「詰まり毛穴」

黒くぽつぽつとしていたり、丸くぷっくりと膨らんだりして見える毛穴は、毛穴に汚れや皮脂が詰まってしまっている「詰まり毛穴」タイプの毛穴です。

毛穴には皮脂腺という皮脂を分泌するための器官があります。皮脂がたくさん分泌されると、毛穴に皮脂が溜まってしまい詰まってしまうことがあるのです。この詰まった皮脂が酸化すると黒ずむため黒いぽつぽつとした毛穴になり、皮膚の角質や汚れなどがまじりあった皮脂が詰まると角栓ができ、丸くぷっくりと膨らんだ毛穴になります。

つまり毛穴を解消し毛穴を引き締めるためには、まずは汚れをしっかりと落とす必要があります。また、皮脂の分泌量をコントロールし、適正な量が分泌されるようにすることも大切です。

汚れを落とすといってもゴシゴシと擦り洗いをしたり、シートパックなどで無理やり角栓を取ったりするようなケアは避けましょう。皮脂と混ざりやすく肌に負担がかからないオイルクレンジングやオイルパックで汚れを落としていきます。一気に落とそうとするのではなく、少しずつ汚れをオフするのがポイントです。

古い角質を適切にオフすることも詰まり毛穴の解消にはおすすめです。週に1度くらい酵素洗顔料で古い角質を取り除き、ターンオーバーをスムーズに行えるようにするのもよいです。


また、保湿をしっかりと行うことも大切です。皮脂の過剰分泌は実は隠れ乾燥肌といって、表面上は脂っぽくても肌の中が乾燥していることが原因の1つとなります。肌の内側にしっかりうるおいを与え、徹底的な保湿を行いましょう。化粧水で水分を与え、乳液とクリームで保湿をすることも忘れないでください。

毛穴が閉じない「開き毛穴」

最近、毛穴の開きが気になる、メイクをしても毛穴にファンデが落ちる、といった悩みを持つ女性は多いです。若いときから毛穴の開きが気になる人や、年齢を重ねるたびに毛穴の開きが気になってきた人など様々ですが、毛穴を引き締めたいと願う人は多いのです。

毛穴トラブルの中でも、引き締めケアが良い効果をあらわすのが開き毛穴とたるみ毛穴です。毛穴が開きやすい(開き毛穴)のはメイクが崩れやすいオイリー肌の人で、比較的若い人に多く見られます。毛穴が開いてたるんだ肌(たるみ毛穴)は、30代以上で乾燥肌、そしてしわやほうれい線が気になる人に多いです。

開き毛穴の毛穴は丸いですが、たるみ毛穴の毛穴は楕円形になっているので毛穴の形を見ても違いはわかります。自分の毛穴のタイプはどちらなのかを確認し、それに合ったスキンケア方法を行うことで、毛穴を引き締めていきます。

正しいスキンケアの方法

毛穴の開きで悩んでいる人は、何らかのスキンケア方法で肌を引き締めようとしています。しかしながら、なかなか結果が伴わないという人はいます。そういった場合、本当に正しいスキンケアができているのかを確かめることが大切です。開き毛穴を引き締めるための正しいスキンケア方法を覚えましょう。

まず正しい洗顔方法についてです。外気にさらされている顔はほこりや余分な角質、皮脂などで汚れています。まず正しい洗顔方法で汚れをしっかり洗い流します。正しい洗顔で毛穴の開きを改善することができます。

洗顔は、まずぬるま湯で顔を濡らし、洗顔料をよく泡立てます。泡立てた洗顔料は、おでこ、鼻といったTゾーンから乗せ、そして頬、顎と泡を乗せていきます。このとき、泡は肌で転がすようにし、目元や口元は泡を乗せて優しくなじませます。
きれいに洗おうとしてゴシゴシこすってしまいがちですが、優しく洗うようにしましょう。すすぎはぬるま湯で20回ほど行います。冷たすぎる水や熱すぎるお湯ですすぐのは良くありません。水に近いぬるま湯でしっかりすすぎましょう。

洗顔の後はすぐにスキンケアを行います。開き毛穴には収れん化粧水を使い、たるみ毛穴には肌のハリを取り戻すケアを行うと良いでしょう。ここで言えるのは、開き毛穴、たるみ毛穴どちらも保湿が大切であるということです。開き毛穴の人の場合は、皮脂が多い肌なので洗顔後何も顔につけないという人もいるようですが、肌の水分がない状態だと何か補わないといけないと肌が感じ、皮脂をどんどん分泌してしまい、かえってテカってきますので注意しましょう。

年齢とともに気になってくる「たるみ毛穴」

年齢を重ねると、どうしても肌のはりや弾力が失われていきます。すると重力に引っ張られるように皮膚がたるみ、毛穴が涙型に伸びてしまい開きます。このような年齢を重ねることで起こる毛穴の開きを「たるみ毛穴」といいます。

皮脂の過剰分泌が主な原因となる詰まり毛穴や開き毛穴とは異なり、たるみ毛穴は皮膚のはりが失われることで起こります。このため、たるみ毛穴を引き締めるためには、肌のはりを取り戻し、たるみを改善させるスキンケアを取り入れることがおすすめです。

たるみ毛穴の改善では、肌表面の汚れをしっかりと落としつつ、必要な皮脂を残し肌の乾燥予防も必須です。汚れが落ちることでスキンケアアイテムの成分が浸透しやすくなり、皮脂が残ることで水分の蒸散を防ぐためです。

コラーゲンの生成に欠かせないビタミンCを浸透しやすい形にしたビタミンC誘導体や、美白作用があるレチノールを含むスキンケアアイテムを使うこともおすすめです。ハリや弾力と共に失われがちな角質肝細胞を補う効果が期待できるスキンケアアイテムもよいです。

保湿して皮脂の過剰分泌を防ぐ

皮脂の過剰分泌は、普段のスキンケアが大切です。洗顔でしっかり皮脂を取り除きましょう。朝、入浴前または入浴中に洗顔剤をしっかり泡立てて優しく洗います。ゴシゴシこすると摩擦で肌が傷つきますので注意してください。皮脂が多いからといって洗浄力が強い洗顔剤を使うと、肌が乾燥してよけいに皮脂の分泌量が増えますから、皮脂が多い人ほど低刺激の洗顔剤を選ぶべきです。

皮脂は肌の水分を保つために皮膚にバリアをはる作用があるため、肌が乾燥するとお肌の防衛本能が働いて皮脂を過剰に分泌します。ですから洗顔後は化粧水でしっかり水分を補い、美容液で美容成分を浸透させた後に乳液やクリームで蓋をして、しっかり保湿しましょう。

ピーリングでターンオーバーを促す

古い角質が排出されないと、肌がごわつき毛穴がすり鉢のように深く広く開いてしまいます。古い角質は週に1回のピーリングで取り除き、ターンオーバーが正常に働くようにしましょう。ターンオーバーが促されると、肌が柔らかくなり、新しい皮膚が再生します。ピーリングはエステサロンでできますが、市販のピーリング剤を使えば自宅でも簡単にできます。

ピーリングしたあとは、お肌のバリア機能が低下していますから保湿化粧水や、低刺激の乳液でしっかり水分と油分を補給してください。ピーリングのやりすぎは、肌荒れをまねくので週に1回を目安にしてください。肌が敏感になる生理前や生理中は避ける方がよいでしょう。

紫外線を防いでたるみを防ぐ

肌が老化し、たるむ大きな原因は紫外線です。紫外線は角質層の奥の真皮層にダメージを与えて、肌の弾力をつくるエラスチンや、保湿成分のコラーゲンの生成を妨げます。エラスチンはゴムやバネのように伸縮する線維です。コラーゲンに巻き付いてつなぎとめています。

エラスチンが不足するとコラーゲンをつなぎとめることができないので、肌の弾力やハリがなくなり皮膚はたるんでしまいます。1年を通じて日焼け止めや、日焼け止め効果のある乳液、BBクリームなどで紫外線対策をしてください。保湿成分の入った化粧水や乳液で丁寧にスキンケアしましょう。

紫外線でダメージを受けたお肌には、ビタミンC誘導体の入った化粧水を使うのがおすすめです。美肌成分のビタミンCはそのままでは肌に吸収されないので、吸収されやすいビタミンC誘導体の入ったスキンケアコスメを使うのがポイントです。美顔器を使うのもおすすめです。美顔器を使うと真皮層まで美容成分が届くようになり、効果的にリフトアップできます。

収れん化粧水で引き締める

化粧水にもいろいろな種類がありますが、開いた毛穴を引き締めたいなら収れん化粧水を使いましょう。収れん化粧水は皮脂をコントロールし、肌に水分を行き渡らせてキメを整えます。普通、保湿化粧水(柔軟化粧水)は乳液の前につけますが、収れん化粧水は乳液をつけた後に、コットンにたっぷりとって優しくパッティングして使います。

スキンケアの順番は、洗顔した後に保湿化粧水、その後美容液、乳液をつけ、収れん化粧水です。スキンケアの最後に使うことと、たっぷり使うことがポイントです。だいたい500円玉くらいの量をコットンにとって使ってください。毛穴が気になる頬は丁寧にパッティングしましょう。

毛穴の開きは体の中から改善も


毛穴の開きを引き締めるためにはスキンケアも重要ですが、生活習慣を見直すことも大切です。

油分の多い食べ物を摂ってばかりだと皮膚の皮脂量が増え、毛穴が開いてしまいます。肌の皮脂をコントロールするにはビタミンB群を多く含んだ食品を取り入れると良いとされています。ビタミンB群は皮脂の量をコントロールしてくれるので、多ければ減らし、少なければ増やすというような働きをするのです。ビタミンB群を多く含む食品は、うなぎやレバー、さば、にんにく、バナナなどです。その他にはレモンやパプリカ、パセリなどに含まれるビタミンC(抗酸化作用があります)やブルーベリーやタマネギ、ぶどうなどに含まれるポリフェノール(むくみを解消します)を摂ると良いとされています。

また、ストレスが溜まっていたり、睡眠不足も毛穴の開きにつながります。なるべくストレスは溜めない、睡眠は十分に取るようにしましょう。

メイクで毛穴をカバーする方法


顔の毛穴をメイクで隠したいからとついついファンデーションを厚塗りしてしまいがちですが、厚塗りするとメイクが崩れやすくなり、崩れたメイクが毛穴に落ちてしまい、かえって目立ってしまいます。

毛穴専用のカバー下地やパール系のフェイスパウダーを使うと毛穴が目立ちにくくなります。毎日のスキンケアで毛穴の引き締め効果を実感できるまでは時間がかかります。ある程度の効果が出てくるまで生活習慣を見直したり、メイクで毛穴をカバーしましょう。効果が実感できてきたら、メイクもあまり必要がないつるつる肌になっているかもしれません。

生活習慣の見直しはずっと続けていく方が体や肌に良いので、毛穴が引き締まってきたからと止めてしまうことはありません。顔の毛穴に悩んでいる人は、スキンケア、生活習慣の見直し、毛穴を目立たなくするメイク方法を覚え、目立たなくしていく努力をしましょう。毛穴が引き締まれば、素肌美人になれます。
TOP