間違ったスキンケアしてない?正しい保湿のやり方!

間違ったスキンケアしてない?正しい保湿のやり方!

毎日スキンケアをしているのに肌の調子がイマイチという人は、もしかしたら間違ったお手入れをしているのかもしれません。特に肌細胞の一つ一つに水分を与える保湿ケアは、やり方を間違えると期待するような効果を実感できません。それに、肌トラブルが起こる可能性もあります。正しい保湿ケアはどのようなやり方をすれば良いのでしょうか。具体的なやり方は肌質によって異なります。

スキンケアでの保湿は正しくすることが大切


毎日スキンケアをしているのに肌の調子がイマイチという人は、もしかしたら間違ったお手入れをしているのかもしれません。特に肌細胞の一つ一つに水分を与える保湿ケアは、やり方を間違えると期待するような効果を実感できません。

それに、肌トラブルが起こる可能性もあります。正しい保湿ケアはどのようなやり方をすれば良いのでしょうか。具体的なやり方は肌質によって異なります。

普通肌の保湿ケアのやり方

特に乾燥肌というわけでもなければオイリー肌というわけでもない、いわゆる普通肌の人は肌に特別な悩みを抱えていないという人もたくさんいます。しかし、肌の悩みがなければ保湿ケアをしなくても良いというわけではありません。

普通肌は現在の肌の状態で水分と皮脂のバランスが取れているということです。そのため、現在使っているスキンケア商品をそのまま続行して問題はないでしょう。スキンケアに使う商品を変える際には、水分と油分をバランスよく肌に与えられる商品を選ぶのがおすすめです。普通肌の保湿ケアでは洗顔後に化粧水と乳液がマストアイテムです。化粧水でたっぷり水分を肌に与えたら、乳液で蓋をして水分を肌の内側に閉じ込めます。

乾燥肌の保湿ケアのやり方

乾燥肌とは肌の水分と油分のバランスが取れていないために、肌が乾燥している状態です。保湿ケアでは油分よりも水分に重点をおいたお手入れをしましょう。乾燥肌の人におすすめの保湿成分はヒアルロン酸とセラミドです。どちらも高い保湿作用を持つ成分ですが、ヒアルロン酸は肌細胞の内側に水分補給をする成分なのに対し、セラミドは肌細胞同士の間を水分で満たすという働きをします。どちらが不足しても肌は乾燥しやすくなるので注意してください。普段のスキンケアにおいては、ヒアルロン酸とセラミドが両方たっぷり配合されたアイテムを使うのが良いでしょう。

保湿ケアのやり方は化粧水を手のひらに少量取り、手のひらで顔全体をパッティングするような感じで肌の内側に保湿成分を浸透させるのがおすすめです。化粧水の重ね付けも高い効果が期待できるので、乾燥が気になる人はぜひ試してみてください。

水分をたっぷり与えたら、乳液やクリームなどで肌に与えた水分を内側に閉じ込めるように蓋をします。オイルフリーの軽い使用感のものやしっとりタイプのものなど、何を使っても問題ありません。

オイリー肌でも保湿ケアは必要


オイリー肌の人は水分レベルも油分レベルも平均よりも高いことが多く、特にスキンケアをしなくても肌がつっぱらず、乾燥することが少ないものです。しかし、だからと言って何もお手入れをしないのでは肌の調子が悪くなってしまいます。

オイリー肌の保湿ケアでは、水分を与えても油分はできるだけ控えるというやり方がポイントです。スキンケア商品を選ぶ際には、オイリー肌用のものやオイルフリータイプにすると良いでしょう。また、しっとりタイプよりもさっぱりタイプの方が肌のベタツキを抑えられるのでおすすめです。

オイリー肌の人は肌表面の皮脂が酸化することで肌がくすみやすかったり、毛穴に皮脂が詰まりやすい傾向があります。そのため保湿ケアと並行して、定期的にスクラブやピーリングをしましょう。肌表面の古い角質を取り除くお手入れをすることで、肌のくすみを抑えられます。

敏感肌の人は特に保湿ケアが大切


敏感肌の人は乾燥肌が既に進行している状態です。放置するとアトピー肌にもなりかねません。そのため、他のどんな肌質の人よりも保湿ケアが重要です。

敏感肌の保湿ケアでは、まず肌と相性が良いスキンケアブランドを見つけることが大切です。高級ブランドでなくても構いません。ヒアルロン酸とセラミドがたっぷり配合されたリーズナブルなスキンケアブランドを見つけたら、毎日のお手入れでたっぷりと肌に保湿をしてあげましょう。

まず、肌に刺激を与えないマイルド設計の洗顔料や石けんで洗顔してください。その後すぐ、肌が乾かないうちに化粧水を重ね付けします。毎日のお手入れで肌がモチモチになるように心がけましょう。仕上げに美容液や乳液を使ったり、化粧水の後にオールインワンタイプのスキンケア商品を使ったりするのも効果的です。

肌の保湿ケアは体内からの水分補給も大切


商品選びとやり方次第で、スキンケアに大事な肌細胞の一つ一つにたっぷりと保湿成分を与えることができます。しかし、肌に水分を与える方法はスキンケアだけではありません。体内からも十分な水分を肌細胞に送ることができるのです。

やり方は簡単です。毎日たっぷりと水を飲んで、体内から水分補給をすればOK。体内にたっぷりと水分を補給すると、血液によって一つ一つの肌細胞に水分が届けられます。そこに、化粧水などのスキンケアによる保湿効果との相乗作用が働くため、短期間でも満足度が高い肌質を手に入れることができます。
TOP
無題ドキュメント