シワができる原因とは?シワの種類や予防方法を知ろう!

シワができる原因とは?シワの種類や予防方法を知ろう!

シワのない、つるんとした肌は、幅広い年代の女性のあこがれです。 しかし、ケア方法を間違えると、シワは思ったよりも簡単にできてしまいます。 今回は、シワができる原因やシワの種類、予防方法いついてご紹介します。
シワのない、つるんとした肌は、幅広い年代の女性のあこがれです。
しかし、ケア方法を間違えると、シワは思ったよりも簡単にできてしまいます。
今回は、シワができる原因やシワの種類、予防方法いついてご紹介します。

シワの原因とは

まず知っておきたいのが、シワができる原因です。
シワができやすくなる原因を知り、普段の行動を見直してみましょう。

もしかすると、ちょっとした油断がシワの原因になっているかもしれません。
原因を知れば、対処方法も浮かびやすくなりますよ。

加齢でシワが増える

年齢を重ねると、どうしてもシワができやすくなります。
その理由は、肌の水分保持力や肌そのものの弾力が低下するためです。

また、女性ホルモンの低下もシワの原因のひとつ。
女性の体はデリケートなので、女性ホルモンの乱れによって小さなシワができやすい環境が整いやすくなるので要注意!

紫外線からの影響を受けてできる

紫外線が肌に与える影響は、肌を黒くしてしまうだけではありません。
肌の奥にあるコラーゲンやエストロゲンにもよくない影響を及ぼします。
肌の表皮や真皮が紫外線からのダメージを受けると、時間をかけて肌にシワができやすくなってしまうのです。

紫外線は夏だけではなく、春先から秋の終わりまで長期間降り注いでいます。
ちょっとした外出に無防備な状態で出かけると、肌が思わぬダメージを負ってしまうかもしれません。

気温や湿度の変化でできる

気温や湿度は、日々変化しています。
肌にしわができやすくなるのは、気温や湿度が低い状態のときです。

肌の水分が奪われてしまうような、乾燥している状態は肌への負担が大きくキメの乱れにつながります。

キメの乱れは、小さなシワを作ってしまい、気がつけば深く大きなシワになっていたということもあるので、気温や湿度は毎日チェックしましょう。

シワの種類

シワには、いくつかの種類があります。
シワの種類を把握し、どのような状況に注意すべきかを確認しましょう。

日常生活の中にあるシワの原因をピックアップして紹介するので、ぜひチェックしてみてください。

乾燥ジワ

乾燥ジワは、肌の表面が乾燥して、水分や皮脂が減ることが原因でできるシワです。
肌の表面に、ちりめん状もしくは線状の細かなしわが現れます。

小さなシワだからとそのまま放置してしまうと、気が付いたときには大きなシワに成長して改善が難しくなっていることもあります。

大きなシワだけでなく、小さなシワの量が増えていくこともあるので、乾燥する季節はしっかりケアをしましょう。

紫外線ジワ

紫外線が肌に与える影響は、非常に大きくて放置するのは危険です。
紫外線を浴び続けると、紫外線が肌の奥底まで侵入し、コラーゲンやエラスチンなどが減少や劣化してしまいます。

それによって肌にハリがなくなり、深いシワができてしまうのです。
紫外線の予防は、短期間に数日間だけしても意味がありません。
必要に応じて、こまめにケアしましょう。

表情ジワ

目じりや口元など、肌が薄い部分は表情の変化によってシワができやすい部分です。
20代までの年齢であれば、肌に弾力があるので表情によるシワを皮膚に残さず元通りになります。

しかし、年齢を重ねると肌の弾力が低下するので、皮膚の薄い部分が表情変化による折りたたみジワが改善されず、そのまま残ってしまうのです。

シワの予防方法

シワはできてしまうと厄介なので、できるだけ作りたくないですよね。
シワを作ってしまわないようにするためには、予防方法を知るのが一番です。
難しい手順などはないので、今日から試せる予防方法を生活の中に取り入れましょう。

保湿機能の高いスキンケアグッズを試す

年齢とともに、肌の保湿力は低下しやすくなります。
若いころのスキンケアを継続的に行っていると、もしかしたらお肌が十分保湿できていないかもしれません。

まずは、年齢に合わせたスキンケアグッズを購入することからスタートしましょう。
また、冬場などの乾燥が特に気になる季節は、保湿機能の高いスキンケアグッズを試してみるのもおすすめです。

紫外線対策を強化する

紫外線は、冬以外の季節はしっかりとガードできるようにしておきたいものです。
日焼け止めクリームや日傘、帽子などを上手に活用しましょう。

サングラスやアームカバーも有効活用すると、紫外線カットだけでなくファッションのアクセントにもなりますよ。

表情筋のストレッチを行う

肌のたるみやシワは、表情筋が衰えるとできやすくなります。
大きく口を動かして、表情筋のトレーニングを行いましょう。

顔全体の部位を大きく動かし、数十秒動きを止めると効果が大きくなりやすい傾向があります。
家族に見られるのが恥ずかしいときは、誰もいない日中の隙間時間に実施してみましょう。

シワを作らない生活を目指そう♪

顔のシワを作る原因は、生活の中にたくさん潜んでいます。
シワを作ってしまわないためにも、普段のスキンケアや表情筋のストレッチなどを行ってシワを予防しましょう。

外出時の紫外線対策も、シワ予防につながります。自分のできることを無理なく行うことが、継続の秘訣です。
TOP
無題ドキュメント