マスクでも荒らさない!メイク崩れを防ぐためのスキンケアを始めよう

マスクでも荒らさない!メイク崩れを防ぐためのスキンケアを始めよう

夏にマスクが暑くて苦しんだという人は多いはず。 また、マスク内には湿気もこもるため、雑菌が繁殖しやすいもの。これによって肌トラブルに悩まされた人もいるでしょう。 マスクはメイク崩れしやすいのも悩みの種です。 マスクでの肌トラブルやメイク崩れを防ぐにはスキンケアを見直しましょう。
夏にマスクが暑くて苦しんだという人は多いはず。
また、マスク内には湿気もこもるため、雑菌が繁殖しやすいもの。これによって肌トラブルに悩まされた人もいるでしょう。

マスクはメイク崩れしやすいのも悩みの種です。
マスクでの肌トラブルやメイク崩れを防ぐにはスキンケアを見直しましょう。

マスクの肌トラブルはどうして起こる?


マスクをつける生活になってから肌荒れするようになった人は多いでしょう。
どうしてマスクをすることで肌荒れするのでしょうか?
肌のお悩み別に原因を紹介します。

乾燥

マスクをしていると呼気が溜まるため保湿できているように感じるかもしれません。
しかし、残念ながらマスクを外した途端水分が蒸発して一気に乾燥してしまいます。

肌が乾燥することによって肌のバリア機能が衰え、細菌やホコリなども肌に入り込みやすくなるでしょう。
その結果、湿疹や肌荒れを起こすことがあります。
肌のざらつきが気になるようになったときは肌が乾燥していないかチェックしてみましょう。

ニキビ

マスクをつけていて、ほほやあごにニキビができたという人はマスクによる摩擦が原因かもしれません。
特に大人ニキビは摩擦や肌への刺激によって起きやすくなります。

肌荒れ

マスクによって口回りなどが赤くただれたり、粉をふくことがあります。
かゆみや痛みがあるなどの症状の場合はマスクの素材や付着したホコリ、花粉が原因で肌荒れになってしまうこともあるでしょう。
マスクの素材にも注意してください。

マスク生活にも強いスキンケア


マスクをつけるのがもはや当たり前となり、今後もマスク生活が続くと予想されます。
マスクによる肌トラブルと防ぐためにもスキンケアを見直しましょう。

マスクは肌に合う素材のものを

マスクには不織布などの化学繊維やガーゼなど様々な種類があります。
人によって相性があるため、どの素材が一番肌に良いと決めることはできません。
しかし、マスクをしてから肌トラブルが気になるようになった場合はマスクの素材を変えてみましょう。

また肌に刺激が少ない柔らかいマスクを選ぶようにします。
どうしても肌へのあたりが気になるときはコットンなどをマスクと肌の間にはさんでみましょう。

朝のメイクでも保湿重視

メイクの刺激によって肌も乾燥しやすくなります。
メイク崩れを防ぐためにも、できるだけ下地や日焼け止め、パウダーなどでベースメイクを完成させるようにしましょう。

朝のメイクはファンデーションを厚く塗るよりも保湿を重視して、肌にたっぷり水分を補給します。
肌を保護するためにも乳液やクリームも使うようにしてください。

化粧直しに保湿ミストを使う

マスクを着用しているとメイク崩れしやすくなります。
肌の乾燥をケアするためにもメイク直しの時には保湿しましょう。

保湿するタイプのミストは肌にうるおいをプラスするだけでなく、乾燥やホコリ、花粉などさまざまな刺激から肌を守ってくれます。
化粧後にミストをシュッと人吹きするだけで化粧持ちも良くなります。

メイク落としの刺激も最低限に

ファンデーションやアイメイクを厚く塗った化粧は落とすときにも肌に負担がかかります。
落とすためにゴシゴシ擦ってしまうと摩擦も肌荒れの原因になるでしょう。
メイクを落としやすくするためにもフェイスパウダーや下地などを中心にした落としやすいメイクを心がけてください。

スキンケアをしてマスクをとってもきれいな素肌をキープしよう


マスクをすると顔の半分は隠れてしまいます。
しかし、肌への刺激が少なくなっているわけではありません。
刺激に強い肌を育てるためには肌の汚れをしっかりと落として、保湿を十分に行いましょう。

肌への摩擦や刺激を減らすためにもマスク選びにこだわったり、ゴムが当たる部分には肌を守るためのクリームを塗っておくなど工夫してみましょう。

TOP