毛穴詰まりのトラブルはオイルクレンジングと綿棒で解決!

毛穴詰まりのトラブルはオイルクレンジングと綿棒で解決!

女性ならいつまでも美肌を保ちたいものですが、年齢と共に肌トラブルで悩むことがあるのではないでしょうか。スキンケアで鼻を重点的にケアしても、簡単に改善されないのが毛穴トラブルです。

毛穴のトラブル「角栓」


女性ならいつまでも美肌を保ちたいものですが、年齢と共に肌トラブルで悩むことがあるのではないでしょうか。

スキンケアで鼻を重点的にケアしても、簡単に改善されないのが毛穴トラブルです。中でも、毛穴トラブルに厄介なものに「角栓」があります。角栓は、鼻の周りや頭の毛穴にポツポツとできる、汚れの詰まりです。角質や皮脂が古くなって剥がれ落ち、毛穴に栓をするので「角栓」と呼ばれています。顔の中心に溜まりやすいので、メイクでカバーしても目立ってしまい、厚塗りをすると余計に浮いてしまうなど、さまざまな問題が挙げられます。

小鼻はベタベタしているので皮脂が詰まっていると思いがちですが、実は汚れの詰まりが原因です。そして、角栓が空気に触れることで酸化し、毛穴が黒ずんでしまいます。ニキビの原因菌が発生するなど、他の肌トラブルにもなる可能性があるので早く除去したいものですが、自己流のケアをしてしまうと肌を傷つけ、肌が乾燥して、皮脂の分泌が余計に増えてしまう恐れもあるでしょう。正しいケアを行うことで、美肌を維持することができます。
角栓ができる原因は、さまざまな理由が挙げられます。角栓は毛穴が大きいところにできやすいとされているため、乾燥から毛穴の広がりを防ぐことが重要です。健康の肌は十分な水分を含み、弾力があるので、毛穴が目立ちません。

しかし、潤いを失った肌はハリがなく、毛穴に凹凸ができています。乾燥が悪化すると、肌は徐々にくすみ、顔色が暗くなります。広がった毛穴には角質が入り、角栓のもとになるため、乾燥対策をしっかり行うことが重要です。

毛穴汚れは放置しても良い?


角栓は新陳代謝によって剥がれ落ちるため、そのままにしておいて良いという考え方があります。しかし、角栓が残ったままでメイクをすると、ファンデーションのつけた時に凹凸ができてしまい、肌が綺麗に見えません。また、凹凸によって、肌を暗く見せてしまう可能性も考えられます。

さらに、毛穴に詰まった角栓は、代謝した皮脂や角質などをどんどん溜め込むことで大きくなり、毛穴は開いたままのクセがついてしまいます。毛穴が開いたままでは、角栓が取れたとしても開いた毛穴は戻らないため、再び角栓ができやすくなってしまうでしょう。開いた毛穴が黒く見え、黒ずんだ印象になってしまいます。

角栓を見つけたら、早めにケアすることがおすすめです。毛穴の詰まりを取るには、毛穴パックやスクラブ、ピーリングなどさまざまな方法がありますが、これらの方法は毛穴を広げる原因になるため、おすすめできません。角栓パックなどは粘着力が強いですが、角栓の大きさに対して粘着面に接する部分は大きくないため、無理に引っ張ることで毛穴を広げてしまう原因に繋がるでしょう。

綿棒とオイルクレンジングで毛穴すっきり

肌にダメージを与えずに角栓をケアする手段として、綿棒とオイルクレンジングを使った方法があります。肌が弱い方は、天然素材を使用したオイルや不純物が抜かれたものを使用すると肌にダメージを与えずにケアすることが可能です。肌を洗顔し、綺麗な状態で行いましょう。
メイクをしていない状態で、洗顔料で水性の汚れを落としておき、保湿用美容液で肌に潤いを与えます。乾燥した肌がオイルクレンジングを吸わないように、先に保湿をして水分で油分を弾くようにしておきます。

そして、綿棒にオイルクレンジングを染み込ませ、鼻まわりや気になる角栓がある部分に当て、優しく転がしながらマッサージをしましょう。優しく転がすだけで角栓を柔らかくし、動きやすくなります。

また、最後まで綺麗に角栓が落とせなくても、無理に落とそうとしないようにすることが重要です。日をおいて同じ手順で行うことで、少しずつ角栓が落ちていくでしょう。

ポイントは、綿棒を使う前に肌を蒸しタオルで温めることです。毛穴をしっかり開くことができます。血行改善にも効果的なので肌が柔らかくなり、角栓や他の汚れも落としやすくなるでしょう。

また、角栓を作らないために毎日予防できることもあります。角栓ができる原因は乾燥なので、スキンケアを行う際は化粧水をしっかりつけて、乳液やクリームも十分につけることが重要です。顔のベタつきを感じる場合は軽いテクスチャーを使用し、乾燥から肌を守る対策をしっかり行いましょう。

綿棒とオイルクレンジング以外での毛穴対策


角栓を根本から改善していくためには、生活習慣を見直すことも大切です。睡眠不足の翌日の朝は、肌がべたついていることが多いのではないでしょうか。睡眠中には皮脂細胞を作るタンパク質の合成が盛んになり、成長ホルモンが分泌されますが、睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が低下し、皮膚表面がべたつく原因になってしまいます。睡眠は肌にとって重要なので、しっかり睡眠をとりましょう。

その他には、生活酵素を増やさずに生活し、抗酸化作用を高めることが重要な角栓予防ポイントとなります。
TOP