バスタイムは美容にあてよう!女子がきれいになる30分間

バスタイムは美容にあてよう!女子がきれいになる30分間

バスタイム、みなさんはどう過ごしていますか?バスタイムって30分程度の時間かと思いますが、この時間をどう過ごすかは大事。 きれいな女性はこの時間を有効に使っているようです。毎日の30分間を美容にあてると、自分に自信を持てるようになりますよ♪

バスタイム美容~髪の毛編~

バスタイムは髪の毛をきれいに保つための時間にピッタリ。

特に頭皮には意識が行きにくいものですが、頭皮のケアをすることによって、きれいな髪の毛を保つことになり、抜け毛やかゆみなどを防ぐことができます。

シャンプー前にオイルを使ってヘッドマッサージ

髪の毛をきれいにしたい!と思う女性は多いことでしょう。
髪の毛をきれいにするには、頭皮をしっかりケアすることが必要です。
そのために、シャンプー前のオイルマッサージを取り入れてみましょう!

頭皮をまじまじと見ることはないと思いますが、顔のように乾燥することもあり、頭皮トラブルに陥ることもあります。

ホホバオイル、馬油、エクストラバージンオリーブオイルなどを使う、もしくはマッサージ用のオイルを使いましょう。
ヘッドマッサージのやり方

1.髪の毛をブラッシングします。
2.500円硬貨大くらいの大きさのオイル量を手に取り、頭皮全体になじませます。
3.指のはらを使って、頭頂部から後頭部までマッサージします。
4.5分ほどマッサージしたら、濡れたタオルで頭を包みます。
5.3分置いて、その後お湯で洗い流しましょう。
6.いつもよりしっかりシャンプーをします。(オイルを落としきるため)

背中とおしりケア

バスタイムは背中とおしりケアに最適な時間です。
背中とおしりのざらつきが気になるという人は、専用のソープを使ってケアすることが大事。

身体のどの部分にざらつきがあるのかということは、個人差もあるので、ボディスクラブを使ってみてもよさそう。
身体のざらつきにおすすめの商品

・ペリカン石けん 恋するおしり(おしりのざらつきを改善してくれるソープ)
・SABON ボディスクラブ(身体のあらゆる箇所のざらつきに対応)

湯上りのケアが一番大事!

バスタイムはぼけ~っとして癒やしを得ることも必要なので、美容ばかりに時間を割いていると癒やしが得られませんよね。

特に寒い時期は長い時間湯舟に浸かりたくなるものですが、時間は10分程度にしておいた方がいいでしょう。
熱い湯に浸かることで、乾燥肌になってしまうこともあるからです。

長い時間お湯に浸かりたいのであれば、熱い湯は避け、ぬるま湯にすることが必要でしょう。
湯上りはサッとタオルで身体を拭き、顔の保湿をしたあと、すぐに身体の保湿をしてくださいね!
湯上りボディケア

顔の保湿と同じように、身体の保湿も大事。
ボディローションを身体に塗り、しっかり保湿をするようにしてください。

ローションタイプは塗るのに時短になりますし、サッと広がるため使いやすいでしょう。
特に気になる箇所に関しては、クリームタイプのものを使うのもおすすめです。

乾燥肌に傾きやすい人には、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分の配合質が高いボディローションを使うと効果が出やすいですよ♪
髪の毛をいつまでも濡れたままにしない!

髪の毛をいつまでの濡れたままにしておくと、キューティクルが開いてしまいます。
きれいな髪の毛を保つためにも、いつまでも濡れたままにしておかないことが必要です。

ドライヤーはどのようなものを使っていますか?
おすすめなのは、マイナスイオンドライヤーです。
私はマイナスイオンドライヤーを使ってから、髪の毛にツヤが出てきたように感じます。
周りの人からも褒められることが多くなってきましたよ(*^^*)

バスタイムの美容ケアで女子磨き♪

バスタイムって毎日のことですが、その時間の一部を美容にあててみるのもよさそうです。
がっつり美容に時間を充てるとなると、バスタイムの癒やしの時間が無くなってしまうので、無理なく続けられる範囲が大事。

ヘアケア、ボディケア、身体全体のケア・・・・・・毎日行わなくてもいいケアもありますが、実践してみると、さらにキレイに磨きがかかりますよ♡
TOP