秋でも気を付けたい紫外線対策!

秋でも気を付けたい紫外線対策!

夏が過ぎると紫外線対策をさぼっていませんか? 夏は、容赦なく太陽の光が降り注ぎます。毎日猛烈な暑さが続き、薄着になって露出が増える季節なので、紫外線対策を徹底している方が多いと思います。外に出掛ける時は必ず日焼け止めクリームを塗り、帽子や日傘で直射日光を浴びないように気を付けていらっしゃったのではないでしょうか。しかし、秋になると暑さが和らいで涼しくなってくるので、その途端に紫外線対策を怠りがちになる方がいらっしゃいます。

夏が過ぎると紫外線対策をさぼっていませんか?

夏は、容赦なく太陽の光が降り注ぎます。毎日猛烈な暑さが続き、薄着になって露出が増える季節なので、紫外線対策を徹底している方が多いと思います。外に出掛ける時は必ず日焼け止めクリームを塗り、帽子や日傘で直射日光を浴びないように気を付けていらっしゃったのではないでしょうか。しかし、秋になると暑さが和らいで涼しくなってくるので、その途端に紫外線対策を怠りがちになる方がいらっしゃいます。

紫外線で私たちに影響があるのは、UVAと呼ばれる紫外線A波と、UVBと呼ばれる紫外線B波です。UBAは波長が長く、家の中にいてもガラスを通して浴びてしまいます。肌をゆっくりと黒くし、たるみやシワを引き起こすと言われているものです。UVBは波長が短く、屋外で直射日光を浴びるとお肌は赤く炎症し、メラニンが生成され、シミや色素沈着を起こすと言われています。

UVAは4月から8月がピークではあるものの、一年中降り注いでいます。そのため、秋冬でも決して油断はできません。UVBに関しては、4月から徐々に量が増え始め、5月から8月がピークになります。とは言っても、こちらも春から秋まではしっかりと対策を取っておきたいです。このように、涼しい秋になっても紫外線対策を怠らず継続することによって、シミやシワのないきれいなお肌を目指しましょう。

秋ならではの紫外線対策方法

太陽は、6月下旬の夏至の時期が一年の中で最も位置が高くなります。

そのため、春の終わりから夏にかけて、私たちはほぼ真上から太陽に照らされるので、その季節は帽子や日傘での対策が有効になります。また、お顔では鼻や頬などの高い部分、体ではデコルテや肩など高い位置にある部分が日焼けしやすいので、そうした部分に日焼け止めクリームを重ね塗りすると効果的です。太陽が一年の中で最も低い位置を通るのは、12月下旬の冬至の時期です。

秋の太陽の位置は、夏と冬の間の位置である斜め上になります。この季節、私たちは斜め上から照らされるため、全身が日焼けしやすくなります。そのため、部分によって重ね付けするのではなく、全身をまんべんなく丁寧に日焼け止めクリームを塗ることが効果的になります。日傘を差す場合は太陽の位置に合わせて斜めに差すと、紫外線を遮ることができて有効になります。

黒色は紫外線を通しにくい色なので、日傘やアームカバーなどといった紫外線対策アイテムに多く使われています。しかし、夏は暑苦しく見えてしまうため、敬遠している方もいるかもしれません。秋ならば、秋物に使われるワインレッドやマスタードイエローといった存在感のある濃いカラーの洋服にも黒いアイテムは合わせやすいです。全身が日焼けしやすい秋だからこそ、こういった紫外線対策アイテムは取り入れたいものです。

秋ならではの日焼け止めクリームの選び方

秋のお肌は、夏の疲れを蓄積しています。

なぜなら、顔も体も夏の間に大量の紫外線を浴びているからです。お肌のターンオーバーのサイクルが乱れがちになって、かさつきやごわつきを感じやすくなります。日焼け止めクリームを選ぶ時に、夏はUVAを防ぐPAや、UVBを防ぐSPFの数値をが高いもの、汗に強いウォータープルーフタイプのものを選びます。

一方、秋は夏の疲れを溜めているお肌にPAやSPFの数値が高い日焼け止めクリームを使うと、お肌への負担が大きくなってしまいます。そのため、日常生活なら十分に紫外線対策ができるPA+か++、SPF30までのもので構いません。また、お肌のターンオーバーのサイクルが乱れがちなので、しっかり保湿してお肌トラブルを未然に防ぐことが大切です。

洗顔後に化粧水、美容液、乳液、クリームの順に、丁寧にスキンケアを行ってから日焼け止めクリームを塗りましょう。日焼け止めクリーム自体に高い保湿力を持たせたミルクタイプといったものも売られています。お肌の調子をよく観察して、その時のお肌のコンディションに合う日焼け止めクリームを選ぶようにしましょう。

秋にうっかり日焼けしてしまったら

涼しくて過ごしやすい秋でも毎日の紫外線対策を欠かしてはいけませんが、油断してついうっかり日焼けしてしまったら、まずはしっかり保湿しましょう。

秋のお肌は乾燥が大敵です。日焼けや乾燥が気になる部分には、クリームを重ね付けしましょう。また、食べ物から栄養を摂ることによって、体の内側から日焼けしたお肌をケアし、美肌作りをサポートすることができます。バランスよく栄養を摂ることが大切ですが、特にビタミンA,、C、Eが効果的です。

ビタミンAはうなぎやレバー、緑黄色野菜などに、ビタミンCは果物や芋類、キャベツやブロッコリーなどに、ビタミンEはカボチャやナッツ、アボカドなどに含まれています。うっかり日焼けしてしまった時には、これらのビタミンを摂って対策してみてください。
TOP
無題ドキュメント