肌がガサガサして痛い…原因は何?そのスキンケア、本当に正しい?

肌がガサガサして痛い…原因は何?そのスキンケア、本当に正しい?

スキンケアをしている時に肌がガサガサしていることに気づいたこともありますよね。 化粧水をつけるとヒリヒリとした痛みを感じたこともあるのではないでしょうか。 ピリッとした痛みは「化粧水が効いているから!」なんて考えていませんか? 私がその考えのまま化粧水を使い続けていたら、肌トラブルまっしぐらでした。 今回は、肌のガサガサや痛みの理由などについて見ていきましょう。
スキンケアをしている時に肌がガサガサしていることに気づいたこともありますよね。
化粧水をつけるとヒリヒリとした痛みを感じたこともあるのではないでしょうか。

ピリッとした痛みは「化粧水が効いているから!」なんて考えていませんか?
私がその考えのまま化粧水を使い続けていたら、肌トラブルまっしぐらでした。
今回は、肌のガサガサや痛みの理由などについて見ていきましょう。

肌がガサガサして痛い理由とは?

肌がガサガサする、もしくは痛みがあるなどの症状が出ている場合はいろいろな理由があります。
こちらでは、どんな理由があるのかを見ていきましょう。

洗顔回数が多い

化粧水をつけた時などに痛みが出る場合は、洗顔回数が多という原因も考えられます。
洗顔は良いものだと思われがちですが、回数をやりすぎてしまうと肌のバリア機能の低下につながります。
1日に何回も洗顔をしている人は、それが原因で肌を痛めている可能性があると考えましょう。

お湯で洗っている

冬場などは冷たい水ではなく、熱いお湯で洗顔をしていることはありませんか?
熱いお湯で洗顔をしてしまうと、肌に必要な皮脂までも洗い流してしまい、バリア機能の低下や乾燥につながってしまうんです。

水という刺激ではなく、お湯の方が肌に良いと思われがちですが、実際はそんなことありません。

ケアのしすぎ

ピーリングやフェイスマスクなどのスペシャルケアをやりすぎるとバリア機能の低下につながります。
ピーリングやフェイスマスクは毎日ではなく適度に行うからその効果を得られるのです。
毎日してしまうと逆効果になってしまうので気をつけてくださいね。

特に大容量のフェイスマスクを購入している人は「毎日しなきゃいけない」なんて勘違いを起こしやすい傾向にあります。

なぜ肌がガサガサして痛くなるのか?

こちらでは、なぜ肌がガサガサして痛くなるのか見ていきましょう。
現在肌が傷んでいる人やガサガサしている人はチェックしてみてくださいね。

バリア機能の低下

先述したように、さまざまな要因で肌のバリア機能が低下してしまいます。
そのため、バリア機能がなくなっていることで肌へのダメージをダイレクトに受けてしまうのです。

バリア機能が正常であれば、4くらいのダメージだったのものが10というフル状態で受けてしまうので、肌への悪影響もものすごいことになってしまうんですよね。

アレルギー反応

肌のバリア機能が低下することでアレルギー反応が見られる場合があります。
これは肌に直接ダメージを受けていることで、敏感になっているからです。
敏感な状態で刺激を感じることで、普段以上の痛みなどに繋がっている可能性があります。

肌の菲薄化

肌の菲薄化が進むことで、肌自体が薄くなってしまうんです。
そのため、ヒリヒリと傷んだり赤みやかゆみ、乾燥など肌トラブルのオンパレードになってしまいます。
ピーリングなどをやりすぎることでこういった症状が出やすくなるので気をつけましょうね。

肌が痛むのを効果があると勘違いしないようにしよう!

肌が痛むことで好転反応のように感じてしまう人もいますが、それ、本当にダメージ受けてますよ!
その痛みは肌が良くなるためのものじゃないですからね。

痛みなどを感じている場合は、一度スキンケアをやめて肌の状態をしっかり見直しましょう。
原因となることをしている場合は、しっかり乾燥対策などのスキンケアに切り替えてくださいね。
そうすることで、ダメージを受けている肌をケアすることができるはずです。
ヒリヒリとした痛みが続く場合はある程度スキンケアの量を減らして、ダメージを受けない程度にしてください。
TOP