食事を見直して内側から美肌をつくろう!

食事を見直して内側から美肌をつくろう!

紫外線、加齢、乾燥によりお肌は毎日ダメージを受けています。ダメージが蓄積していくと、シミ、くすみ、シワなど肌トラブルを抱え込むことに…。「いくらスキンケアに気をつかっても肌荒れする」「いつもメイクのノリが悪い」そんなときは、食生活を見直して体の内側からケアしてみませんか?

紫外線、加齢、乾燥によりお肌は毎日ダメージを受けています。ダメージが蓄積していくと、シミ、くすみ、シワなど肌トラブルを抱え込むことに…。「いくらスキンケアに気をつかっても肌荒れする」「いつもメイクのノリが悪い」そんなときは、食生活を見直して体の内側からケアしてみませんか?

動物性・植物性タンパク質でシワとたるみを予防


朝はスムージー、お昼はパスタとサラダ、夜は炭水化物を抜いて野菜中心のヘルシーなメニューを…。いっけん、とてもヘルシーでお肌にも良さそうな食事ですが、このようなダイエット食は完全なタンパク質不足です。タンパク質は皮膚や髪の毛、爪などを作る大切な栄養素ですが体内で生成できません。ですから体重50㎏の女性なら1日に約50gのタンパク質を摂取する必要があります。不足するとコラーゲンが減少してお肌のハリが失われ、シワやたるみができます。動物性、植物性の両方をバランスよく摂ってください。動物性タンパク質は肉や魚、卵、牛乳などの乳製品に含まれています。植物性タンパク質は豆腐や納豆、豆乳などの大豆食品、キアヌ、ナッツ類などに多く含まれます。

「30代前半では美肌と美髪の維持や健全な妊娠・出産、30代後半では疲労軽減や肌荒れ予防、40代前半では白髪予防やシワ予防、美白、40代後半では更年期症状が出にくくなる、閉経が遅くなる、肥満予防、脱毛予防などにつながると言えます」(青木先生)

ビタミンB2・B6で大人ニキビを防ぐ


ビタミンB群は美肌ビタミンと呼ばれるほど美しい素肌つくりに欠かせないビタミンです。ビタミンB2は皮膚のお肌のターンオーバーをサポートし、キメの細かいお肌を作ります。ビタミンB6は皮膚の炎症を防ぐので大人ニキビの予防に役立ちます。どちらも美肌には欠かせないビタミンですが、不足しがちなうえ体に蓄積しにくいという特徴を持っています。ビタミンB2はうなぎ、レバー、卵などに多く含まれます。ビタミンB6はカツオやマグロなどの赤身の魚、レバー、バナナなどに多く含まれます。ビタミンB群は熱に弱く水溶性で水に溶けやすい性質を持っているので、煮汁ごともれなく食べましょう。

ビタミンCでシミ、ソバカスを防いで薄くする


紫外線を浴びると表皮細胞(ケラチノサイト)が刺激されます。すると色素細胞(メラノサイト)が活性化して、チロシンというアミノ酸がメラニンに変化します。メラニンは表皮細胞に蓄積してシミやソバカスになります。ビタミンCはチロシンが活性化するのを抑制します。予防効果だけでなく、すでにできてしまったシミ、ソバカスにも働きかけて薄くする効果もあります。パプリカにはビタミンCがたっぷり含まれます。他にもブロッコリー、ゴーヤなどの野菜、キウイやレモン、いちごなどの果物にも多く含まれます。

ビタミンEでアンチエイジング


加齢とともに進むお肌の老化。年齢を重ねると肌トラブルは格段に増えていきます。年齢肌にお悩みなら抗酸化作用が非常に高いビタミンEを定期的に摂取しましょう。ビタミンEは脂溶性ビタミンで細胞の酸化を防ぎます。サプリメントなどで過剰摂取すると、まれに骨粗しょう症が引き起こされることがあるので、食事での摂取が推奨されています。ピーナッツやアーモンドなどのナッツ類、ひまわり油やベニバナ油などの植物油などに含まれています。

美肌には腸内環境が大切

via pixta.jp

いくら美肌に良い栄養素をとっても、腸が健康でなければ栄養が十分に吸収されません。食事によって腸内環境を整えるように心がけましょう。ほぼ毎日便意がありますか?便はバナナ1本分くらいでしょうか?においが少なく、するっと出ますか?腸内には善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類の菌が住みついています。善玉菌はビフィズス菌や乳酸菌などに代表される、体にも美容にも良い働きをする菌です。悪玉菌は体に悪い影響を与える菌です。そして日和見菌とは、普段は大人しくしていますが、私たちの体の免疫力が下がった時などに悪さをする菌です。


美肌づくりのためには当然、善玉菌を増やす必要があります。水溶性食物繊維は善玉菌のエサとなるので、積極的に食事に取り入れたい栄養素です。わかめやもずくなどの海藻類、オクラ、アボカド、きのこ類などに含まれています。


また、ダイエットなどにより食べる量が極端に少ないと便が少なく、結果として便秘になります。便秘になると腸内で悪玉菌や日和見菌が増えてしまい、肌荒れをおこします。腸内環境を整えるためには、毎日きちんと三食バランスの良い食事をとることが大切です。


朝はスムージーや野菜ジュースだけにしているという人もいますが、固形物を食べないと腸の蠕動(ぜんどう)運動は活発になりません。朝食を食べない人は、朝からしっかり食べる人に比べて便秘になりやすいことが分かっています。腸の長さの関係で日本人は比較的便秘になりやすい国民だと言われています。朝からきちんと食事をして腸内環境を整えましょう。


毎日の食事は美容と健康にかかわってきます。ジャンクフードやインスタント食品が多いと、栄養が偏り肌荒れのもとになります。スキンケアをがんばっていても、肌の調子が悪いと悩んでいる人は食事を見直してみてください。必要な栄養を摂ってお肌も体も元気になりましょう。
TOP
無題ドキュメント