日中用美容液とは?目的に合わせた選び方やおすすめアイテムの紹介

日中用美容液とは?目的に合わせた選び方やおすすめアイテムの紹介

「日中用美容液」というアイテムをご存じでしょうか?これはUVカット効果を持つスキンケア用品のことで、「日焼け止め美容液」や「日焼け止め乳液」とも呼ばれています。保湿力があり、トーンアップ効果を兼ね備えているものもあるなど、種類が豊富なアイテムです。今回は日中美容液の選び方や、おすすめのアイテムを紹介します。
「日中用美容液」というアイテムをご存じでしょうか?これはUVカット効果を持つスキンケア用品のことで、「日焼け止め美容液」や「日焼け止め乳液」とも呼ばれています。保湿力があり、トーンアップ効果を兼ね備えているものもあるなど、種類が豊富なアイテムです。今回は日中美容液の選び方や、おすすめのアイテムを紹介します。

日中用美容液の選び方

日中美容液にはさまざまな種類があります。そのため、どれを選んでいいかわからず目移りしてしまう人も多いかもしれません。ここでは、日中美容液の選び方を解説します。自分のニーズに合った日中美容液を選ぶポイントを確認してくださいね。

紫外線吸収剤の使われていないもの

肌への負担を少なくしたいなら、「紫外線吸収剤」を使用していないものを選びましょう。
紫外線を防ぐ成分として、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」というふたつのものがあります。この「紫外線吸収剤」というものは、紫外線を吸収して熱エネルギーに変えて放出する化学反応を利用する仕組み。そのため、人によっては肌への刺激が強く感じてしまうこともあり、肌への負担が大きくなることもあります。

一方、「紫外線散乱剤」は紫外線を跳ね返す仕組みの成分。そのため、肌への刺激が少なく済みます。肌の負担をおさえたいなら、いわゆる「ノンケミカル」の日中用美容液を使うのがおすすめです。

肌に負担がない成分を使っているもの

肌をいたわりたい人は、肌に負担がかかりやすい「紫外線吸収剤」を使用していない日中用美容液を選ぶだけでなく、ほかにも肌への負担を軽が最小限で済むものを選ぶことも大切。たとえば敏感肌の方は、オーガニック成分で作られた日中用美容液を選ぶのも良いでしょう。

オーガニック成分で作られている日中用美容液や、それに準ずるものは、お湯や石鹸で簡単に落ちるように設計されています。日焼け止めを落とすときにも肌へは負担がかかるので、なるべく落としやすいものがおすすめです。また、防腐剤やアルコールなどの有害成分が無添加のものを選びましょう。

目的に応じた日中用美容液

日中用美容液や日焼け止めに表記されている効果として、「SPF」と「PA」というものがあります。「SPF」はUV-Bを防ぐ指数のことを指します。UV-Bは紫外線B波のことで、肌の炎症を引き起こし、シミやそばかすの原因となるものです。一方「PA」とは、UV-Aつまり紫外線A波を防ぐ指数。これは肌を黒くし、シワやたるみの原因となるものです。

たとえば、日常生活のなかでちょっとした時間の日焼けをおさえたいなら、「SPF20」「PA++」で十分です。逆に海やプールなどのマリンスポーツや、炎天下での外出などには「SPF50」「PA++++」程度を選ぶのが安心です。

配合されている美肌成分

紫外線対策に力を発揮するビタミン群は、「ビタミンACE」と呼ばれています。これは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの総称。これらのビタミンが配合されている日中用美容液を選ぶのがおすすめです。

ほかには、肌にうるおいを与える保湿成分としてヒアルロン酸やセラミド、日焼けによるメラニンの生成を抑える成分としてトラネキサム酸などが、日中用美容液の有効成分として知られています。トラネキサム酸は、シミ・そばかすを防ぐ美白有効成分です。

化粧下地として使えるか

日中用美容液は化粧下地として使えるものも多くあります。ウォータープルーフタイプのものは化粧崩れがしにくいという特徴がありますが、ほかにもカバー力に特化したものや、トーンアップ効果のあるものなどもあります。自分の理想の状態を目指して、さまざまな種類の中から選ぶと良いでしょう。

日焼けを防ぎたい場合は、日中用美容液の上からさらに日焼け止め効果のあるファンデーションを重ねることで、より効果を感じられるはずです。

ウォータープルーフか

日中用美容液を、夏の暑いシーズンに使いたい場合や、スポーツなどで汗をかくシーンで使いたい場合には、ウォータープルーフタイプのものを選びましょう。汗や水に強いウォータープルーフタイプの日中用美容液なら、頻繁に塗りなおす必要もありません。

また、特に夏場などで化粧崩れを防ぎたい場合も、ウォータープルーフタイプの日中用美容液を使ってみると良いでしょう。化粧下地として使うことで、ファンデーションのカバー力もアップ。長時間にわたり、汗をかきやすい状況でもメイクを保つことができるはず。

日中用美容液のおすすめ8選

日中用美容液にはさまざまなものがあり、それぞれ特徴や強みが違います。自分に合った日中用美容液を使うことが、美肌のポイント。ここでは、日中用美容液のおすすめアイテムをピックアップ。ユーザーからも人気のある、イチオシの日中美容液を紹介します。

カネボウ化粧品 DEW UVデイエッセンス

「カネボウ化粧品 DEW UVデイエッセンス」は、SPF50+・PA++++という非常に高い紫外線カット機能をもつ日中用美容液。屋外でのレジャーやマリンスポーツなど、強い日差しのなかで活躍するアイテムです。また、ウォータープルーフタイプで汗や水にも強いので、夏場やスポーツなどの場面で使いやすいといえるでしょう。

有効成分としてヒアルロン酸Naを含む独自開発の保湿成分を配合。長時間うるおいが続く高保湿な処方なうえ均一に塗ることができ、化粧崩れしにくい下地としても使うことができます。

アベンヌ デイプロテクター UV EX

「アベンヌ デイプロテクター UV EX」は、フランスのアベンヌ村で湧き出る温泉水を使った日中用美容液。うるおいのある素肌へと整えて、肌の乾燥を防ぐための美容液です。使用感はサラサラで、化粧下地にも使えるのが魅力。その後に使うファンデーションの密着度が上がり、均一な仕上がりを目指すことができます。

紫外線カット効果としては、SPF30・PA+++。強すぎず肌への負担も少ないため、日常生活での日焼け止めに効果的です。アルコールフリー、パラベンフリー、無香料、無着色のやさしい処方です。

エトヴォス ミネラル UVセラム

「エトヴォス ミネラル UVセラム」は肌に優しい日中用美容液。紫外線吸収剤、石油系界面活性剤、パラベンなどの有害成分を使用していません。また、保湿力の高いヒト型セラミドを配合していることで、肌の乾燥を防いでうるおいを保ちます。

紫外線カット効果としてはSPF35・PA+++で、強すぎず日常生活に最適。化粧崩れを抑える下地としても使用でき、毛穴をカバーしたい人にも向いています。

アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム

「アスタリフト D-UVクリア アクアデイセラム」は保湿力の高い日中用美容液。ナノアスタキサンチン・ナノリコピン・3種のコラーゲンといった高保湿の成分を配合することで、乾燥しがちな肌にうるおいを与えます。

紫外線カット効果としてはSPF50+・PA++++と非常に高く、レジャーにもぴったり。それでいてうるおいがあってみずみずしい使い心地が魅力です。化粧下地としても使うことでき、光をコントロールして明るい肌の印象に仕上げるので、透明感のある肌をつくりたい人にぴったりです。

アルージェ ホワイトニング UVデイエッセンス

「アルージェ ホワイトニング UVデイエッセンス」は、製薬会社から販売されている日中用美容液で、医薬部外品です。化粧下地としても使用でき、美肌に見せるふんわりヴェール効果があるため、ベースメイクとして活用できます。紫外線カット効果としては、SPF21・PA++なので日常生活のシーンにぴったり。

香料、着色料、アルコール、紫外線吸収剤は使っておらず、やさしい使い心地と肌への負担が少ない処方が魅力です。

ソフィーナiP UVレジスト リッチクリーム

「ソフィーナiP UVレジスト リッチクリーム」は、ローズマリー葉エキスやボタンエキスなどの保湿成分を配合したクリームタイプの日中用美容液。クリームは伸びが良く、なじみやすいのが特徴です。化粧下地としても使用することができ、時短スキンケアアイテムとしても活用できます。クリームタイプならではのリッチなテクスチャーは、肌への密着感が欲しい人にはぴったりです。

紫外線カット効果は非常に高く、SPF50+・PA++++。特に屋外でのレジャーやスポーツのシーンで活用できるすぐれものです。

dプログラム アレルバリア エッセンス N

「dプログラム アレルバリア エッセンス N」は、アレルバリアテクノロジーNEOを搭載した美容液。花粉、ちり、ほこりなどの微粒子汚れや、乾燥や紫外線から肌を守ることができる、敏感肌用の日中用美容液です。特に肌荒れしやすいデリケートな肌の人におすすめ。

また、化粧下地としても使うことができます。紫外線吸収剤不使用のノンケミカル処方で、ウォータープルーフ仕様でありながら石鹸で簡単にクレンジングが可能。パラベンフリー、アルコールフリー、鉱物油フリーで無香料、無着色の低刺激設計です。

リバイタル デイエマルジョン

リバイタルは、「光ダメージ」に向き合うラインナップが特徴。光ダメージによる乾燥を防ぐための高保湿なうるおい成分が配合されているので、リッチな使用感を感じられます。美白有効成分としては、m-トラネキサム酸を配合しています。m-トラネキサム酸はメラニンの生成を抑え、シミやそばかすを防ぐのに一役買ってくれます。薬用の日中用乳液です。

自分に合った日中用美容液を選んで、美肌を維持しよう

豊富な種類があってついついどれを選んだらいいか迷ってしまいがちな、日中用美容液。商品によって特徴が違うので、自分の肌質や目的に沿ったものを選ぶのが良いでしょう。紫外線を防ぐことで、より一層美しい肌を保つように心がけてみましょう。
TOP