脂性肌の人は乳液が不要? なぜ乳液を使うのかチェック!

脂性肌の人は乳液が不要? なぜ乳液を使うのかチェック!

脂性肌の人は乳液なんていらない、なんて勘違いをしている人もいますよね。 私も「余計に肌がべたつきそうだからしたくない」なんて考えていたこともありました……。 しかし、その考えは間違いです! 実は保湿ケアをしないとかえって脂性肌が悪化する可能性があります。 今回は脂性肌の人になぜ乳液が必要なのかについて紹介していきましょう!
脂性肌の人は乳液なんていらない、なんて勘違いをしている人もいますよね。
私も「余計に肌がべたつきそうだからしたくない」なんて考えていたこともありました……。

しかし、その考えは間違いです!
実は保湿ケアをしないとかえって脂性肌が悪化する可能性があります。
今回は脂性肌の人になぜ乳液が必要なのかについて紹介していきましょう!

脂性肌の人でも乳液は必要なのか?

こちらでは、脂性肌の人でも乳液が必要な理由について見ていきましょう。
乳液を使いたくないなって人は、ぜひこちらを参考にしてみてくださいね。

肌の油分を補うために必要!

脂性肌の原因のひとつに「乾燥」があります。
脂性肌の人は、意外と水分が足りていない人が多いんです。
べたつきがあるのに、なぜ水分が足りていないのか、と驚く人もいますよね。

もちろん乾燥が全ての原因ではないものの、表面が皮脂でベタついていても、実は内側が乾燥している!なんてことがあります。
水分が足りていないからこそ、皮脂の過剰分泌を引き起こしてしまします。

まずは肌の内側にしっかりと水分を届け、乳液などで適切にふたをすることが大切です。

乳液を使うことでうるおいキープになる

どんな肌質でも、肌は水分と油分のバランスを保つことで健康的な肌になります。
そのため、化粧水だけだと肌の水分が蒸発してしまい乾燥の原因に。

健やかな肌を保つためにも油分は欠かせません。
その油分を補うものが「保湿」です。

乳液のべたつきが苦手

脂性肌の人は「乳液が嫌い」ではなく、乳液のべたつきが苦手という人は多いと思います。
乳液はべたつくから避けているって人も多いんじゃないですか?
でも、そんな時はべたつかない乳液を探せば解決します。

乳液はべたつくもの、というイメージが定着していますが、最近はべたつかない乳液もあるのでいろいろなコスメブランドを見てみてくださいね。

脂性肌の人の乳液はどうやって選ぶべき?

脂性肌の人でも保湿ケアは必要とは言え、過剰な油分を与えることはかえってニキビなど肌トラブルの原因になります。

こちらでは、脂性肌の人はどうやって乳液を選ぶべきなのか見ていきましょう。
これまで乳液を使っていなかった人など、ぜひ参考にしてみてください!

うるおい重視で選ぼう

基本的に「うるおい」を重視して選んでください。

脂性肌の人が錯覚してしまうのが、「こんなにベタついているのだから、うるおっているはず」というもの。
しかし、皮脂が多いのは乾燥から自分の肌を守ろうとしている証拠であることも多く、、うるおいを重視することで皮脂の過剰分泌を防げる場合が多いんです。

乳液を購入する際は保湿成分がどのくらい配合されているのかなど、しっかりチェックしてから選ぶようにしてくださいね。

使い心地で選ぼう

先述したように、乳液のべたつきが苦手という人もいます。
そんな人は使い心地で選ぶのもひとつの方法かもしれませんね。

しっとりしすぎるものを選ぶと過剰に油分を取ってしましい肌トラブルの原因になってしまします。
そのため、さっぱりタイプの乳液がおススメです。
さっぱりタイプでもしっかりうるおいをキープしてくれるものがあるので、さまざまな乳液を比較検討してみましょう!

成分にこだわろう!

乳液は成分にこだわってください。
保湿成分は前提として、美容成分など自分が求めている成分が配合されているかチェックしてくださいね。

たとえば、脂性肌向きの乳液の中には、皮脂をコントロールしてくれる「ビタミンC誘導体」や「イソフラボン」は代表的な成分です。

脂性肌に特化した成分を試してみるのも良いかもしれません。

脂性肌の人でも乳液は必要なので覚えておこう!

脂性肌の人は乳液が不要、というのは真っ赤なウソです。
むしろ、脂性肌の人こそ乳液をしっかり使うべきと言ってもいいでしょう!

これまで乳液を使っていなかった人は、しっかり使ってうるおいを肌にとじこめてくださいね!
乳液を使い始めることによって、皮脂の過剰分泌が和らいだという意見もあるので、まずは一度しっかり自分に合う乳液を探してみてください!
TOP