冬の紫外線にも注意!しっかりと対策を

冬の紫外線にも注意!しっかりと対策を

紫外線と聞くと夏に多いイメージがあって、冬はあまり気にしていないという人も多いのではないでしょうか。確かに、12月~2月は1年のうちで紫外線が最も少ない季節ですし、夏に比べると日差しも弱いので、つい日焼けに関しては注意をしなくても大丈夫だと思いがちです。ですが、冬の紫外線にも注意が必要です。ここでは夏と冬の紫外線の違いやその対策について、詳しくお話ししたいと思います。

冬の紫外線にも注意


紫外線と聞くと夏に多いイメージがあって、冬はあまり気にしていないという人も多いのではないでしょうか。確かに、12月~2月は1年のうちで紫外線が最も少ない季節ですし、夏に比べると日差しも弱いので、つい日焼けに関しては注意をしなくても大丈夫だと思いがちです。ですが、冬の紫外線にも注意が必要です。ここでは夏と冬の紫外線の違いやその対策について、詳しくお話ししたいと思います。

夏と冬の紫外線の違い

紫外線といっても、実は夏と冬とでは違いがあるのをご存じでしょうか。紫外線にはA波とB波とがあって、一般的に、A波はUV-Aで冬の紫外線、B波はUV-Bで夏の紫外線とされているのです(もう一つ紫外線の種類がありますが、地表に届かないため、私たちの体に影響を及ぼすことはありませんので、ここでは除外させていただきます)。そして、この2つの紫外線はそれぞれ人の肌に与える影響が違っているので、夏と冬とでは紫外線に対する注意点も違ってくるわけです。

夏の紫外線UV-Bは波長が短く、真皮までは届きません。つまり、肌の表面に炎症を起こしやすく、それが日焼けになり、シミやそばかすの原因になっているのです。

冬の紫外線であるUV-Aは波長が長く、真皮にまで到達します。ヒアルロン酸やコラーゲンを生み出す線維芽細胞を傷つけてしまうので、冬に紫外線を浴びると肌の弾力がなくなり、しわやたるみの原因となってしまうのです。

冬の紫外線の危険性

冬の紫外線は肌のしわやたるみの原因になりやすいことに加えて、肌にダメージを蓄積させる働きがあるので、いくら紫外線の量が少ないといっても危険性はかなり高いといえます。洗濯物を干す、ちょっと買い物に行くなど、短時間の外出であっても、浴びたUV-Aは蓄積されているので、その時に日焼けしていないから大丈夫ということにはなりません。

さらに、冬の紫外線は物質を透過しやすい性質があるので、ガラス窓があっても室内に入り込みやすいのです。外に出なければ紫外線を浴びることはないと思っていても、冬の場合には必ずしも安全ではないということになります。

また、冬に紫外線を浴びたことによって、夏の間にダメージを受けてできてしまったメラニン色素を活性化させる危険性もあります。冬にシミが増えたというケースは、こういった可能性が高いのです。

冬に必要な紫外線対策


そこで大切なのが、冬でも紫外線対策をするということです。

まずは日焼け止めを塗ることでしょうか。夏であれば日焼け止めを塗る習慣はありますが、冬には使っていないという人も多いかもしれません。紫外線防御力を示す「SPF」や「PA」の値がそれほど高くなくても、冬の紫外線には有効なので、毎日の生活に取り入れるといいでしょう。SPF10~20/PA++程度の日焼け止めで十分ですから、準備しておくと安心です。SPFの数値が高ければそれだけ効果も高くなりますが、肌への負担も大きくなります。ウインタースポーツなどで使うのでなければ問題ありません。

ただし、こうした日焼け止めの使用にはいくつか注意点があります。落としやすいものを選ぶことです。しっかりと紫外線対策をしたいからといって、厚めに塗ると落としにくくなりますし、ごしごし洗って落とすというのも肌への負担が多くなります。落としきれなかった日焼け止めは新たな汚れとなる可能性がありますし、日焼けしやすい条件を作り出してしまうこともあるので、頭の隅に置いて商品を選ぶといいでしょう。

日焼け止め以外にも重要な対策は、乾燥を防ぐことです。冬はただでさえ肌が乾燥しやすい季節で、紫外線は乾燥肌に影響を及ぼしやすいのが特徴ですから、保湿クリームなどを塗って乾燥を防ぐことが大切です。
日焼け止めを使って肌トラブルが起こったことがあれば、紫外線吸収剤フリーのタイプがおすすめです。日焼け止めには、紫外線吸収剤を使ったものとそうでないものとがあります。紫外線吸収剤は科学的な作用で紫外線を吸収させる働きがありますが、皮膚から水分が奪われて乾燥しやすくなりますから、肌の弱い人には不向きです。

次に、紫外線対策に限ったことではありませんが、毎日の生活習慣を整えることも重要です。代表的なのが睡眠不足でしょう。眠っている間に肌の生まれ変わりを促す働きのある成長ホルモンが生成されるのですが、良い睡眠を得られないとそれが難しくなります。また、ビタミンCなど、肌に有効な成分は食事から摂取するのが理想です。最近では様々な種類のサプリメントがあって、それを活用するのも一つの方法ですが、食生活の乱れは健康の維持にも影響するので、バランスの取れた食生活を心がけることも、紫外線対策といえるでしょう。

とにかく、冬だからといって日焼けをしないという考え方は禁物です。冬だからこそしっかりと紫外線対策をして、良い肌の状態を保っておきましょう。
TOP