酵素洗顔の効果は?どのくらいの頻度で使うのがベスト?

酵素洗顔の効果は?どのくらいの頻度で使うのがベスト?

酵素洗顔という言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。酵素洗顔といえば、パウダー状のもの・個包装で一回使い切りのもの、というイメージがありますよね。 酵素洗顔の使用感や効果、どんなときに使うのがいいか、毎日使っても大丈夫なのかなど、酵素洗顔についてたっぷりご紹介します♪
酵素洗顔という言葉を耳にしたことがある人は多いと思います。酵素洗顔といえば、パウダー状のもの・個包装で一回使い切りのもの、というイメージがありますよね。

酵素洗顔の使用感や効果、どんなときに使うのがいいか、毎日使っても大丈夫なのかなど、酵素洗顔についてたっぷりご紹介します♪

酵素洗顔パウダーの特徴って?

酵素は水を加えた瞬間から効果が弱まってしまうため、酵素洗顔はパウダー状になっているのが基本です。酵素洗顔パウダーの特徴について解説していきます。

酵素洗顔パウダーの効果

酵素洗顔パウダーには、他の洗浄剤にはない効果がいくつもあります。
酵素洗顔パウダーにしかないメリットについて、ひとつずつくわしく説明します♪

汚れを吸着して落としてくれる

酵素は汚れを吸着して、落としにくい汚れまでしっかりとオフしてくれます。そのため、普段のクレンジングで残ってしまいやすいような、お肌のキメの間などに入り込んだ汚れもしっかり落としてくれるんです!

特に、メイク汚れなどがお肌に残っているとさまざまな肌トラブルの原因に……。続けてメイクをするとお肌にゴワつきを感じる人や、ファンデーションなどの毛穴残り・毛穴づまりが気になる人は定期的に使用することをおすすめします。

また、皮脂の分泌が多いと感じる人はTゾーンだけ酵素洗顔をするなど、部分使いをするのもいいでしょう。

お肌の黒ずみやくすみを改善してくれる

酵素洗顔で毛穴汚れや古い角質をオフすることで、慢性的なお肌のくすみや黒ずみを少しずつ改善してくれます。定期的に酵素洗顔を続けることで、だんだんとお肌が明るくなってくるのがわかるはずです!

いちご鼻など毛穴の悩みにも

小鼻や鼻横の頬などに汚れや古い角質が蓄積したり、その汚れや角質が酸化して黒ずんだりすることによって起こる「いちご鼻」にも、酵素洗顔は有効です。固くなってしまった角栓を酵素が少しずつ分解し、毛穴をきれいにしてくれますよ。
使い続けることで毛穴汚れが小さくなっていくので、毛穴づまりによって起こるお肌のたるみも改善してくれます。

お肌のターンオーバーを正常にしてくれる

お肌の汚れを残さずにしっかり落とすことができると、代謝がスムーズになり、新しい角質がすみやかに生まれてくるようになります。代謝と生成がスムーズになることで、ターンオーバーのサイクルが正常に整い、お肌のバリア機能もアップ!
ターンオーバーが正常になることで、毛穴汚れがだんだんと取れて毛穴そのものが引き締まり、全体的なお肌の状態そのものがよくなってきます。

くすみやゴワつき、毛穴汚れが少なくなることで、メイクののりもよくなってきますよ♪

酵素洗顔パウダーはこんな人におすすめ

酵素洗顔は洗浄力が強いため、どちらかというと脂性肌の人におすすめであるといえます。乾燥肌や敏感肌の人には強すぎる場合があるので注意が必要ですが、使い方次第で取り入れるメリットは大きいので、ぜひ工夫してみてください。

具体的な注意点についてはこのあと解説します!

酵素洗顔パウダーを使う時の注意点

酵素洗顔で特に乾燥肌・敏感肌の人が気をつけたい点や、脂性肌の人でも注意してほしいポイントがありますので、ひとつずつ解説していきます。自分のお肌のタイプや状態をみて、上手に取り入れていきましょう♪

使う頻度に注意する

まず注意したいのは、酵素洗顔の頻度です。酵素洗顔パウダーの種類にもよりますが、基本的には毎日使うより週に1~3回ほどに留めておくのがベター。
自分が選んだ酵素洗顔パウダーの説明を必ず読み、書かれている頻度を参考にして様子を見ながら頻度を決めていくようにしましょう。

また、お肌のコンディションや季節によっても頻度を調節するとよいでしょう。

お肌に炎症があるときは使用を控える

上でもお伝えしたように、酵素洗顔は比較的洗浄力が高いもの。そのため、乾燥肌・敏感肌の人は使用に注意が必要なのですが、脂性肌の人もお肌に炎症があるときには使用を控えるのが望ましいといえます。

ニキビや肌荒れなどがある時は、お肌はゆらぎやすく不安定な状態になっています。そのような時に酵素洗顔をすると、強い洗浄力が刺激となって肌トラブルを悪化させることにつながりかねません。炎症をともなうニキビや肌荒れがあるときにはお肌にやさしい洗顔料を選んで、できるだけ刺激を与えないようにするのが早く治すコツ!

酵素洗顔は、ある程度炎症が落ち着いてから再開するようにしましょう。

酵素洗顔のあとには保湿をしっかりと!

酵素洗顔はつるりとした独特の気持ちよい洗い上がりが特徴ですが、洗浄力が強いので乾燥を招きやすい状態でもあります。洗顔後はお肌を放置せず、すみやかに保湿するようにしましょう。余分なものが取り去られたお肌は化粧水や美容液の浸透もよくなっています。

すかさずケアすることで、有効成分をしっかりとお肌に行き渡らせることができ、いつもの化粧水や美容液の効果もアップしますよ♪

酵素洗顔のサイクルに合わせて、パックやフェイスマスクなどのスペシャルケアを取り入れるのもおすすめです。ストレスケアもスキンケアの一環といえるので、週末にリラックスしながらゆっくりお肌のお手入れをする時間を作るのもよいですね。

酵素洗顔パウダーの選び方

酵素洗顔の中にも、さらにいくつかのタイプが存在することを知っていますか?それぞれのタイプによって向いている肌質や肌悩みがありますので、自分の目的に合った酵素洗顔パウダーを選ぶようにしましょう。

酵素洗顔パウダーにはこんなタイプがある

酵素洗顔には
・皮脂分解酵素が配合されているもの
・タンパク質分解酵素が配合されているもの
・上記の両方が配合されているもの

などがあります。

皮脂を分解する酵素にはリパーゼなど、タンパク質を分解する酵素にはプロテアーゼやプロメラインなどがあります。手に取った酵素洗顔パウダーにどのような酵素が使われているかをチェックし、目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

酵素洗顔パウダーを肌悩みに応じて選ぶ

皮脂が多めで脂浮きしやすい人やメイク崩れが気になる人は、リパーゼなどの皮脂分解酵素をメインに配合した酵素洗顔パウダーがおすすめです。毛穴の黒ずみ・つまりが気になる人にも皮脂分解酵素が向いているといえるでしょう。

お肌のくすみやニキビが気になる人やターンオーバーを正常にしたい人は、タンパク質分解酵素を配合したものを選びましょう。たとえば、パパイヤからとれるパパイン酵素などはプロテアーゼの一種で、この酵素は死んだ細胞だけを分解するため、角質などタンパク質のケアにぴったり♡

酵素洗顔パウダーを衛生面や使い勝手の好みで選ぶ

酵素洗顔パウダーには個包装タイプもあればまとめてボトルに入ったタイプもあります。新鮮さにこだわりたい人や衛生面が気になる人、一回の使用量に迷う人などは個包装タイプがおすすめです。個包装タイプなら旅行などにも持っていきやすいですよね。

毎回開封するのがめんどうな人や、個包装タイプの量では多すぎる・少なすぎるという人はボトルなどに入ったタイプがよいでしょう。ただし、酵素洗顔パウダーは水や湿気によって効果がどんどん落ちてきてしまうため、お風呂場に置いておくのはおすすめできません。湿気の少ない場所に保管し、開封したらすみやかに使い切るようにしましょう。

酵素洗顔パウダーの使い方

酵素洗顔は普段の洗顔に置き換えておこなうのが基本です。酵素洗顔パウダーは、水に触れた瞬間が最も効果を発揮しやすい洗顔料です。

また、洗浄力も高いため、使い方には少しコツがあります。酵素洗顔パウダーの使い方について順を追って説明していきます。

1.パウダーに水を加えて泡立てる

まず、顔を手をぬるま湯で十分に濡らすところからスタートです。酵素洗顔パウダーはほとんどのものが細かくサラサラとしたパウダーです。そのため、乾いた手にパウダーをとって水分を加えるよりも、あらかじめ濡らした手で扱うほうが粉飛びせずやりやすいです。

濡れた手に洗顔パウダーをとり、少しずつ水を含ませていきます。パウダーをのせたほうの手のひらをくぼませて、反対の手でくるくると円を描くようにして動かすとうまく泡立てることができます。泡立てるのがどうしても苦手という人は、泡立てネットなどを取り入れてみてください。泡立てネットを使えば簡単に細かい泡が作れるので、ぐっとやりやすくなりますよ♪

2.泡でマッサージするように洗う

十分に泡を作ることができたら、泡でマッサージをするように顔を洗っていきます。このとき、手で肌表面をこするのではなく、手と顔の間に泡をクッションにして挟むような気持でやさしく洗うのがコツです。

また、酵素洗顔パウダーは最初がもっとも洗浄力が高いので、Tゾーンや小鼻など、皮脂や汚れが気になるところから洗い始めるのがよいでしょう。逆に、乾燥しやすい部分は最後に泡をのせて、顔全体を洗うようにします。

3.やさしく洗い流す

顔全体を洗い終わったら、すみやかに洗い流すようにしましょう。このとき、熱いお湯や冷たい水ではなく、ぬるま湯で丁寧に洗い流すのがコツです。

お湯が熱すぎると皮脂を取りすぎてしまい乾燥の原因になりますし、水では洗浄剤がなかなか落ち切らないことがあります。36~38℃程度のお湯で、髪の生え際などもすすぎ残しがないようにしっかりと洗い流してください。

2.保湿ケアをしっかりとおこなう

すすぎを済ませてタオルでおさえるようにして水分を取り除いたら、すぐに保湿をするようにしましょう。酵素洗顔のあとはお肌の水分が失われやすくなっています。
すかさず化粧水や美容液を使うことで、お肌の乾燥を防ぎ、きれいになった角質の奥まで水分を届けることができます。このとき、パックやフェイスマスクなどのスペシャルケアを取り入れるとより効果的!

酵素洗顔でくすみのないつるつるのお肌に!

お肌の汚れを取り去ってつるつるにしてくれる、酵素洗顔についてご紹介しました。普段のお手入れの中に定期的に組み込むことで、くすみのない透き通るようなお肌に近づくことができるので、ぜひ試してみてください。

洗い上がりの感触はずっとさわっていたいくらいに心地よく、やみつきになりますよ♪
TOP