10年後に後悔しないために。20代から始めるエイジングケア

10年後に後悔しないために。20代から始めるエイジングケア

「エイジングケア」って、もっと大人がやるものでしょ?30歳になったら考えればいいや。 そう思っている20代のあなたへ。エイジングケアは、20代から始めても決して早すぎるということはありません。人生で一番いい状態である20代のお肌を長くキープするために、今から初めてのエイジングケアを始めませんか? 10年後のお肌を決めるのは、今かも!!
「エイジングケア」って、もっと大人がやるものでしょ?30歳になったら考えればいいや。
そう思っている20代のあなたへ。エイジングケアは、20代から始めても決して早すぎるということはありません。人生で一番いい状態である20代のお肌を長くキープするために、今から初めてのエイジングケアを始めませんか?
10年後のお肌を決めるのは、今かも!!

なぜ、20代でエイジングケアを始めるべきなの?

20代では、まだあまりお肌の悩みを感じない、という方も多いかもしれません。
それでも、じっくりお肌を観察すると10代のときには感じなかった肌の変化が見つかるかも。例えば、お風呂上がりになんとなく乾燥を感じやすくなった・そばかすや薄いシミを発見した・大人ニキビができるようになった…など、心当たりはありませんか?

それは、「お肌の曲がり角」に差し掛かっているサインなんです。
お肌は一般的に、25歳ごろがもっともいい状態にあると言われ、そこを過ぎると徐々に肌悩みが増えてきます。これが、人生一度目のお肌の曲がり角。今までのケアを見直したほうがいいタイミングです。
大人女子が、少しでも肌を若返らせるためにすると思われがちなエイジングケア。でも実は、一度悩みを抱えてしまった肌をスキンケアだけで蘇らせるのは至難の業!
お肌の曲がり角を見逃さず早めにエイジングケアを始めることで、悩みの少ない今のお肌を少しでも長くキープすることにつながります。

肌の老化原因別・20代のエイジングケア方法

20代のエイジングケアで意識するのは、「今まで気にしていなかったことを気にしてみる」こと。
気づかないうちに続けている習慣が、お肌の老化を進めているかもしれません…!今まで平気だったからといってそのままにしていると、5年後、10年後に泣くことになるかも…⁉

紫外線は徹底カット

お肌の老化の大きな原因といえば、紫外線。
日焼け止めは夏しか塗っていないという方もいるかも知れませんが、紫外線は一年中どんな天気の日でも降り注いでいるんです。

紫外線は、シミ・シワ・くすみなど本当に多くの肌悩みを引き起こします。
そのため、まずは毎日のUVケアをしっかり行うようにしましょう。日焼け止めは、顔はもちろん年齢の出やすい手や首にも塗るのがおすすめ。さらに、下地やリップなどのコスメもUVカット効果があるものを選んでみると、エイジングケアに繋がりますよ。

生活習慣も見直してみて

意外にも老化の原因となっているのが、毎日長い時間見ている方が多いスマホ。
特に、下を向いてスマホを見る習慣がある方は要注意!顔や首元のたるみにつながっています。なるべく前を向いてスマホを見たり、スマホを見る時間を減らしたりすることを意識しましょう。

また、寝る前にスマホを見ると深く眠りづらくなります。しっかり質の良い睡眠を取ることも立派なエイジングケアの一つ。20代のエイジングケアは、生活習慣から見直してみることも大切です。

結局一番の大敵は、乾燥

エイジングケアにおいてもっとも大切なことは、やっぱり保湿!
30歳くらいになると、皮脂の量が減り肌の保水力も徐々に落ちてきます。乾燥はすべての肌悩みの原因と言えるほど、お肌の大敵。20代の今のうちからしっかり保湿習慣を身に着けて、エイジングケアを始めましょう。
・クレンジング
メイクを落とさないで寝てしまうと、それだけでお肌は2週間分老化すると言われているのを知っていましたか?お仕事やお付き合いで忙しい20代でも、一日の終りには必ずきちんとメイクを落としてくださいね。
優しく落とせるオイルやクリームタイプのクレンジングで、汚れが残らないようしっかり落としましょう。ふき取りタイプは肌を擦ってダメージに繋がることがあるので、毎日使うのはおすすめしません。
・洗顔
きめ細かいたっぷりの泡で、優しくお顔を覆うように洗っていきます。ここでも気をつけるべきはこすらないこと!
こするとむしろ毛穴の奥に汚れが詰まりやすくなってしまうので注意しましょう。
洗い流すときはぬるま湯で。熱すぎるお湯で流すと、必要な皮脂まで流してしまい乾燥の原因になります。
・保湿
洗顔後は、時間をおかずすぐに化粧水をつけます。量はだいたい500円玉くらい。多すぎても過剰保湿に繋がり乾燥の元なので、自分に合った適量を覚えてくださいね。
パシャパシャつけるのではなく、手のひらに化粧水を出したら両手で顔を覆ってぎゅっとプレスしてあげてください。手の温かさで、肌に保湿成分が浸透しやすくなります。
化粧水が肌に馴染んだら、乳液または保湿クリームを薄く塗ってお肌に蓋をしましょう。

20代のエイジングケアコスメ、選び方

エイジングケアコスメというと、高いブランドのものをライン使いしなきゃいけないの…?というイメージがあるかもしれませんが、そうでもありません。
ドラッグストアで買えるプチプラコスメも侮れないんです。

エイジングケアコスメを選ぶとき、まずは成分をチェック!聞いたことあるけど実際どんな効果があるの?というエイジングケア成分をご紹介します。

コラーゲン…肌の奥(真皮)にある成分で、肌のハリを保つ。
ヒアルロン酸…水分をたくさん抱え込んで保ってくれる成分。年齢とともに減少。
セラミド…角質の間(細胞間脂質)に含まれる成分で、肌の保水力を高める。

悩みにピンポイントアプローチしてくれる成分

エイジングケアとして、スキンケアに美容液を取り入れる場合は、まずは成分をチェック。
お肌の悩みによって、ほしい成分を選びましょう。

・シワ、たるみ→レチノール
レチノールは、ビタミンAの一種でコラーゲンを増やしてくれる成分。特に目元のたるみなどに有効です。
たるみを放置することでシワにつながるので、放置はNG!早めにケアしましょう。
・シミ、そばかす→トラネキサム酸、ビタミンC誘導体
メラニンの生成をおさえ、シミやそばかすを予防してくれるこれらの成分。あくまで予防なので、こちらも早めに取り入れることが大切です。ちなみにビタミンCは食事で取り入れるのもOK!ビタミンCの多い果物や野菜を食べる習慣も、エイジングケアになりますよ。
エイジングケアは、いつ始めても「早すぎる」ということはありません。
20代からエイジングケアを意識することで、きっと10年後も後悔しない若々しい肌をキープできるはず!毎日ちょっとしたポイントから始められるので、ぜひ早めのエイジングケアを心がけてみてくださいね。
TOP