脂性肌は正しい洗顔回数を守って綺麗にしましょう♡ぴったりの洗顔の種類も

脂性肌は正しい洗顔回数を守って綺麗にしましょう♡ぴったりの洗顔の種類も

脂性肌の洗顔は、肌状態に合う洗顔料で、正しい回数を守ることが重要です! ただ洗顔をすればいいのではなく、基本に沿ったケアをすることで改善します。 今回は、脂性肌の正しい洗顔回数とおすすめの洗顔の種類についてお教えします。

脂性肌の正しい洗顔回数とは?朝夜の洗顔の役割も

脂性肌は皮脂の分泌量が多いのが悩みですが、1日に何度も洗顔するのはNG行為です。
洗顔のし過ぎはお肌に必要なうるおいまで奪ってしまって、逆に肌状態が悪化します。
ここからは、脂性肌の正しい洗顔回数と朝夜の洗顔の重要な役割についてお話しします!

朝と夜の合計2回

脂性肌の正しい洗顔回数は、朝1回、夜1回の1日合計2回が基本と覚えて下さい。
朝起きて直ぐの洗顔と、夜のメイク落としのときの洗顔で合計2回です。

洗顔のし過ぎは、お肌に必要なものまで洗い流してしまうのでやめましょうね。
もしこれを読んで今まで2回以上洗顔していた人は、今日から2回にすれば大丈夫です。

朝洗顔の役割

寝る前に洗顔しているのに、なぜ朝も洗顔をするの?と疑問を抱く人も少なくありません。
人は眠っている間も皮脂が分泌されていて、空気にさらされることで汚れていきます。
空気中の小さなゴミやほこりが、眠っている間に顔に付着していることがあるんです。

乳液やクリームが浸透せずに残っている場合もあり、朝洗顔で洗い流す必要があります!

夜洗顔の役割

夜の洗顔は女性ならメイクを落としますが、昼間についたゴミやほこりも流すためです。
朝洗顔と同様で、日中の空気にさらされて空気中に浮いているゴミが顔に付着します!

昼間は活動時間も長く、そのぶん汗や皮脂も大量に分泌されるため、洗顔が重要なんです。
疲れてそのまま眠ってしまう人がいますが、肌にとっては赤信号なのでNGですよ。

脂性肌の洗顔回数にぴったりな洗顔料の種類とは?

脂性肌に大切なのは洗顔回数だけでなく、肌に合う洗顔料なのかも重要です。
ただ洗えばいいだけでなく、皮脂や毛穴の汚れを落としてうるおいを残すことも目的。
ここからは、脂性肌の洗顔回数にぴったりな洗顔料の種類についてお話しします。

天然オイル

脂性肌の1日2回の洗顔回数がOKな洗顔料は、天然オイルの種類です。
洗浄力は保ちつつ、天然の植物や果実の力で汚れを落とすので、肌への負担が少ないです。
無添加で、お肌の刺激になるような余計な成分は一切入っていないものが天然オイルです♡

代表的なものとして、ホホバオイル、オリーブオイル、ココナッツオイルがあります。

天然固形石鹸

脂性肌の1日2回の洗顔回数を考慮しておすすめなのが、天然成分でできた固形石鹸です。
洗顔料の内容としては天然オイルと同じで、汚れはしっかり落として肌に優しいのが特徴。
添加物は一切配合しておらず、自然由来の成分と洗浄効果のある固形石鹸なんです。

最近は無添加の固形石鹸が非常に増えているので、ドラッグストアでも購入できますよ♡

ジェルクレンジング

脂性肌の洗顔回数を考慮して許容範囲内なのが、ジェルクレンジング洗顔です。
ジェルクレンジングは洗顔し過ぎはNGですが、1日2回までなら安心して使えます!

何より、脂性肌の汗や皮脂をすっきり除去して、洗いあがりがさっぱりでおすすめ。
毛穴の奥深くまで入り込んだ汚れも取れて、うるおいも守ってくれるアイテムですよ♡

脂性肌に合う洗顔料で正しい回数の洗顔をしましょう

脂性肌の正しい洗顔回数と、脂性肌に合うおすすめの洗顔料を紹介しました。
脂性肌の洗顔は、朝1回、夜1回の、1日合計2回までが正しい回数です!

皮脂やべたつきが気になるからといって、洗顔のし過ぎは肌の負担になるのでNG。
脂性肌の洗顔回数以外に、脂性肌に合う洗顔料を使うとより効果的ですよ。
TOP
無題ドキュメント