40代の美容の悩みは簡単エクササイズで解決できる

40代の美容の悩みは簡単エクササイズで解決できる

溜まった疲れが抜けなくなった40代でも、メイクで何とかごまかすことができるものです。でも、どんなにメイクが上手になっても隠せないのが、ふとした時に出る表情です。暗い表情では第一印象が悪くなり、その後の長い人間関係にも影響を及ぼすことになりかねません。人当たりで重要なのは、いつも微笑みを浮かべているような柔らかい印象ではないでしょうか。優しい目元とキュッと上がった口元は、40代以降は日々の小さな努力で手に入れることができます。

40代 から気になる美容の悩みは?


溜まった疲れが抜けなくなった40代でも、メイクで何とかごまかすことができるものです。でも、どんなにメイクが上手になっても隠せないのが、ふとした時に出る表情です。暗い表情では第一印象が悪くなり、その後の長い人間関係にも影響を及ぼすことになりかねません。人当たりで重要なのは、いつも微笑みを浮かべているような柔らかい印象ではないでしょうか。

優しい目元とキュッと上がった口元は、40代以降は日々の小さな努力で手に入れることができます。

40代はまず巡りを良くしよう

40代の美容の悩みは、顔周りの巡りを良くすることから始めましょう。疲れは体だけではなく顔にも出てくるので、顔に溜まった老廃物がスムーズに排出されるようにすることが必要です。また、老廃物はリンパに乗って排出されるので、リンパの流れを良くすることがポイントです。

顔の老廃物は首を通って鎖骨のリンパに流れ込む仕組みになっており、この部分の詰まりを取ってあげます。鎖骨のくぼみに指2~3本を当て、イタ気持ちいい程度にグリグリをマッサージし、耳から下の首ラインを手のひらでさすって流してあげましょう。

肩こりが気になる人は、一緒に肩もみもすると効果的です。そして、耳の前側と後ろ側を、中指と薬指で挟むようにして上下に擦ってほぐし、こめかみをグーにした拳でグリグリとマッサージします。また、耳を掴んでグルグル回りしたり、上下に引っ張ったりするのも効果があります。耳には小さな面積の中にたくさんのツボがあるので、刺激をすると血液や水分の巡りがスムーズになって、表情をパッと明るくすることができます。

巡りが悪くなる40代は顔のむくみが目立つようにもなりますが、マッサージをすることでむくみが取れて、小顔に近づくことができます。

マッサージは、お風呂上がりにボディクリームをつけた続きで行うと、毎日のルーティンになるのでオススメです。同じく、シャンプー後のタオルドライは、タオルの上から軽く頭皮を掴むようにしながら拭くと、程よい刺激が加わって頭皮マッサージにもなります。短時間でも行うと、終了後は顔が軽くなったと感じられるはずです。

40代のための美容エクササイズ


コロナウィルスの影響でマスクが欠かせなくなった昨今ですが、マスクの中なら口元のエクササイズが手軽にできてしまいます。マスクで隠れていると、緊張感がなくなって筋肉はどんどん落ちてしまうので、口元には注意が必要です。

でも、気付いた時に「ウイスキー」というだけで、口角を挙げる筋肉を鍛えることができます。「ウ」の形で口をすぼめ、「イ」で口角を一気に上げましょう。そして、「ス」で再度口をすぼめて、最後の「キー」では口角だけでなく、目も頭皮も上がっていくイメージを作ります。顔全体の筋肉を動かすことになり、この「ウイスキー」エクササイズはとても高い効果が期待できます。「イ」と「キー」の時には、上の歯が唇から出るくらい思い切って口角をあげるようにしましょう。

疲れている時には「ウ」と「イ」を繰り返すだけでも良いのです。表情筋がすっかり凝り固まってしまう前に、毎日ルーティンにしてしまえばOKです。習慣づけられれば、マスクを取った時に素敵な笑顔がすぐに出てきます。

口角を上げているのは、「口角挙筋」といって口角から小鼻の横につながっている部分です。そのため、口角挙筋が緩むと口角はたちまち下がり、マリオネットラインが出来上がってしまいます。これを防ぐのにもオススメのエクササイズがあります。軽く閉じた唇の上下を歯の間に巻き込み、巻き込んだまま口角をキュッと引き上げます。もっとも引きあがったところで5秒程度キープし、ゆっくりと元の状態に戻します。何度か繰り返すと、口の周りがポカポカとして筋肉を使っていることに気づくはずです。

また、口角が下がるのは、口角を下げる筋肉「口角下制筋」の働きが強すぎることも原因です。つまり、この筋肉をほぐしてあげれば良いのです。「口角下制筋」は口角から顎にかけてついています。片手の親指と人差し指・中指が左右の口角下制筋に当たるようにし、グリグリとマッサージしてあげましょう。

もう一つ、口角を下げてしまう「広頚筋」をリラックスさせると効果的です。広頚筋は顎の口角下制筋からデコルテにつながる薄い膜でできています。こちらのエクササイズは、手のひらを反対側の鎖骨の下に当て、当てた側の首の筋肉がストレッチされるように頭を斜め後ろに倒す、というものです。

40代はうがいにも手を抜かない


うがいは、帰宅後や歯磨きの後など、日に何度も行います。そこで、うがいもさり気なくエクササイズにしてしまえば、知らない間に口角を引き上げることができます。基本は、口に水を含んだら、今までよりも長めにブクブクするだけです。まずは左の頬だけをブクブクさせ、次に右の頬、その次は上の唇と歯茎の間といった具合に、口の中で1周させましょう。これで、手軽に口周りの筋肉をほぐすことができます。
TOP
無題ドキュメント