冬も紫外線対策をしないと危険!後悔する前にしっかり対策しよう

冬も紫外線対策をしないと危険!後悔する前にしっかり対策しよう

冬は夏よりも気温が低く、日差しも弱いため紫外線対策をしない方もいます。しかし、冬もしっかりと紫外線対策をしないと、日焼けをしますし肌にも悪影響なのです。 確かに冬に長時間外にいても、真っ黒に日焼けするということは少ないでしょう。しかし冬の紫外線は夏とは違います。夏のように真っ黒に日焼けすることはなくても、確実に肌にダメージを与えているのです。

冬も紫外線対策が必要


冬は夏よりも気温が低く、日差しも弱いため紫外線対策をしない方もいます。しかし、冬もしっかりと紫外線対策をしないと、日焼けをしますし肌にも悪影響なのです。

確かに冬に長時間外にいても、真っ黒に日焼けするということは少ないでしょう。しかし冬の紫外線は夏とは違います。夏のように真っ黒に日焼けすることはなくても、確実に肌にダメージを与えているのです。なぜ冬は真っ黒に日焼けしないのか、目に見えたダメージがなくても肌に悪いのかというと、夏と冬は紫外線の種類が違います。

夏と冬は紫外線の種類が違う

夏と冬で日焼けの仕方に違いがある理由は、紫外線の種類が変わるからです。紫外線には「UVA」と「UVB」があります。夏はUVBが多く降り注いでおり、肌を赤く焼くのはこのUVBのせいです。冬はUVBの量が少ないので、夏と違い外に長時間出ていても日焼けすることが少なくなります。

冬、問題となるのはUVAの方です。UVAは夏も冬も降り注いでいます。UVAはUVBと違い、肌を日焼けさせるなど目に見えてわかるような強い効果はありません。目に見えた変化がないからと言ってUVAを浴び続けてしまうと、後でシミやシワとなって現れるというのがUVAなのです。

UVAはだんだんと肌にダメージを与えて、それが積み重なっていくことでシミやシワとなって現れます。そして冬のUVAは、夏よりも量は少ないとはいえ、窓ガラスや雲を通り抜けてしまうのです。そのため、室内にいても紫外線ダメージを受けやすく、冬だからちょっとくらい日焼け止めを塗らなくてもいいだろう、室内だから気にしない、と気を抜いてしまうと、今は大丈夫でも数年後にシミやシワとなってしまいます。
このように夏はもちろん、冬もしっかりと紫外線対策を行わないと、肌トラブルの原因となりますので気を付けましょう。

夏の海だけじゃない!冬に紫外線を受けやすい場所


日焼けをしやすい場所と言えば、夏の海水浴場など暑くて日陰の少ない場所を思い浮かべるでしょう。冬に夏の海水浴場ほど、暑くて日影が少ない場所を思い浮かべるのは難しいかもしれません。そのため、冬は外にいてもそれほど日焼けを意識することがないでしょう。

しかし冬だからこそ、気を付けないといけない場所があります。それがスキー場です。スキー場は一面が雪となっています。雪の白い色は紫外線を反射しやすく、空から降り注ぐ紫外線と反射による紫外線のどちらからも肌ダメージを受けてしまうのです。スキー場でゴーグル焼けをしている人を見たことがある方も多いでしょうが、これらのことが原因というわけです。

スキー場はスキーやスノーボードを楽しむために、障害物や木などが全くない場所が多いため、余計に紫外線を受けやすくなります。ウィンタースポーツは冬の楽しみの1つですが、必ず紫外線対策をしっかりして楽しみましょう。

もちろん、冬でも海や山、ゴルフやキャンプなど、外で長時間過ごす場合は、夏と同じように日焼け止めをしっかりと塗る、肌をできるだけ隠すなどの対策を忘れずにしてください。

おすすめの対策方法


冬も夏と同じようにしっかりと日焼け止めを塗る習慣を付けましょう。帽子やストールで肌をできるだけ日光にさらさないのも効果的です。

さらに冬は乾燥しやすい季節となります。肌が乾燥してしまうと、紫外線の影響を受けやすくなってしまうのです。そのため、保湿をしっかりするというのが、冬の紫外線対策ではとても大切となります。

生活習慣を整えよう

日焼け止めをしっかりと塗る、帽子やストールで肌を隠す以外にも、できる紫外線対策はあります。

例えばビタミンCを意識して摂取すると、メラニン色素の生成を抑える効果があるのです。もちろんビタミンCだけ摂取すればいいというわけではありません。バランスの良い食生活を送ることで、より美肌に近づけるようになります。

そして睡眠もしっかりとるようにしましょう。「寝不足はお肌の敵」とよく言いますが、その通りなのです。成長ホルモンは眠っている間に分泌されます。肌を生まれ変わらせる働きがあるので、睡眠不足になると肌に蓄積された紫外線ダメージを改善することができなくなってしまうのです。できる限りでいいので、質の良い睡眠をたくさんとるようにしましょう。

紫外線はメリットもある


ここまで読むと、とにかく紫外線は悪い物というイメージが強く感じるでしょう。紫外線は日焼けや肌トラブル、シミ、シワなどの原因になるので、長時間浴びることは避けた方がいいです。しかし、紫外線にはメリットもあります。

人の身体はビタミンDが不足してしまうと「くる病」という病気になってしまうのです。このビタミンDの生成を促す働きが紫外線にはあります。紫外線の全てが悪いというわけではなく、きちんとメリットもあるのです。

しかし太陽光に10分程度、手だけ、足だけなど身体の一部を当てるだけで、ビタミンDの生成は十分とされています。紫外線対策をしっかりした方がメリットはたくさんありますので、気にせずに対策はしてください。
TOP