いまさら聞けないスキンケア。美肌の基本をアップデート!

いまさら聞けないスキンケア。美肌の基本をアップデート!

ツヤと潤いに満ち溢れた「透き通るような美肌」は女性の永遠のテーマです。 最近では素晴らしいメイクアイテムやテクニックも次々と登場しており、美肌を「演出する」ことも不可能ではありません。 一方で、一番大切なことは素肌自体から綺麗になること! そのためのポイントをご紹介します。
ツヤと潤いに満ち溢れた「透き通るような美肌」は女性の永遠のテーマです。

最近では素晴らしいメイクアイテムやテクニックも次々と登場しており、美肌を「演出する」ことも不可能ではありません。一方で、一番大切なことは素肌自体から綺麗になること!そのためのポイントをご紹介します。

スキンケアの基本、3ステップをおさらい


きれいな肌を手に入れるためには、「毎日のスキンケア」が基本です。ですが、できていると思っていても実は間違った方法や間違った理解をしているのが多いのが現実。基本となる部分から、しっかりと理解し、実践することが最も重要です。

ステップ-1「落とす」

まずは「洗顔」です。
メイク、汚れ、角質など落とさなければならない汚れは、適した落とし方があります。まずはメイク、その次に汚れをおとすようにしてください。

ここで気をつけていただきたいことは、ゴシゴシ擦らないということ。きれいな肌にするのが目的なのに、肌にダメージを与えてしまっては元も子もありません。洗顔剤をしっかりと泡立て、ふんわり泡でやさしく洗い流すようにしましょう。

ステップ-2 水分補給

汚れが落とせたら、次は水分補給です。
肌にもっとも大敵なのが「乾燥」。洗顔後の肌と毛穴にたっぷりの化粧水で水分を補給してあげてください。

ここでポイントとなるのが、可能な限りコットンを使うこと。手でなじませるのも悪くはありませんが、化粧水を毛穴にまで深く浸透させようと強くパッティングしてしまう人がいます。肌にダメージを与える要因になるので、長くじっくり補給できるようコットンを使うことをおススメします。

ステップ-3 油分補給

水分がきっちりと補給できたら、次は「保湿」です。洗顔後の肌には油分がほとんどありません。

ところが、顔の油は、じつは非常に大切な役割を持っています。「肌表面からの水分蒸発防止」「外気や紫外線からの保護」など。

そのため、せっかく補給した水分が蒸発しないためにも、乳液や保湿クリームでしっかりカバーしてあげてください。目元、口元などのよく動かす場所や皮膚が薄い場所は専用のモノもあります。

肌質別スキンケアのポイント


ここまでは、全員に共通するような基本的なスキンケアになります。ですが、お肌も性格や血液型と同じように、人それぞれ個性や特徴があります。

ここからはお肌のタイプ別のスキンケアのポイントを見ていきましょう。

乾燥肌

普段から肌がカサカサしているという「乾燥肌」の方は、お肌の水分量が不足しがちです。これはお肌の油分が少ないために肌の表面から水分がつねに蒸発しやすいから。

そのため、乾燥肌の方は肌にしっかりと水分を吸収させたあとに、乳液や保湿クリームでしっかり蓋をしてください。水分補給前には、ブースターを使うのも有効です。

オイリー肌

油分も水分も多いので一見良いようにも思われますが、その分肌がべたつきやすく汚れが溜まりやすいのがポイントです。ニキビなどに悩むのがこのタイプ。

しっかりと余分な油分と汚れを落とすために、薬用の洗顔料が最適です。水分補給後の乳液などは余りつけすぎないようにし、種類も比較的サラッとしたものを選ぶと良いでしょう。

混合肌

乾燥肌とオイリー肌が一緒に混在しているのがこのタイプ。そのため、部分部分で適したケアが必要になります。

基本的には、スキンケアの基本はほかの肌同様「落とす」「補給する」「守る」であることには変わりはありません。まずは油分の多くなる部分からしっかり洗顔し、最後は乾燥しやすい部分をしっかり保湿するようにしましょう。

敏感肌

少し特殊なのがこのタイプ。肌がいろいろな外部からの刺激に敏感に反応してしまい、肌の抵抗感がおちたり、過剰に反応して炎症をおこしたりします。そのため、使用する化粧品やスキンケア商品も肌に合ったものを選んであ上げてください。

低刺激性のものやバリア機能(保湿効果)が高いものを選びましょう。肌に合うものが見つかった際にはラインで使用する(同一ブランドで揃える)のも良いでしょう。

プラスしたい、美肌スキンケア習慣


美肌のためのスキンケアは理解してもらえたでしょうか?ただ、あくまでこれは毎日のケアの部分になるため、美肌のためにはまだプラスした方が良いことがあります。ここからは、プラスした方が良い部分について見ていきましょう。

紫外線対策

紫外線は肌の老化を早めたり、肌の乾燥につながる原因になります。そのため、外出する際にはしっかりと日焼け対策をしておきましょう。

使用する日焼け止めの強さやそのときのシーンにもよりますが、日焼け止めは汗や水に弱いため2~3時間ごとに塗り直しが必要です。そのつど化粧直しをするのも大変なため、外によく行かれる方は化粧品はUVカット成分を含んだものにするのも効果的です。

食事

美肌の元となる「細胞」は毎日の食事(栄養)と水分から作られます。そのため、バランスよくそれらを摂取することが重要です。

栄養はサプリメントで簡単に補給する事も出来ますが、基本的には日々の食事からしっかりと摂取するようにしましょう。体の外側のケアだけでなく「体の内側からのケア」をしっかりと意識するようにしてください。

睡眠

「睡眠」は美肌にはもっとも重要な要素です。睡眠のゴールデンタイムと言われるように肌は寝ている時間に古いものから新しいものに作りかえられます。そのためその時間いかに質の高い睡眠を取るかが非常に重要です。

特に睡眠不足は目元に非常に顕著に現れますので、目元のくまが気になる方は、まず毎日の睡眠を見直すことから始めてみてください。

刺激を避ける

美肌を保つためには、肌への過剰な刺激をさけるようにしましょう。特にアレルギー体質の方や、敏感肌の方は気をつけてください。

水仕事が多い方なども洗剤などによる手荒れがひどくなりやすいため、しっかりとケアをするようにしましょう。水仕事前に付けるプロテクトクリームなどもあるため、作業前、作業後両方のケアを意識してみてください。

「美肌の基本」をおさえて、ツルスベ美肌を手に入れましょう。


いかがでしたでしょうか?美肌を手に入れるための「基本」はわかりましたか?スキンケアの基本も大切ですが、内側から美肌を作るための知識や肌にダメージを与えない知識も美肌のための「基本」になります。基本をおさえてツルスベ素肌を手に入れましょう。

TOP