マスクをつけた際のメイク汚れとは?化粧落としに最適な方法について

マスクをつけた際のメイク汚れとは?化粧落としに最適な方法について

使い捨てマスクを使っていたとしても、メイク汚れがついたものを一日使い続けるのは抵抗がある方も多いのではないでしょうか。 ただ、その都度マスクを取り替えていては、マスクがなかなか手に入らない状況もあって勿体ないです。 今回は、マスクのメイク汚れによるお悩みについて紹介をしましょう。
使い捨てマスクを使っていたとしても、メイク汚れがついたものを一日使い続けるのは抵抗がある方も多いのではないでしょうか。

ただ、その都度マスクを取り替えていては、マスクがなかなか手に入らない状況もあって勿体ないです。
今回は、マスクのメイク汚れによるお悩みについて紹介をしましょう。

マスクメイクの注意点である汚れについて


マスクのメイク汚れにはどんなものがあるのでしょうか。
こちらでは、メイク汚れとしてありがちなものについて見ていきましょう。

ファンデーション

マスクにつくメイク汚れとして定番なもの、それがファンデーションです。
肌と密着していることもあって、ファンデーションをつけずにマスクを使うのは不可能に等しいでしょう。

そのため、マスクを着用していると内側が肌色になっていることも珍しくありません。

口紅・リップ

口紅やリップもマスクにつきやすいものです。

マスクをつけている時はマットな仕上がりにしている人が多いですが、それでもマスクにつかないということはないでしょう。
滅多なことでは外側から口紅が目立つことはありません。

ただ、ファンデーション同様に通常の洗い方では落ちにくい特徴もあるのです。
そのため、メイク汚れを落とす際には若干苦労刷る傾向があります。

汗や皮脂

マスクをつけているとどうしても汗をかいてしまい、皮脂の分泌を促進してしまいます。
その結果、マスク内に雑菌が繁殖しやすいようになってしまうのです。

これらを放置していると衛生的にも良くないので、しっかりと洗って雑菌を落としましょう。

どうすればマスクメイクの汚れを落とせる?


マスクについたメイク汚れはどうやって落とせばいいのかと悩む人もいるでしょう。

マスクはデリケートなものなので洗濯機で洗うとよれよれになってしまいます。
メイク汚れは落とせてもマスクとしてボロボロになってしまう可能性もあるのです。

こちらでは、マスクについたメイク汚れの落とし方などについて見ていきましょう。

中性洗剤を使う

マスクを洗う際には酸性やアルカリ性の洗剤ではなく「中性洗剤」を使いましょう。
なぜ中性洗剤がいいのかと言えば、メイク汚れには油分が含まれているからです。
中性洗剤は油分も落としてくれるので、マスクにメイク汚れを残さずに済みます。

口紅などピンポイント洗濯をしたい時は、固形石鹸や重層を塗りこんで、しばらく置いておきましょう。

大抵の場合はこれで落ちますが、それでも落ちなかった場合はメイク落とし用のオイルなども活用してください。

手洗いの方がいい

先述したようにマスクは洗濯機で洗うのではなく、手洗いで洗ってください。

洗濯機の勢いが強すぎることでマスクがよれよれになってしまうこと、乾かした時に縮んでしまっているなどさまざまなデメリットがあります。
これらを防ぐためには、手洗いの方がいいのです。

ベビーパウダーを活用する

メイク汚れの落とし方ではありませんが、ベビーパウダーをマスクの鼻部分に塗ってつけると余分な皮脂を吸い取ってくれるので、マスクのメイク汚れを軽減できます。

摩擦によってメイク崩れやマスクのメイク汚れが起こりますが、事前にベビーパウダーを使うだけである程度抑えられるので前向きに検討しましょう。

マスクメイクの汚れはしっかりポイントを踏まえて対応しよう


マスクはメイク汚れに悩まされることが多いです。

使い捨てマスクが主流ではありますが、新型コロナウイルスの影響から布マスクを使う人も増えています。
布マスクを使う以上、しっかり洗わないとメイク汚れだけではなく雑菌などもそのままにしてしまう可能性があるのです。

そうならないためにも、しっかりポイントを抑えた洗い方をマスターしておきましょう。

TOP