冬でも油断大敵!紫外線対策はどうすればよい?

冬でも油断大敵!紫外線対策はどうすればよい?

夏は日差しが強くなるので、紫外線対策に気を使う人が多くなります。しかし日差しが弱くなる冬でも、紫外線は降り注いでいることはご存知でしょうか?冬の紫外線は夏に比べると少なくなるため、夏と同じような日焼け止め対策をする必要はありません。しかし、紫外線がゼロになるというわけでもありません。日差しが弱いからといって油断していると少しずつ肌の老化が進み、シミやくすみ、たるみなどのトラブルが起こりやすくなります。

日差しが弱くても紫外線は降り注いでいる


夏は日差しが強くなるので、紫外線対策に気を使う人が多くなります。しかし日差しが弱くなる冬でも、紫外線は降り注いでいることはご存知でしょうか?

冬の紫外線は夏に比べると少なくなるため、夏と同じような日焼け止め対策をする必要はありません。しかし、紫外線がゼロになるというわけでもありません。日差しが弱いからといって油断していると少しずつ肌の老化が進み、シミやくすみ、たるみなどのトラブルが起こりやすくなります。

冬の紫外線の特徴

紫外線にはUVAとUVBという2つの種類があります。このうち、私達が紫外線としてよく知っているのはUVBです。UVBは肌を日焼けさせたり、シミやそばかすを作る原因となるもので、肌の浅い部分にダメージを与えるという特徴があります。ちなみに、UVB量は紫外線が強くなる春から夏にかけて多くなります。

一方、UVAは肌を日焼けさせたり、シミを作るという性質はありません。しかし、日焼けをすることだけが肌のダメージではありません。UVAは肌の表面に近い部分ではなく、肌の深部にダメージを与えるという特徴があります。具体的には、肌の弾力性を低下させたり、シワの原因をつくったりします。

UVAの紫外線量もUVBと同じように、紫外線が強い春から夏にかけて多くなりますが、冬でも紫外線量はUVAほど減りません。冬のUVA量はUVBの2倍以上もあります。そのため、しっかり対策をしないとUVAによるダメージを受けてしまいます。

冬の紫外線対策が必要なのはどんな人?

冬には肌で感じる紫外線の量が少なくなるため、紫外線対策を全くしないという人は多いでしょう。日焼け対策という点では、冬は必要ないかもしれません。しかし、太陽の光を浴びる人なら日焼け対策ではなく、紫外線対策をきちんとすることが肌をダメージから守ることにつながります。

冬でも太陽の光を浴びる人なら、紫外線対策を心がけたほうが良いでしょう。中でも、昼間に車を運転することが多い人や窓際で太陽の光に当たることが多い人は、ガラス越しに降り注ぐUVAによって肌がダメージを受けるリスクがあるので注意してください。

また家の中だからと言って、完全にすっぴんでいることは紫外線対策という点では理想的ではありません。夏の日焼け対策ほど力を入れる必要はありませんが、紫外線予防成分が入った化粧下地やファンデーションを使うことで、肌が受けるダメージを回避できます。

アウトドアは紫外線ダメージが大きい

冬のアウトドアと言えば、スキーやスノーボードなど、白く輝く美しい雪景色を楽しめるウィンタースポーツがあります。雪は紫外線を反射する性質があるため、きちんと対策をしないと肌に大きなダメージを与えてしまいます。特にウィンタースポーツの場合には、上から降り注ぐ太陽の光に含まれている紫外線に加え、雪に反射して下から照り付ける紫外線によるダメージもあります。肌が受けるダメージはダブルなので要注意です。

ウィンタースポーツをしなくても積雪が多い地域で生活する人は、普段の生活の中でもしっかりと紫外線対策をしたほうが良いでしょう。

冬はどんな紫外線対策をすれば良い?


紫外線対策とは、紫外線によるダメージを受けないための対策です。夏に多く販売される対策商品には紫外線対策商品もありますが、主に日焼け対策、つまりUVB対策の商品が一般的です。UVBだけでなくUVAもブロックできるアイテムなら、夏に使ったアイテムをそのまま継続して冬に使っても問題はありません。しかし、UVAをブロックしないアイテムだと使っても意味がなくなってしまいます。

冬におすすめの紫外線対策は、夏と同じようにファンデーションやファンデーションの下地に含まれている紫外線対策成分を活用するという方法です。SPFはそれほど高い必要はなく、雪が降らない地域ならSPF15から20ぐらいでも十分でしょう。しかし、ウィンタースポーツをする人や積雪が多い地域で生活する人は、SPFはもう少し高い方が対策としては安心です。

家でもメイクをしたほうが良い?


家でくつろぐときに、紫外線対策でメイクをするのは嫌だという人は少なくありません。家にいる時ぐらいはすっぴんでいたいし、メイクによる肌への負担を軽減したいという人もいるでしょう。冬の紫外線対策は家の中でメイクをすることが大切ということではなく、ガラス越しに降り注ぐ紫外線の影響を受けないことが大切なのです。そのためメイクをしたくない人は、室内の生活環境を工夫することで紫外線をブロックしてはいかがでしょうか。

例えば、カーテンはUV加工されたものを選ぶのも良いでしょう。遮光カーテンを使うと室内が真っ暗になってしまいますが、UV加工されたものなら光を取り込むことはできても紫外線をブロックできるので、紫外線対策という点ではおすすめです。

寒い冬には窓の近くで日光浴をするのが気持ちよいものです。しかし、紫外線は窓ガラスを通過するため、窓辺でお昼寝をしたり、窓際に座ってのんびりしたりするというのは、紫外線対策としてはNGです。
TOP