冬の化粧崩れがひどいのは乾燥が原因?3つのポイントを押さえて予防しよう

冬の化粧崩れがひどいのは乾燥が原因?3つのポイントを押さえて予防しよう

冬の季節になると、化粧崩れがひどいと感じませんか? すぐに化粧が崩れてしまい、化粧直しを何度も繰り返すようなことに。 これは、乾燥が原因で起こることなんです。 お肌の乾燥を防ぐ方法を知って、潤い肌を手に入れましょう。

乾燥を防ぐスペシャルケアをしよう

お肌の乾燥に大事なケアは、保湿ケアです。
スキンケアのときに化粧水やクリームなどで保湿ケアをしていると思いますが、さらにスペシャルケアも取り入れることがおすすめ。
いつもと違うスペシャルケアについて、みていきましょう。

美容液やシートマスク

冬の乾燥時期は、いつものスキンケアも怠らずに行うことが大事です。
化粧水でたっぷり水分を与え、乳液やクリームの油分で蓋をします。
乾燥がとても気になる場合は、美容液やシートマスクを使ってスペシャルケアをしましょう。

保湿効果が高い美容液やシートマスクを選んで、乾燥対策をします。
潤いの浸透力が違うので、乾燥時期は特に取り入れたいですね。

メイク前にナイトクリーム

夜寝る前のスキンケアのときに、ナイトクリームを取り入れるのも効果的です。
ナイトクリームは、油分が多いので保湿効果が高まります。
全体でもいいですが、乾燥がひどい場所だけに塗ってもOK。

ナイトクリームを塗るときは、あまりべったり厚塗りにせず薄く塗る程度でかまいません。
夜のスペシャルケアとして、ナイトクリームはおすすめです。

メイク後に化粧水スプレー

冬場だけに限ったことではありませんが、メイクをしっかり密着させるためにメイク後に化粧水スプレーを使うと化粧崩れがしにくくなります。
メイク直しのときは、特に効果が感じられるはず。
粉を何かになじませようとした場合、少し水を加えるとなじみますよね?

ファンデーションが肌に密着するため、化粧水スプレーを使うと化粧崩れがしにくくなります。

メイク崩れを防ぐ技

メイク崩れを防ぐためには、メイクの仕方を変えるだけでも効果があります。
いつものメイク方法を見直して、メイク崩れしにくいコツを知ることが大事。
ちょっとしたポイントをおさえて、ひどいメイク崩れを食い止めましょう。

急いでメイクをしない

朝のメイクは、時間との勝負!そんな人は、少しだけ早起きしてみましょう。
メイク崩れを防ぐためには、急いでメイクをしてはいけません。
1つ1つ間隔をおいてメイクするだけで、化粧崩れが違います。

スキンケア、下地、ファンデーションそれぞれ3~5分ほど間隔を空けてください。
それだけで、肌へのなじみ方が変わってきます。

崩れやすいところは薄塗り

洋服などが当たって化粧が崩れてしまうような場所は、薄塗りを心掛けてください。
化粧崩れしやすいからと言って、厚塗りにしてしまうのは逆効果。
メイクが崩れやすい原因は、ファンデーションの厚塗りも1つなんです。

ベースメイクは、薄塗りに抑えておくことで化粧崩れが違います。
メイクが終わったら、ハンドプレスで軽く押さえると肌になじむので、崩れにくくなりますよ。

保湿は忘れずに

化粧崩れが起きやすいのは、皮脂が分泌されている場所です。
冬場で乾燥がひどいからと言っても、鼻の周辺やおでこなどは皮脂が分泌されます。
乾燥していないから保湿しなくていいと、何もケアしていなければ化粧崩れの原因になるんです。

保湿ケアは、一年中きちんと行う必要があります。
テカリがあるところも必ず、保湿ケアを行いましょう。

お直しメイクは正しく

化粧崩れがひどい場合、メイク直しも困難ですよね。
直しても直しても崩れてしまうなんてことも、よくあります。
オフィスやデートの合間にメイクを直したい人は、正しいメイク直しの方法を取り入れましょう。

ミスト化粧水を持ち歩こう

メイクの後のミスト化粧水は効果があります。
そのため、普段から携帯用のミスト化粧水を持ち歩くようにしましょう。
メイク直しだけでなく、なんとなく乾燥していると感じたときにするだけで、肌の乾燥が抑えられます。

ミスト化粧水を選ぶときは、保湿成分が多く含まれているタイプを選ぶのがコツ。
顔だけでなく、手や足など気になるところに使ってもOKです。

崩れたメイクをスポンジになじませる

メイク直しをするとき、一旦スポンジでメイクをなじませてからファンデーションを塗ると、キレイにメイク直しができます。
女性の中には、いきなりファンデーションを重ね塗りしてしまう人もいますよね。
これだと、ファンデーションが厚塗りになってしまい、余計化粧崩れがしやすくなってしまいます。

メイク直し用にスポンジを持ち歩いて、直す前にファンデーションをなじませるようにしましょう。

バームで保湿する

特に乾燥がひどく、化粧崩れもひどい場所にはバームで保湿をしてあげましょう。
油分が多いバームを薄めに塗ったあと、ファンデーションを塗ることでカサカサした化粧崩れを直すことができるんです。
持ち運びしやすい固形バームなら、化粧ポーチの中に入れておけますよね。

化粧水だけではカバーできないひどい乾燥部分には、化粧直しでも保湿ケアをしてくださいね。

嫌な乾燥を防いで潤い肌を取り戻そう

乾燥がひどい冬場は、気づいたら化粧がボロボロなんてこともありますよね。
ちょっとしたコツさえ覚えておけば、いやな化粧崩れも食い止めることができます。
少しだけいつものスキンケアやメイクに時間を掛けて、冬でも潤いプルプルの肌を目指しましょう。
TOP