ハトムギ化粧水の効果とは?体のどの部位に使えるのかをご紹介

ハトムギ化粧水の効果とは?体のどの部位に使えるのかをご紹介

ハトムギ化粧水といえば、イネ科の植物であるハトムギを配合した化粧水で、非常に人気が高くて有名なスキンケアグッズです。 肌に優しいだけでなく、コスパが高く、幅広い年齢層の女性から愛されています。 今回は、ハトムギ化粧水の効果と、使用できる体の部位をご紹介します。
ハトムギ化粧水といえば、イネ科の植物であるハトムギを配合した化粧水で、非常に人気が高くて有名なスキンケアグッズです。
肌に優しいだけでなく、コスパが高く、幅広い年齢層の女性から愛されています。

今回は、ハトムギ化粧水の効果と、使用できる体の部位をご紹介します。

ハトムギ化粧水の効果

まずは、ハトムギ化粧水が持つ効果についてご紹介します。
ハトムギ化粧水は肌にどのようなプラスの効果をもたらしてくれるのかを、今一度再確認しましょう。

シミやくすみ、毛穴の黒ずみのケア

ハトムギ化粧水には、ビタミンB群が配合されています。
古い角質の除去効果やニキビの後のケアへの期待大!

また、化粧水内のクエン酸でピーリング効果も期待できるので、小鼻の黒づみや角質による肌のごわつきにも効果が期待できます。

肌の乾燥防止

ハトムギ化粧水の成分は、しっかりと角質層に浸透するので、乾燥対策にぴったりです。
大容量で販売されているので、気持ちよく使えるのも◎

乾燥が気になる時期だけでなく、通年使用できる使い心地の良さもハトムギ化粧水ならではの特徴です。

肌荒れのケア

ハトムギ化粧水は、天然成分が豊富に含まれていて低刺激です。
ニキビなど肌が炎症を起こしている場所にも、安心して使用できます。

肌が炎症をおこしている箇所にハトムギ化粧水を使用すると、肌を健やかな状態に導いてくれる効果を得られやすくなりますよ。

ハトムギ化粧水が使える体の部位

ハトムギ化粧水は、体のどの部位に使用できるのでしょうか?
低刺激で肌の状態を健康に導いてくれる機能を持っているからこそ、いろいろな場所に使用したいですよね。
使用可能な部位を把握して、ハトムギ化粧水でケアしましょう。

全身に使用できる

ハトムギ化粧水は、全身に使用可能です。
かさつきが気になる部位だけでなく、若々しいお肌の状態をキープしたい首筋や手などにも日々のケアグッズとして使用しましょう。
けがをしている箇所やデリケートな場所などには使用を控えると、マイナートラブルが回避できますよ。

寝ぐせ直しに髪にも使える

ハトムギ化粧水は、髪の毛にも使用できます。
寝ぐせ直しとしてだけでなく、髪のパサつきが気になる箇所への使用も可能。

肌だけでなく髪にもうるおいを与える効果が期待できるので、肌と同時に髪の毛のケアにも使用してみましょう。

拭き取り化粧水としても◎

クレンジングや洗顔をしっかりとしても、汚れが落としきれなかったということもありますよね。
そんなときは、拭き取り化粧水としてハトムギ化粧水を使うことも可能です。
肌に優しくて低刺激であるだけでなく、低価格なので量を気にせず使用できますよ。

ハトムギ化粧水の種類と保管方法

ハトムギ化粧水には、いくつかの種類があります。

成分に大きな変化はありませんがボトルの形状が異なるため、どのような場面でどんなボトルを使用するのがおすすめなのかを解説。
保存方法も、併せてチェックしましょう。

ポンプ・スプレータイプ

ポンプ式のものは、一気に化粧水があふれ出る心配がないため、小さなお子さんでも使用しやすいのが特徴です。

スプレータイプは、髪の毛にハトムギ化粧水を使うときにおすすめ!
小さなスプレーボトルに化粧水を移し替えて使用すると、コンパクトサイズで使いやすいですよ。

ボトルタイプ

ハトムギ化粧水をバシャバシャ気持ちよく使いたい場合は、ボトルタイプがおすすめです。
一気に化粧水が出てしまう可能性があるため、使い慣れるまで少し注意しましょう。

ボトルタイプで販売されている商品も多いので、容器を移し替えずに使用できるのも魅力です。

常温保存がおすすめ

ハトムギ化粧水を冷蔵庫で保存している人もいるかもしれませんが、冷蔵庫での保存はおすすめできません。
冷蔵庫から化粧水を出したときの温度差で、化粧水が劣化しやすくなります。
化粧水は、冷暗所で保存しましょう。

ハトムギ化粧水の効果を引き出して愛され素肌を目指そう

ハトムギ化粧水は、幅広い用途で使用できる万能アイテムです。
愛され素肌を作ると同時に、美しい髪を目指したい人は髪の毛にも使用してみましょう。

大容量なので、全身に気持ちよく使えるのもよいですね!
家族で使用できるものなので、少し大きめのサイズを購入しておくのもおすすめです。
TOP