オイルクレンジング、毛穴ケアにはどのくらいの頻度で行うのが正解?

オイルクレンジング、毛穴ケアにはどのくらいの頻度で行うのが正解?

クレンジングの最も重要な役割といえばもちろん、メイクを肌に残さずしっかりと落とすことです。 クレンジングの種類には様々なものがありますが、もっともメイク落ちがよいのがオイルクレンジングといわれています。 では、オイルクレンジングは毎日してもいいの?肌への負担は?毛穴が開いてしまわない? そんな疑問にお答えします!

クレンジングの基礎を知ろう!

まずは、知っているようで知らないクレンジングの基礎知識をお伝えします。
クレンジングは種類によって向き不向きがあったり、刺激の強さに違いがあったりします。
使い分ける時の参考にしてみてください。

クレンジングにはこんな種類がある

クレンジングには、
・オイルクレンジング
・クリームクレンジング
・ミルククレンジング
・リキッドクレンジング
・ジェルクレンジング
など様々な種類があります。

この中でも洗浄力が強く、がっつりメイクや毛穴の汚れまでしっかりと落としてくれるのがオイルクレンジングです。

クレンジングが必要なのはこんな時

クレンジング=メイク落としというイメージが強いですが、実は落とすべきなのはメイクだけではありません。
たとえば、ウォータープルーフタイプの日焼け止めなどはクレンジングで落とすのが望ましいです。
また、メイクでなくとも特別に肌が汚れた時などは、クレンジングをしたほうがいいこともあります。
そのため、男性でも持っていて損はないのがクレンジングといえますね。

高頻度のオイルクレンジングは毛穴に悪影響!?

メイクの落とし残りはお肌の大敵です。
そのため、オイルクレンジングはお肌のリセットをするための強い味方といえます。

では、オイルクレンジングは毎日してもいいのでしょうか?

オイルクレンジングは洗浄力が高い

上でも述べた通り、オイルクレンジングはなんといってもその洗浄力の高さが特徴です。
メイクも皮脂汚れも「アブラ」なので、オイルタイプは汚れをしっかり溶かし出してくれるというわけですね♪

しかし、その分お肌のうるおいを取り去ってしまう力も強いといえます。
また、余分な皮脂を取り除くことは肌表面の酸化を防ぎ、黒ずみなどの予防に欠かせませんが、皮脂を取りすぎると肌のバリア機能が低下してしまいます。
そのため、かえって肌トラブルが増えてしまったり、ニキビができやすくなったりするリスクが上がってしまう可能性もあるんです💦

お肌のためには、うるおいを適度に残しておくことがとても大切です。
また、クレンジングしながらうるおい成分を補うタイプのものもありますので、自分の肌に合ったアイテムを選ぶことも重要になります。

石けんや洗顔フォームでもそうですが、オイルクレンジングに限らず、洗いすぎ・取りすぎはよくないということがいえるでしょう。

肌の弱い人は上手に使い分けて

お肌の強い人なら、毎日オイルクレンジングをしてもそんなに肌荒れを起こさないかもしれません。
中にはうるおい成分が加えられていたり、オイルそのものに美肌効果のあるアルガンオイルなどを使っていたりするものもあります。
そういったアイテムなら、オイルクレンジングでもデイリーに使うことができます。

お肌の弱い人、敏感肌や乾燥肌の人は、普段はクリームタイプやジェルタイプのように肌に負担の少ないクレンジングを選ぶほうがいいいかもしれません。
その場合でも、オイルクレンジングをスペシャルケアに使うなどの方法で上手に取り入れることで、汚れを溜めないお肌を目指すことができますよ♪

オイルクレンジングは頻度に気をつけて、毛穴からキレイな肌へ

毛穴に詰まったメイクや汚れをしっかり落としてくれるオイルクレンジングは、頻度に気をつけて取り入れることで美肌に導いてくれます☆
自分の肌質に合わせて、上手に取り入れてみてくださいね!
TOP
無題ドキュメント