肌がカサカサしてかゆい・・・!原因や改善方法について解説します!

肌がカサカサしてかゆい・・・!原因や改善方法について解説します!

肌が乾燥した経験は誰にでも1度はあると思います。 ただ乾燥するだけでなく、かゆみが長く続く乾燥には注意が必要です。 今回は、肌がカサカサしてかゆい際の原因や改善方法を解説します。 ただの乾燥だと思っていたら、皮膚病だったなんてことも考えられますよ!
肌が乾燥した経験は誰にでも1度はあると思います。
ただ乾燥するだけでなく、かゆみが長く続く乾燥には注意が必要です。

今回は、肌がカサカサしてかゆい際の原因や改善方法を解説します。
ただの乾燥だと思っていたら、皮膚病だったなんてことも考えられますよ!

かゆいカサカサ肌の原因は?

カサカサ肌の原因は、主には肌の乾燥からくるトラブルが原因です。
肌を外敵からバリアする機能が低下することで、肌あれや湿疹が起こります。

ここでは、かゆいカサカサ肌の原因について解説します。
乾燥からのカサカサ肌を甘くみると、後々大変なことになるので見極めも必要ですよ。

皮脂や水分が不足している

かゆいカサカサ肌の原因は、お肌に必要な皮脂や水分が足りていないからです。
人間の肌は皮脂が皮膚の表面を薄く覆っていて、肌をバリアして外敵から守ってくれます!
皮脂が何らかのトラブルで減少したり、からだの水分量が保てていないとカサカサ肌に。
からだの内側のことは気づきにくいので、普段から乾燥を意識して水分は摂取して下さい。

加齢による肌バリア機能の低下

かゆいカサカサ肌の原因は、加齢によっておこる肌バリア機能の低下かもしれません。
加齢によって、若い頃のような水分量を蓄えることができなくなり、皮脂が減少します。
皮脂や水分が不足すると肌トラブルを引き起こす原因になるため、カサカサ肌になります。
加齢による皮脂や水分の低下は、皮脂を補うクリームや積極的な水分摂取が大切です。

乾燥性皮膚炎の可能性

かゆいカサカサ肌は、ただの乾燥ではなく皮膚病の可能性も考えてみましょう。
はじめのうちは少しのカサカサした乾燥だったものが、気づいたらかゆいなんて場合も。
かゆい症状が直ぐに治まればいいですが、長く続くようなら乾燥性皮膚炎かもしれません。
皮脂や水分不足で肌を外敵から攻撃され、かなり進行した場合に乾燥性皮膚炎になります。

かゆいカサカサ肌を改善する方法は?

かゆいカサカサ肌は、重度の症状でなければ自分で自宅でケアして改善できます。
普段のスキンケアの見直しや、皮脂を補って改善するアイテムの購入もおすすめ。
ここでは、かゆいカサカサ肌を改善する方法について解説します♪

肌バリア機能を維持するケアをおこなう

かゆいカサカサ肌を改善する方法の1つ目は、肌バリア機能を維持するケアです!
これはお肌を健康的で生き生きした状態に保つための最も基本の部分で、土台づくり。
肌の皮脂と水分のバランスを整えて調整することで、外敵から肌を守ることができます。
豊富な栄養素の摂取や睡眠時間の確保でターンオーバーを促して正常化させてくれます。

医薬部外品のスキンケアを使う

かゆいカサカサ肌を改善する方法の2つ目は、医薬部外品のスキンケアへ変更すること。
フェイスケアの化粧水や乳液、ボディケアのクリームなどを医薬部外品にしてみましょう。
医薬部外品は一定の効果が認められている商品になるので、医薬部外品以外のものよりも効果が期待できるかもしれません!顔だけでなく全身同時にケアすることがおすすめですよ♡

治療薬へ切り替えたケアを行う

かゆいカサカサ肌を改善する方法の3つ目は、治療薬へ切り替えたケアの検討です。
市販でも治療薬は購入できますし、あまりにもひどいなら皮膚科での処方も考えましょう。
パッケージの裏を見ると、医薬部外品や治療薬など記載があるので必ず確認して下さい!
医薬部外品よりも、治療を目的とした治療薬の方がより効果が期待できます。

肌がカサカサしてかゆい場合は医薬品も試してみましょう

肌がカサカサしてかゆい際の原因と、改善方法について解説しました。
肌のカサカサだけなら、皮脂や水分を補って保護することで改善していきます!
加齢の場合も皮脂と水分を積極的に補うことが大切です♪かゆい症状が出て長く続く場合は、医薬部外品、治療薬を使い、皮膚病の可能性も頭に入れて対処していきましょう。
TOP