20代から押さえておきたい、肌のたるみを改善する方法について解説します

20代から押さえておきたい、肌のたるみを改善する方法について解説します

20代のうちは、肌のたるみはまだ自分には関係ない…そんな風に思っていませんか? でも、実はたるみの兆候が20代から出始めていることも少なくないんです! 早いうちからできるたるみ対策について解説していきます!

20代の肌トラブルの主な原因は?

20代の肌悩みの原因のひとつは、皮脂と水分のバランスが崩れることによるものだといわれています。
ここでは、20代の肌トラブルについてご説明します。

20代の肌について知ろう

10代後半から20代にかけては、過剰な皮脂によるニキビなどに悩む人が多いようです。
ところが、20代後半あたりから、皮脂と水分のバランスが変化していきます。

皮脂は多いのに水分量が減少して、インナードライといわれる「隠れ乾燥肌」のような状態になって扱いに難しさを感じることも増えるかもしれません。
また、ホルモンバランスの崩れからくる肌荒れに悩まされる人もいるでしょう。

この時期のトラブルにしっかり対応できていないと、30代以降にそのツケが回ってきてしまうこともあるそうです。

皮脂分泌と汚れによるトラブルに注意

20代でたるみのリスクとなるのは、過剰な皮脂や汚れによる肌トラブル、刺激などが挙げられます。
皮脂分泌はまだまだ活発なため、汚れやメイク残りなどとあいまって刺激となるパターンが多いようです。

肌負担や肌荒れしている状態が続くと、若くても肌のたるみの原因となってしまいますので注意が必要です。

紫外線ダメージに気をつける

また、早いうちから気をつけたいのが紫外線です。
紫外線は肌ダメージが最も大きいといわれる要因のひとつです。

そのため、日差しの強い時期だけでなく日常的に紫外線対策をしておくことは、たるみのない肌のために必須といえます。

20代のたるみ対策、おさえておくべきポイント

20代でたるみ対策というと「まだ早いのでは?」と思う人も多いと思います。
そんな人でも少し気をつけるだけでリスクを軽減できる、日常生活での対策についてご紹介します。

クレンジング・洗顔をていねいに

いつものクレンジングや洗顔でも、少し気をつけるだけで肌への負担を減らし、たるみを防ぐ助けになります。
クレンジングは強すぎるものを使わず、かといって汚れ落ちが不十分にならないように自分に合ったものを選びましょう。
基本的には、普段のメイク度合いによって洗浄力の強さを選ぶとよいでしょう。

メイクにていねいになじませ、肌をこすらないようにします。
泡タイプのメイク落としや洗顔料はよく泡立てて、泡をクッションのようにしてやさしく肌を撫でるように洗いましょう。
洗い流すときは熱いお湯を使わず、ぬるま湯でていねいにすすぐようにします。

紫外線対策を万全にする

紫外線は常に気にしておきましょう。
夏以外の季節や曇りの日にもしっかりとおこなうのがおすすめです。

外出時に日焼け止めを使用することや、部屋のカーテンにUVカット機能のあるものを選ぶなど、浴びる紫外線の総量を減らす工夫をするとよいでしょう。

腸内環境を整えて肌のバリア機能を高める

ヨーグルトや納豆、キムチ、味噌などの発酵食品や根菜などの食物繊維を食事に取り入れるのがおすすめです。
腸内環境が整うと、免疫力や新陳代謝が上がり、肌のバリア機能がアップするといわれています。

早めの対策が30代に差をつける!たるみ対策は今できることからはじめよう

少しずつ取り入れられるたるみ対策についてご紹介してきました。
面倒でもひと手間をかけることで、数年後にあわててケアしたり、お金をかけたりしなくてもいい肌にしていくことも可能です。

美肌は日々の積み重ねによって生まれると考えて、小さなことからでもはじめていくことをおすすめします!
TOP