夏の紫外線ダメージは秋冬に出る!?冬でも大事なスキンケア

夏の紫外線ダメージは秋冬に出る!?冬でも大事なスキンケア

日焼け、高い気温、酷暑の夏は肌へのダメージが絶大です。日焼け止めクリームや日々のケアが殊更に推奨される季節ですが、残暑も過ぎて秋になり、陽射しが和らいで風が涼しくなってくるとつい一息ついてしまいがちです。しかし、実はこの油断がスキンケアには大敵です。

紫外線対策は夏だけじゃない!


日焼け、高い気温、酷暑の夏は肌へのダメージが絶大です。日焼け止めクリームや日々のケアが殊更に推奨される季節ですが、残暑も過ぎて秋になり、陽射しが和らいで風が涼しくなってくるとつい一息ついてしまいがちです。

しかし、実はこの油断がスキンケアには大敵です。秋冬になってから「もう熱くないから、陽射しも強くないから大丈夫」とスキンケアを怠ってしまうと、夏に受けたダメージが、秋冬の紫外線や乾燥によって治りきらずに日々が過ぎ、ずっと残るシミやくすみの原因になってしまうケースがあるのです。

夏より顔全体に陽射しが当たりやすい秋冬

まず注意したいのが、秋冬は夏よりも「陽射しが低い」事です。夏に比べ、秋冬の陽射しの強さはもちろん弱くなっているものの、秋~冬の初めにかけては夏程ではないとはいえ紫外線量が多くなっています。

加えて、秋の陽射しは夏のように真上から降り注ぐのではなく、低めの角度から斜めに差し込んでくる=顔全体から首にかけて、紫外線を浴びる時間がより長くなっているのです。

秋冬向けの紫外線対策って?

秋、冬は季節柄、「陽射し自体は強くない」「曇りや雨の日が多い」といった気候の特徴があります。その為、夏ほど徹底した日焼け対策・紫外線対策を練る必要はありません。

ただし小春日和で陽射しが強めの日に外出予定がある、行楽で眺めの良い、樹々に遮られない山にハイキングに行く、冬にスキーやスノボーといったウィンタースポーツをしに行く、といった場合には、秋冬向きの日焼け止めを使用していきましょう。秋でも陽射しが強い、日光が遮られない状況では紫外線が肌に当たってしまう、ウィンタースポーツでは「雪焼け」という、地面に積もった雪が日光を反射して起こる、冬特有の日焼けがある為です。一面の銀世界になるスキー場のゲレンデでは、気温が低くとも強い日光を浴び続けるのと同じ状態になっています。
夏の紫外線対策といえば日焼け止めクリーム、UVカットですが、秋冬も夏同様に日焼け止めが有効的です。ここで気を付けたいのは、「普段使い」と「雪焼けの可能性がある場合」とで効果的な日焼け止めが異なるという点です。

先述の通り、気候や天候によって、夏よりも陽射しそのもののダメージは弱くなっています。つまり秋冬の普段使いには、夏にはない「乾燥」を加味して、保湿性を重視しつつ乾燥した肌への刺激になりにくい、SPF値の低い日焼け止めがオススメです。

夏にはサラサラなテクスチャの日焼け止めを使いたくなります。しかし秋冬は乾燥に注意したいので、とろとろ、こっくりとした質感のテクスチャを使っていきましょう。露出範囲は夏よりも狭いものの、マフラーやタートルネックで首を保護出来ない時は、首も忘れずに塗っていきましょう。
次に「雪焼けの可能性がある」、ゲレンデや雪山登山、ハイキングの場合です。この場合は夏向けの日焼け止めをオススメします。

実は、紫外線を受ける強さは、夏の日焼けよりも冬の雪焼けの方が強いのです。夏、太陽からの陽射しによって上から紫外線が照射されることによって起きるのが夏の日焼けです。

これに対し、ゲレンデや雪山での雪焼けとは「太陽からの陽射し+雪から反射する紫外線」、その両方の紫外線による日焼け=紫外線ダメージを受けてしまうのです。特に山という平野部よりも山に近いロケーションであり、広々とした範囲が雪一色になるスキー場、誰も足を踏み入れていない綺麗な雪の範囲が広い雪山登山では、紫外線の反射率もより高くなっています。眩しすぎるゲレンデにサングラスやゴーグルで目を保護するように、肌にも日焼け止めという保護が必要です。

冬向けに日焼け止めを新規に購入する場合は、高いSPF値と保湿力を重視したタイプがオススメです。冬向けの日焼け止めは化粧下地にも出来る乳液タイプも多く開発されています。

夏に使っていた強い日焼け止めが残っている場合、そちらを転用しても良いでしょう。ただし明らかに肌が弱っている、又は敏感肌の人は、無理にSPF値が高い物を使わず、低い物をこまめに塗り直すことで対応していきましょう。

夏のダメージを癒したい!冬にやるべきスキンケアとは?

冬の肌荒れは、対策しそこねてしまった紫外線によるダメージと季節柄の乾燥、そして外と屋内の寒暖差によって引き起こされます。しっかりと乳液系の美容液で保護すれば、含まれる油分がバリアとなってダメージを軽減してくれます。

また、秋以上に寒さや乾燥が厳しくなる冬のスキンケアには、何をおいても「保湿」が重要になってきます。冬場は特に夏に受けた大きなダメージを癒したい時期ですが、肌の内側で起きている乾燥を保湿ケアする事もまた、肌環境の正常化に繋がっていくのです。

・ゴシゴシ、じっくりと洗いすぎず、1分目安でさっと洗う
・皮脂が取れ過ぎないよう、熱いお湯ではなくぬるま湯で洗う
・スキンケア美容液はケチらずたっぷり、首までケアする

この3点に気を付けて、乾燥に十分に気を配ったスキンケアをしていきましょう。
TOP
無題ドキュメント