肌のたるみを改善したい!原因と対策について解説します

肌のたるみを改善したい!原因と対策について解説します

最近、肌のたるみが気になる…と感じている人はいませんか? たるみは加齢のせい、避けられないものと思うかもしれませんが、ちゃんと原因があります。 年齢のせいとあきらめず、できる対策をしていきましょう!
最近、肌のたるみが気になる…と感じている人はいませんか?
たるみは加齢のせい、避けられないものと思うかもしれませんが、ちゃんと原因があります。
年齢のせいとあきらめず、できる対策をしていきましょう!

たるみを招く原因は?

ふと鏡をみるとなんだか肌がたるんでいる…。
たるみを改善するためには原因を知っておくことが必要です。
まずは、肌のたるみを招いてしまう原因についてご説明していきます。

原因1.紫外線による肌ダメージ

紫外線は肌の深いところまで届いてしまうため、最も肌ダメージが大きいものの一つです。
紫外線によって皮膚のコラーゲンやエラスチンが破壊され、たるみの原因となってしまうそうです。

原因2.表情筋の衰え

年齢とともに筋肉は衰えていきますが、表情筋も同じといえます。
表情筋が衰えてくると、肌を支える土台そのものが下がってきてしまうため、肌がたるんで見えてしまうことにつながります。

原因3.姿勢の悪さやクセ

最近はスマートフォンを持つ人が増え、一日当たりの使用時間も増加傾向にあるそうです。
スマホを見る時についやりがちなのが、首を前傾させて顎を前に突き出す姿勢です。
これはストレートネックや肩こりなどの原因になるだけでなく、顔の筋肉から力が抜けてしまうためたるみの原因にもなるそうです。

その他、頬杖をつくなどのクセも肌のたるみを招く要因となるようです。

原因4.体重の増減

体重が増えると脂肪の重みで肌が伸び、たるみがちになります。
また、体重を急激に落としてしまうと伸びた皮膚が余って、肌だけがたるんだ状態になってしまうこともあるそうです。

自分でできるたるみ改善方法

それでは、これまでご説明した原因を踏まえてできる改善方法をお伝えします。

紫外線対策に気を配る

紫外線対策は最優先といっても過言ではありません。
紫外線によって肌の繊維状タンパク質が壊されてしまわないようにするためには、紫外線を浴びないことが一番です。
外出するときには日焼け止めや帽子、日傘などを使用するようにしましょう。

コラーゲンなどのタンパク質に着目したケアをする

肌のたるみの原因の一つは肌のタンパク質が減少することです。
コラーゲンなどを生成するのに必要なビタミンC誘導体、コラーゲン、レチノールなどの成分を含む基礎化粧品を選ぶのもよいでしょう。

また、体の内側からたるみをケアするために腸内環境を整えたり、肌によいビタミンやミネラルを含む食事を取り入れたりするのも有効です。
そういった栄養素を補うサプリも多数でていますので、自分の体質や悩みに合ったものを選んでみてください♪

表情筋を鍛える

いくら皮膚の表面が整っていても、土台となる筋肉が衰えているとやはり肌はたるんでしまいます。
全体的に顔が下がって見えてしまうだけでなく、ほうれい線やマリオネットラインがくっきりしてきたり、まぶたが下がったりといった原因になります。

普段から姿勢をよくして表情筋をなまけさせないようにしましょう。
また、表情筋をきたえるエクササイズ方法を毎日少しずつでも取り入れてみたり、表情筋に効く器具などを導入してみるのもよいでしょう。

筋肉は使わないでいると衰えてしまいます。
適度に刺激を与えて使うようにしておくことが、肌をたるませないためのコツといえます。

日々の積み重ねが大きな差に!日々のケアでたるみを改善しよう

肌のたるみについて、原因と対策について解説してきました。
肌のたるみは、シワなどと同じで定着してしまうと元に戻すのがむずかしくなるそうです。
そういう意味でも、軽いうちからしっかり対策しておくのがおすすめです。
まずは気軽に取り入れられそうなことから、少しずつでもトライしてみてはいかがでしょうか。
TOP