肌に優しいクレンジングの条件は5つ⁉正しいクレンジング方法とは!

肌に優しいクレンジングの条件は5つ⁉正しいクレンジング方法とは!

肌に優しいクレンジングをしたい!と思いますよね。肌トラブルがある人もない人も、肌に優しいクレンジングについて気になるもの。今回は、肌に優しいクレンジングはどのようなものなのか?クレンジングの成分内容から、クレンジングの方法まで紹介します(*^^*)
肌に優しいクレンジングをしたい!と思いますよね。

肌トラブルがある人もない人も、肌に優しいクレンジングについて気になるもの。今回は、肌に優しいクレンジングはどのようなものなのか?

クレンジングの成分内容から、クレンジングの方法まで紹介します(*^^*)

肌に優しいクレンジングとは?

肌に優しいクレンジングを探そうとしても、どれも良さそうで決められない……と思いますよね。

それは、最近のクレンジングが肌に優しいものが多いからです。そのなかでも、特に気にしたい条件について見ていきましょう。

テクスチャーが柔らかいミルクタイプ

クレンジングはオイル、ジェル、ミルク……あらゆるタイプがありますよね。
そのなかで一番優しいのは、ミルクタイプだと言われています。
しかし、ミルクタイプのクレンジングって意外と少なく、種類もそう多くありません(-_-;)

クレンジングのなかで一番種類が多いのは、オイルタイプやジェルタイプではないでしょうか。
メイクが良く落ちるのはやはり、これらのタイプのクレンジングです!

オイルタイプを使いたい!と思ったら、そのクレンジングの成分について注目してください。
オイルタイプでも肌に優しい成分を配合しているものは増えていますよ(*^-^*)

ダブル洗顔不要

クレンジングはダブル洗顔不要タイプが肌に優しいでしょう。
ダブル洗顔不要なので、油性汚れも水性汚れにも強いことが分かります。

ダブル洗顔がなぜ肌に優しいのかというと、それは洗顔が1度で終わるということで、肌に負担を与えないからです。
ダブル洗顔をすることで、肌に摩擦も生じますし、うるおいはどうしてもなくなってしまいます。

保湿成分配合

クレンジングに保湿成分が配合されているものが望ましいですよね。
保湿成分といっても、種類が多いもの。
クレンジングに配合されている保湿成分でよく見られるものがいくつかあります。

・ヒアルロン酸
・セラミド
・コラーゲン
・植物成分

これらの成分が配合されているものは、保湿成分が含まれていると言えるでしょう。

パッチテスト済みなら安心

パッチテスト済とは、この表記は化粧品安全性試験でパッチテストを行い、一定の安全性を担保できた製品に対して行える表示です。

このテストは、化粧品を塗り、24時間もしくは48時間、閉塞状態で肌の反応を見るものもあれば、オープンパッチといった閉塞状態でない試験もあります。
すべてヒトを使ってテストをしているので、より信ぴょう性が高まるでしょう。

自然由来のオーガニック

国産のオーガニックコスメは明確な基準が設けられていません。

植物成分がほんの少し含まれていてもオーガニックコスメとして販売できるため、どのような製造をされているか、原料に関する基準をしっかりチェックしましょう。

公式HPなどで製造工程など詳しく説明されているものであれば、安心できます。

クレンジングの方法も大事!

クレンジングの保湿成分なども大事であると同時に、クレンジング方法についても気にしたいものです。
悪いクレンジング方法を実践していると、せっかく良いクレンジングを使っていても、それが無駄になることもあります。

ぬるま湯で洗う

よく、「ぬるま湯で洗い流しましょう」と記載してありますが、ぬるま湯というのは30~36℃くらいの水温のこと。

なかでも、敏感肌や乾燥肌の人は、30~34℃くらいのぬるま湯で洗うようにしてください。

20回以上すすぐ

クレンジングのすすぎの回数も気になりますよね。
だいたい20回以上はした方がいいとされています。
洗い残しがあると、そこから雑菌が繁殖することもあるので、しっかりすすぎましょう。

清潔なタオルで水分オフ

顔を拭くときには、清潔なタオルを使うようにしましょう。
そして、肌の上から水分を吸わせるようにし、肌にまさつを与えないようにすることが重要です。

肌に優しいクレンジングを選びは美肌への第一歩!

肌に優しいクレンジング選びができれば、美肌への第一歩を確実に歩むことができるでしょう。
しかし、クレンジングが良ければそれですべてが上手くいくというわけではありません。

正しい洗顔、肌に優しい洗顔をすることで、クレンジングの良さも発揮できます。
毎日のクレンジングで少しずつきれいを手に入れるために頑張ってくださいね(*^-^*)
TOP
無題ドキュメント