笑いジワやほうれい線を消すことはできる?日常でできるケアを紹介!

笑いジワやほうれい線を消すことはできる?日常でできるケアを紹介!

30代に突入すると、多くの女性が悩まされる笑いジワやほうれい線。年齢を重ねれば仕方ないものだとわかっていても、なんとかしたいと願う女性も多いのではないでしょうか。 笑いジワやほうれい線を目立たなくするには、日頃のケアがとっても大切なんです!
30代に突入すると、多くの女性が悩まされる笑いジワやほうれい線。年齢を重ねれば仕方ないものだとわかっていても、なんとかしたいと願う女性も多いのではないでしょうか。

笑いジワやほうれい線を目立たなくするには、日頃のケアがとっても大切なんです!

笑いジワやほうれい線ができる原因とは

そもそも、なぜ笑いジワやほうれい線ができてしまうのでしょうか。同じ年齢であっても、やたらとシワが気になる人とそうでない人がいるのも、気にかかるところ。

実は、笑いジワやほうれい線ができてしまうのは、顔の筋肉と頭皮が大きく関係しているんです。

顔の筋肉が固まっている

笑いジワやほうれい線は、乾燥していたり紫外線ダメージが蓄積したりすると出やすくなります。しかし最大の原因は、顔の筋肉、つまり表情筋が固まっていることなんです!

ほうれい線は口周りの表情筋を鍛えることで予防や改善が期待できますし、表情筋に押し戻す力がないとまた、長時間線が刻まれ、シワが深くなってしまいます。

シワが定着している

シワが顔に定着してしまうと、ほうれい線が深く刻まれることになります。このメカニズムとしては、笑顔によって皮膚にかかった圧力を、血中の白血球が傷と勘違いしてしまうからなのだとか。

傷を修復しようとして、白血球が弾力の源である真皮を分解する酵素を出すため、真皮がダメージを受けてシワになってしまうんですね。

頭皮がほぐれていない

人間の皮膚は一枚につながっています。頭皮がしっかり顔の皮膚を支えていれば、顔の皮膚もたるみません。

ところが、加齢やストレスなどが原因で頭皮がこり固まってしまうと、頭皮が顔を支えられなくなりたるむので、シワやほうれい線が目立ってしまうようになります。

笑いジワやほうれい線を目立たなくする方法

笑いジワやほうれい線ができやすくなってしまうのは、ある程度の年齢であれば仕方ないこと。しかし、極力できにくくし、目立たなくすることはできます!

そのためには日々のケアが重要に。毎日の生活の中にちょっとだけ取り入れると変わりますよ!

指圧やマッサージを行う

笑いジワやほうれい線を目立たなくするには、顔のツボを指圧で押したり、表情筋をほぐすマッサージをすることが効果的!特に、咀嚼筋をほぐすとほうれい線対策になります。

まずは咀嚼筋の上の部分を、親指の腹でとらえます。口を開け閉めするときに動く筋肉を触るイメージです。

咀嚼筋をしっかりおさえたまま、口を開け閉めする動作を繰り返していきます。筋肉に沿って下にずらし、反対側も行います。

頭皮をほぐす

リフトアップ効果を得るために、ヘッドスパに通うという話を聞いたことはないでしょうか?頭皮をほぐすことも、シワやたるみの改善には役立つのです!

ほうれい線を目立たないようにするには、特に側頭筋をほぐしましょう。ブラシを側頭筋に当てて、引き上げるように心地良いくらいの圧で押し当てます。

頭皮をマッサージしたあとに加えてほうれい線周りをマッサージすると、より効果的です。

笑いジワやほうれい線を目立たなくするスキンケア方法

笑いジワやほうれい線を目立たなくするには、スキンケアの方法にもこだわりましょう!使うものや使い方によって、状態が変わるはず♫

年齢の問題だとあきらめるのではなく、ちょっとした工夫をしてみるのがポイントです!

シワ対策にぴったりなアイテムを使う

シワ対策には保湿ケアはマスト。乾燥していると、シワが余計に目立ってしまいます。

加えて、シワに対して効果が期待できる専用の美容液などを取り入れましょう。加齢や紫外線ダメージによってもシワは深くなるので、その点を改善できる美容成分が効果的に取り入れられるアイテムを使うのが大切です。

丁寧なスキンケアを心掛ける

どんなに良い化粧品を使っていても、スキンケアが雑では効果は得られにくくなってしまいます。化粧水や乳液は、手のひら全体になじませてから、顔を包み込むようにして浸透させましょう。

この方法によって、肌に余計なダメージを与えずに済みます。特に、シワが気になる目元や口周りは凹凸があるので、指の面で優しくなじませるのが良いでしょう!

笑いジワやほうれい線には地道なケアをしよう

シワは長い時間をかけて肌に刻み込まれてしまうもの。一朝一夕でできるものではないからこそ、予防も改善も毎日の積み重ねがとっても大切!

今からでも遅くはないですし、気になり始めたらすぐにケアするのが正解。日々のケアを入念にして、若々しい肌を作っていきましょう♫
TOP