脂性肌の人が冬にすべきスキンケアとは?原因と対策を解説

脂性肌の人が冬にすべきスキンケアとは?原因と対策を解説

脂性肌が悩みの女性は、冬場となれば保湿をすべきと思いがちではありませんか。 保湿が大事と油分を与えすぎた結果、顔中がテカっている!なんてことも。 確かに保湿も大事なのですが、水分と油分のバランスに悩む人多いですよね。 そんな脂性肌の人が、すべき冬のスキンケアのポイントについてみていきましょう。

脂性肌の主な原因

脂性肌の原因の1つには、遺伝的なものもあります。
しかし、遺伝以外にも生活習慣などから脂性を引き起こしていることもあるんです。
後天的な原因は、見直しをすることで脂性を改善することもできます。

脂性肌の主な原因を知って、当てはまることがあれば見直してみましょう。

ストレスによるもの

ストレスがたまると、皮脂分泌が乱れることがあります。
おでこのニキビが急にできたなんてことがありませんか?
そんなとき、ストレスをため込んだ状態となっていて、自律神経が乱れてしまっている可能性があります。

交感神経が活発になっていると、男性ホルモンが活性化するため皮脂分泌が多くなるんです。
ストレスをため込む状態は、肌がベタつく原因となります。

食生活習慣

日頃の食生活習慣が、油の多い食事やジャンクフードなどが多い場合は脂性肌になる原因となります。
なぜなら、体内の消化を助けるビタミンを多く消費してしまうため、皮膚をコントロールするためのビタミンが少なくなってしまうから。
肌を整えるためには、ビタミンが必要なんです。

偏った食生活やダイエットによる栄養不足は、脂性肌につながる原因となります。

間違ったスキンケア

肌のためにやっているスキンケアが、間違っている場合も脂性肌を引き起こす原因。
ベタツキ感をなくそうと、一生懸命スキンケアをしていたとしても、間違ったやり方をしていると必要な潤いまで奪われてしまいます。
必要な潤いがなくなってしまうと、結果的に皮脂分泌が増えて永遠のループに。

逆に、保湿を与えようと油分を与えすぎることも脂性肌の原因となります。
正しいスキンケアの知識を得て、正しく行うことが大事です。

ツルツル肌に!冬のスキンケア対策

脂性肌の人が、冬場に行うべきスキンケア対策とはどんなことなのでしょうか。
ベタベタした肌からツルツルの肌へ変わるためには、ポイントを押さえておく必要があります。
正しいスキンケア対策のための重要なポイントについて、みていきましょう。

保水を心掛ける

脂性肌の人は、冬場でも油分は足りている状態です。
しかし、水分は少なくなっているため水分量を増やすことに注目しましょう。
油分の多い保湿クリームなどを使うと、ニキビなどの原因となってしまいます。

脂性肌の人は、肌の内側から水分をキープしてくれるセラミド化粧品を使うことがおすすめ!
美容液タイプのセラミド化粧品なら、ベタつきが気にならず使うことができますよ。

美白化粧品をチョイスする

脂性肌の人は、日焼けしやすい傾向があります。
冬場は紫外線Aが増えるので、脂性肌の人は紫外線を集めてしまうことに。
そのため、冬であっても気を抜かず美白化粧品を使いましょう。

効果的な成分は、ビタミンC誘導体です。
美白と皮脂の抑制に効果的な成分なので、ビタミンC誘導体配合の化粧水がおすすめです。

正しい洗顔を行う

洗顔は、朝晩1回ずつ行ってください。
皮脂を落としすぎないように1日1回や、べたつくからと言って1日に何回も洗顔するのは逆効果!
脂性肌の人は、古い皮脂が角栓となり肌がゴワゴワしてきます。

肌が固くなると、シワに原因になってしまうんですよ。
洗顔で古い皮脂を落として、保水をすることが大事。
角質を除去するマイルドなピーリング洗顔がおすすめです。

化粧崩れ防止!メイク対策

脂性肌の人は、メイク崩れが悩みではありませんか?
出勤前にメイクをしたのに、オフィスに着いたらもうメイクが崩れているなんてことも。
少しでもメイクが長持ちするためには、どんなことを取り入れたらよいのでしょうか。

脂性肌の人が取り入れたいメイク対策について、みていきましょう。

化粧下地の選び方

脂性肌の人が化粧下地を選ぶ場合は、油を弾くことをポイントに考えてください。
皮脂が崩れない成分が配合された化粧下地を選べば、皮脂と下地が溶け合わない状態になります。
オイル成分の合成シリコンが使われている化粧下地なら、水分を弾くためメイクの持続性が高まるんです。

汗や皮脂くずれを防ぐ成分が配合されているかをチェックして、化粧下地を選ぶようにしましょう。

ファンデーションの選び方

ファンデーションには、リキッドファンデーション、クリームファンデーション、パウダーファンデーションの3種類があります。
油分が一番多いファンデーションは、クリームファンデーションです。
脂性肌の人は、ファンデーションを選ぶときに油分が少ないタイプを選ぶことがおすすめ。

油分が少ないファンデーションは、パウダーファンデーションです。
化粧崩れを防ぐためには、油分の少ないパウダーファンデーションを選びましょう。

化粧を長持ちさせるコツ

脂性肌の人は、スキンケアからメイクまで急いでやってはいけません。
少し間隔をあけながらやることがコツ!
そのため、化粧水と乳液を済ませたら5分ほど放置します。

乳液が肌になじんだら、ティッシュペーパーをTゾーンなどに乗せて軽く抑えてください。
その後、化粧下地を塗るようにすれば、メイクの持ちが断然違うんです。
ちょっとしたことですが、取り入れることで化粧崩れの頻度が変わりますよ。

脂性肌に合ったスキンケアで冬の対策をしよう

脂性肌の人の冬場は、油分は多く水分が足りない状態です。
冬は保湿に目が行きがちですが、油分を多く与えすぎることは逆効果なので、
水分を与えることを重視しましょう。

脂性肌に合ったスキンケアを正しく行い、冬でもツルツルな肌を目指しましょう。
TOP