乾燥肌におすすめのボディソープ7選。選び方のポイントも紹介

乾燥肌におすすめのボディソープ7選。選び方のポイントも紹介

乾燥肌の原因はもしかしたらボディソープかもしれません。 そんなことを言われたら、ボディソープを使えなくなってしまいますね。 いえいえ違います。 心配しないでください。 ボディソープといってもたくさんの種類があり、その中で乾燥肌には向いていないかもしれないものもあり、おすすめのものもあるということです。 乾燥肌のボディソープの選び方とおすすめを紹介しますので、参考にしてみてくださいね!

乾燥肌におすすめのボディソープの選び方

乾燥肌はバリア機能が低下して、外部からの刺激に弱くなっている状態です。
そんな肌には刺激が少ないボディソープがおすすめ。

ボディソープは基本的に汚れや皮脂、余分な油分などを落とすことが目的です。
そのため、肌が弱っているとそれが刺激となることがあるのです。
乾燥がひどいときは肌に優しいものを選びましょう。

保湿成分がしっかり配合されているものを選ぶ

保湿成分が配合されているかチェックしましょう。
乾燥には保湿ケアが大切です。

ボディソープなので結局洗い流してしまうのですが、保湿成分が入っていないより、洗っているときだけでも保湿してくれるものの方がよいですよ。

無添加で低刺激のものを選ぶ

無添加、自然派、弱酸性など肌に低刺激のボディソープを選びましょう。
肌の弱い赤ちゃんでも使えるタイプなら安心です。
無添加といっても何が無添加なのかをチェックすることも忘れずに!

摩擦の少ない泡タイプを選ぶ

泡タイプなら、洗う際に肌への摩擦を減らせるので乾燥対策になります。
肌の乾燥はボディソープだけでなく、ゴシゴシとこすり摩擦を起こしてしまう洗い方にも原因があります。

キメ細かなたっぷりの泡でやさしく洗えば、摩擦を減らすこともできますね。
こすらなくても泡が汚れを吸着してくれるので大丈夫!
泡で体を洗うのは気持ちがよいですよ♪

乾燥肌の人におすすめのボディソープ7選

低刺激で乾燥対策になるボディソープはたくさんあります。
その中でも使い心地がよかったり、香りがよかったり、快適に使えるボディソープを7つ紹介しますね♪

ハウス オブ ローゼ ドゥ・サージモイスチュアボディソープ

保湿成分と言えばセラミド。
こちらのボディソープはセラミドバター配合で、肌にうるおいを与えてくれるのが魅力です。

弾力のある泡がしっかり汚れや古い角質を吸着し、キレイにしてくれます。
無鉱物油、アルコールフリー、弱酸性なのも安心ですね。

リサージ ボディケアソープ

きめ細かなもっちりとした泡が心地よいです♪
汚れや古い角質も取り除いてくれるので、肌がすべすべになりますよ。

しかも泡はうるおいポリマーでコーティングされているので、とても気持ちがよく、肌にやさしいのです。
ほのかなバラの香りにうっとりしながらバスタイムを過ごせます。

ボタニスト ボタニカルボディーソープ ディープモイスト

水分と油分、保水成分をサポートするボタニカル成分、そして肌のうるおいをサポートするボタニカルバターミルクを配合。

これでもか!というくらいさまざまな保湿成分が配合されているボディソープです。
ウォーターリリーとラズベリーの品のよい香りに癒されます♪

ケアセラベビー 泡の高保湿ボディウォッシュ

セラミドや植物エキスなど保湿成分にこだわったボディソープ。
赤ちゃんの肌にも使えるクリーミイな泡のボディウォッシュです。
バリア機能を高めるためにもおすすめです。

ユニリーバ ダヴ ボディウォッシュ プレミアム モイスチャーケア

美肌に関わる菌の集合体“美肌フローラ”を残して洗える処方です。
きめ細かく濃密な泡はぜいたくな感じ。
洗い上がりのもっちり肌になりたい人におすすめです!

ミノン 全身シャンプーしっとりタイプ

洗浄力が穏やかな弱酸性のミノンは、肌に負担をかけないのが特徴です。
赤ちゃんから高齢の方まで使えるボディシャンプー。
バリア機能を低下させず、汚れもきちんと落とせます。

花王 ニベア クリームケア ボディウォッシュ

せっかくの保湿成分が洗い流されずに肌に残るのが魅力です。
だからお風呂上がりは肌がしっとり。
濃密な泡で気持ちよく洗えるのもうれしいですね♪

乾燥肌に合ったボディソープでスベスベ素肌を手に入れよう

お風呂上がりに肌がつっぱる感じがする、カサカサするというなら、ボディソープを変えてみるのもよいかもしれません。

乾燥肌におすすめなのは、低刺激で保湿成分が配合されているもの。
摩擦を防ぐためにも濃密な泡ができるものがよいですよ♪
香りなども含めて、自分の肌に合ったボディソープを見つけましょう!
TOP
無題ドキュメント