オールインワンジェルは効果ある?使い方やメリット&デメリットも解説!

オールインワンジェルは効果ある?使い方やメリット&デメリットも解説!

時短でスキンケアできるオールインワンジェルを使ったことはありますか? オールインワンジェルは時短になるだけでなく、化粧水や乳液や美容液というように何種類ものスキンケアを選ばなくて良いので、節約になるのも人気です♡ 今回は、オールインワンジェルの効果と使い方やメリット・デメリットを解説します。
時短でスキンケアできるオールインワンジェルを使ったことはありますか?
オールインワンジェルは時短になるだけでなく、化粧水や乳液や美容液というように何種類ものスキンケアを選ばなくて良いので、節約になるのも人気です♡

今回は、オールインワンジェルの効果と使い方やメリット・デメリットを解説します。

オールインワンジェルの効果とは?

オールインワンジェルは効果がないの?なんて疑問を耳にしたことはありませんか?
ずばり!オールインワンジェルはきちんと効果があって、使い方次第で便利なスキンケア。

ここでは、オールインワンジェルの効果にはどんな内容があるのか解説します。
どうして節約になるのかも分かるので、よく読んで理解してみてくださいね。

1本で何役もこなしてくれる

オールインワンジェルは、スキンケアを何種類も揃えなくても1本で何役もこなします。
化粧水、乳液、美容液、パック効果などの効果が1本で叶い、化粧下地になる種類も!
近年オールインワンジェルの種類はどんどん増えていて、クリームや美容液タイプなんかも続々と販売されています。1本でケアが済むので節約になるというワケなんですね。

オールインワンジェルは、1本のなかにスキンケアの全てのステップを含んでいます。
オールインワンジェルは「ジェル」なので、オールインワンジェルの種類のなかでもさっぱりしたテクスチャーの種類になります♪春夏の季節に使うのにもおすすめですよ。

1度で何種類もの成分を補える

オールインワンジェルは、1度の工程で何種類もの成分をお肌に補うことができます♡
オールインワンジェルは、化粧水、乳液、美容液、パックなどの効果が1本で可能です。
保湿成分、保護成分、浸透成分、不足成分を補うなど、何種類もの成分がギュっと詰まっているので、1度のスキンケアで時短が可能に!忙しくて時間のない人にもぴったりです。

オールインワンジェルに含まれる成分は、通常の基礎化粧品と変わりありません。
保湿成分ではヒアルロン酸やコラーゲン、保護成分では大豆エキスやグリセリンなどが含まれていて、普段から聞き慣れている成分ばかりなので特に不安にならず使用できます。

さっぱりしたつけ心地でリフレッシュできる

オールインワンジェルは、さっぱりしたつけ心地で爽やかなしあがりが特徴です♡
1年中使うことができますが、特に春夏の季節に人気のある種類になります。
オールインワンジェルのメーカーによっては、ジェルのほかジュレなんて呼ばれます。
無香料のものもあるし、フローラル系や植物系の微香タイプなども評判です。

オールインワンジェルは、何といってもみずみずしいテクスチャーがたまらないです。
さっぱりしていてベタつかず、それでいて高保湿で長時間うるおいをキープします!
オールインワンジェルは、ボトルタイプやジャータイプなどメーカーで違います。

オールインワンジェルの使い方とは?

オールインワンジェルは、通常の基礎化粧品と同様に使い方が決まっています。
オールインワンジェルでも、メーカーで1回量やつけ方が違うので確認してください。

ここでは、オールインワンジェルの使い方について詳しく解説します!
基本的な共通の使い方をお教えしますが、パッケージの詳細もチェックしましょう。

メーカー推奨の適量を手にとる

オールインワンジェルの使い方の1番目は、決められた適量を手にとります。
使用前にオールインワンジェルのパッケージをよく読んで、事前に確認します!
箱有りの商品はなかに取扱説明書がある場合もあり、箱なしの商品はオールインワンジェルの本体自体に記載されている場合もあります(^^)メーカーで適量は違うので守りましょう。

各部位へのせて中心から外側へ伸ばす

オールインワンジェルの使い方の2番目は、手にとったジェルを顔にのせていきます。
オールインワンジェルをおでこ、頬、鼻、あごなどにそれぞれのせて伸ばします。
伸ばす際は、顔の中心から外側へ向かって優しくなでるように伸ばすのが基本です☆
これはオールインワンジェルに関わらず、化粧水や乳液でも共通なので覚えてください。

オールインワンジェルだけでなく、スキンケアの際はむやみやたらに伸ばすのはNGです。
顔の筋肉に沿って伸ばすことがポイントで、適当に伸ばすとシワになる可能性もあります。

両手でハンドプレスしてなじませる

オールインワンジェルの使い方の3番目は、ジェルを全体へ伸ばしたらハンドプレスです♡
ただオールインワンジェルを伸ばしただけでは、密着力に欠けるので押し込むと良いです。
両手の手のひらを使って、顔全体を包み込むようにして優しくプレスするのがポイント。
オールインワンジェルと肌の密着力が高まって、体温で浸透力までアップできますよ。

ハンドプレスはあくまで押さえるのが基本なので、動かしたりこすったりはNGです!
全体だけでなく、おでこや頬など片手を使って部分的に押さえるのもおすすめです。
目元や口元や小鼻は、指を使って軽く押さえると細かな部位までハンドプレスできますよ。

オールインワンジェルのメリット・デメリットとは?

人気のあるオールインワンジェルですが、メリットもあればデメリットもあります。
どんな商品も良し悪しの両方を知ったうえで使えば、使用後に後悔もしません。

ここでは、オールインワンジェルのメリット・デメリットを解説します!
オールインワンジェルを検討している人は、ここをよく理解してから購入してください。

時短で簡単に保湿ケアできる

オールインワンジェルのメリットの1つ目は、毎日時短で保湿ケアができることです。
オールインワンジェルはいくつものスキンケアを使わなくても、コレ1本で完結します。
朝が早い人、夜が遅い人、子育てや仕事や学校に忙しくても、簡単に保湿ケアが可能です☆
オールインワンジェル購入者の多くが時短ケアに注目していて、口コミでも評判です。

オールインワンジェルは面倒くさがりな人にもおすすめで、手間がないのがおすすめ。
いままで何種類もライン使いしていた人も、1度使うと手放せなくなりますよ♡

コスパが良く経済的

オールインワンジェルのメリットの2つ目は、コスパが良くて節約になることです!
オールインワンジェルは1本で完結するので、いくつも揃えるよりも経済的になります。

オールインワンジェルの価格には幅があって、千円前後から購入できる種類もあります。
ドラッグストアやデパートなどの身近なお店、通販など購入場所も豊富に選べます。

肌に負担がかかりにくい

オールインワンジェルのメリットの3つ目は、肌への負担がかかりにくいことです。
通常のスキンケアは、化粧水をつけ、乳液をつけ、美容液をつけと摩擦が多いです。
オールインワンジェルは重ねづけ不要なので、1回で済んで摩擦回数を減らせます♡
お肌への摩擦はシワやシミの原因になって大敵なので、軽減できる方が嬉しいです。

1つの成分の効果が低い

オールインワンジェルのデメリットの1つ目は、成分1つに対する効果が低いことです。
オールインワンジェルは通常の基礎化粧品と違って、1本に必要な成分を閉じ込めます。
保湿、保護、浸透など大切な成分は含まれていますが、全てを大量に含ませられません。
化粧水1本と同じ量、乳液1本と同じ量は難しいので、1つ1つの成分が少なめなんです。

メーカー推奨の適量を変えることができない

オールインワンジェルのデメリットの2つ目は、メーカーの適量を変えられないことです。
通常の化粧水では不足を感じたら、化粧水をパシャパシャと重ねづけして量を増やせます。
オールインワンジェルはジェルなので、重ねづけをし過ぎるとさすがにベタつきます。
ベタついて化粧がヨレたり、つけ過ぎのせいでにきびができることもあります。

オールインワンジェルは、メーカーから推奨する適量を守ることも効果を得るポイント。
普段から化粧水の重ねづけがクセになっている人は、物足りなく感じるかもしれません。

季節の変わり目の肌状態に合わせにくい

オールインワンジェルのデメリットの3つ目は、季節の変化への合せにくさです。
オールインワンジェルは1本で完結するので、秋でも冬でもクリームもつけず1本です。
通常の基礎化粧品では、季節に合わせて化粧水や乳液の使用感を変更したりしますよね。
美容液やクリームを重ねづけして、乾燥と保湿対策を徹底すると思います!

オールインワンジェルは季節が変わっても1本使いなので、季節で対応がしにくいです。
いままで季節のケアを気をつけてきた人は、保湿の足りなさを感じる可能性があります。
オールインワンジェルは、使用するにあたって注意したい点があります。
メリット・デメリットも重要ですが、注意点もそれと同じくらい重要なポイントです!

ここでは、オールインワンジェルの注意点について詳しく解説します。
必ず守って使ってほしい内容になるので、これから使う人は必見ですよ。

肌状態が悪いときには使わない

オールインワンジェルの注意点の1つ目は、肌状態が悪いなと感じたら使わないこと。
肌のコンディションが悪いのにオールインワンジェルで完結すると、悪化する場合も。
肌状態が悪いなと感じたら、1度オールインワンジェルの使用を中止することが大切。
普段の化粧水、乳液、美容液で栄養を補給して、復活させてから再度使用してください。

乾燥がひどいときには使わない

オールインワンジェルの注意点の2つ目は、乾燥があまりにもひどいときは使わないこと。
これも肌状態が悪いことと同様ですが、ひどい乾燥状態になったらオールインワンジェルの保湿力では必要な成分が不足しているため、補えずに余計にコンディションが悪化します。
特に秋冬にかけては肌状態が変化するので、このような場合は使用を中止してください。

自分の肌状態に合う種類を使う

オールインワンジェルの注意点の3つ目は、自分の肌に合う種類を選んで使うことです。
最近のオールインワンジェルは、ジェル、クリーム、美容液など種類が豊富です♡
乾燥肌なのにジェルではさっぱりし過ぎですし、脂性肌なのにクリームは濃すぎです。
オールインワンジェルも肌に合わない種類ではトラブルが起きるので、注意しましょう。

オールインワンジェルのメリットとデメリットを意識して効果的に使おう♡

オールインワンジェルの効果と使い方、メリット・デメリットについて解説しました。
オールインワンジェルは1本に数種類の成分が配合されていて、1度で何役もこなします。
化粧水、乳液、美容液、パックが1度で済むため、時短になって経済的です☆
オールインワンジェルを使う際は、注意点も気をつけて使用するようにしてくださいね。
TOP