40代が後で美容で後悔しないためにすべき事とは?

40代が後で美容で後悔しないためにすべき事とは?

30代以降少しずつ感じるようになる体の変化は、40代でさらに加速していきます。溜まった疲れはなかなか抜けず、白髪が増えたり、老眼になったりということもあります。そして、お肌の老化もそれまでとは比べ物になりません。肌が生まれ変わるターンオーバーが乱れがちになり、20代で28日サイクルであったものが55日サイクルになるなど、40代は肌が大きく変わる時期なのです。

40代はどんなことが起きるの?


30代以降少しずつ感じるようになる体の変化は、40代でさらに加速していきます。溜まった疲れはなかなか抜けず、白髪が増えたり、老眼になったりということもあります。そして、お肌の老化もそれまでとは比べ物になりません。肌が生まれ変わるターンオーバーが乱れがちになり、20代で28日サイクルであったものが55日サイクルになるなど、40代は肌が大きく変わる時期なのです。

ターンオーバーが長くなるというのは新陳代謝が悪くなるということなので、肌が受けたダメージはいつまでも残ってしまいます。その結果、シミやシワ、くすみやタルミなど、これまでは何とかカバーしていたものも次第に隠し切れなくなっていきます。肌悩みが一気に増えるのが40代といって良いでしょう。

また、ライフサイクルにも大きな変化が生じるのが40代です。働いている人は責任が重い立場になっていきますし、子どもの進学や両親の介護など、さまざまなことが一気に押し寄せてくることがあります。時間も労力もいくらあっても足りないと感じることでしょう。ストレスを溜めやすくなるのに発散する時間もない、などということもよくあります。

そして、女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が急激に減るのも40代以降なので、更年期特有の症状に悩まされる女性も出てきます。更年期の症状の出方には個人差がありますが、頭痛やめまいの他、ホットフラッシュ、イライラ、強い倦怠感など、人によっては生活に支障をきたすほど感じることも珍しくありません。このような変化の中、体調を整えてお肌のケアをするというのは難しいと感じる方もいることでしょう。

40代に肌ケアですべき事とは?


とはいえ、手が回らないからといって肌の手入れをおろそかにしていると、50代以降に大きな差がついてしまうので気を付けたいものです。美容といっても時間がかかるケアをしなくても良いので、基本を忘れずにポイントをしっかり押さえた方法で肌ケアをしてあげましょう。自分が後から後悔しないように、すべき事をしてあげるのが大切です。

まず、お肌の乾燥が急激に進むので、潤いを絶やさないよう十分な保湿をしてあげます。擦らず丁寧に洗顔をしたら、ふかふかのタオルで軽く押さえるようにして水気を取り、間髪を入れずにローションをつけましょう。化粧品は洗面所に用意しておくのがベストです。

また、乾燥対策になる化粧品に切り替えるのも検討してみることです。同じ化粧品を使っているのに何かしっくりこないという時は、化粧品の切り替え時なのです。ローションで水分を肌に送り込んだら、蒸発しないようにクリームやオイルで蓋をしましょう。40代ともなると皮脂の分泌量も減ってくるので、今までは必要なかったという人でも使った方が良い結果となることが多いものです。

また、今までも使っていた人は量を多めにするのがオススメです。中高年になって乾燥がどんどん進むと、ひどい場合にはスマホの指紋認証も読み取ってくれなくなることがあります。化粧品のパッケージには適量とされる量が記載されていますが、それ以上に使ってもいいくらいなのです。目の周りや口の周りなど、特にシワになりやすい部分に重ね付けしてあげましょう。
さらに、40代は顔だけでなく、全身にクリームを塗るボディのエイジングケアも必要になってくるでしょう。もちろん、首やデコルテ、手の甲などにも忘れずに塗ることです。特に、首は年齢の出やすい部分にも関わらず、つい怠ってしまいがちなので、毎日忘れずにケアしてあげたいものです。できれば顔に塗ったクリームをそのまま首にも伸ばしてあげましょう。

40代には筋膜リリースがオススメ


40代は前述してきたように、肌だけではなく、体調にも生活スタイルにもさまざまな変化があります。体調や生活スタイルの変化は肌に大きく影響するので、それらを整えてあげることが40代にはとても重要になってきます。

そこで、体調を整えるのにオススメなのが筋膜リリースです。筋膜というのは筋肉を覆っている薄い膜のことで、全身に張り巡らされています。しかし、筋膜は縮んだり、癒着しやすいのでからまることがあり、それが歪みやコリなど体の不調の原因になることがあります。からまりや癒着は、特にデスクワークや立ち仕事など、同じ姿勢を長い時間続けることで生じやすいので注意しましょう。

筋膜リリースは、ローラーやボールなどを使って筋膜をほぐすという方法で、筋膜のからまりや癒着を取ることができます。やり方は簡単です。例えば足の裏であれば、ゴルフボールくらいの大きさのボールを足裏でコロコロと転がすだけでOKです。椅子に座り、テレビを見ながらリラックスした状態で転がしましょう。

また、腰や背中であれば、肩幅くらいのローラーを床におき、ローラーの上に仰向けになって腰を浮かせ、足や腕を使ってコロコロとローラーの上を転がります。全身の不調が改善されれば内臓の調子も良くなり、それがお肌の調子を良くすることにもつながります。
TOP