甘皮処理は大切なネイルケア!自分でできる甘皮ケアを伝授します

甘皮処理は大切なネイルケア!自分でできる甘皮ケアを伝授します

指先の甘皮はケアした方が良いことを知っていますか? 爪と皮膚との間の薄い皮のことで、この甘皮をケアするかしないかで、指先年齢が随分と変わって見えるんですよΣ(・ω・ノ)ノ! 今回は、自分でも簡単にできる甘皮ネイルケアの方法をお教えします。

自分でできる甘皮ネイルケアの方法は?

自宅でマニキュアができるように、甘皮ケアも自分で簡単にできます!
わざわざネイルサロンへ行く必要もなくて、コスパも良いのが嬉しいところ。

ここでは、自分でできる甘皮ネイルケアのやり方をお話しします。
綺麗な指先になると、自分にも自信が持てますよ♡

①甘皮部分にクリームかオイルを塗布する

まず甘皮部分に、ハンドクリームか保湿オイルを多めに塗布します。
ハンドクリームがない場合は、保湿クリームでも大丈夫です。
保湿オイルはネイル用でなくても、ボディ用でもOKですよ。

甘皮ネイルケアを始める前に塗っておくと、皮膚がやわらかくなります。
固いままだと痛める原因になるので、しっかり角層まで浸透させましょう。

②お湯で甘皮をやわらかくする

次に、指がつかるくらいの深さの容器にぬるま湯を入れて、指先をふやかします。
お湯の温度は38~40度くらいが理想で、じっくり10分ほど温めていきます。

時間を待つのが面倒だけれど、ここでしっかり工程を踏まないと、後々甘皮を傷つける原因にも繋がるので我慢ですよ!
お湯がぬる過ぎてもなかなかふやけないので、温度計で湯温を測るのがおすすめ。

③綿棒で甘皮をマッサージしながら拭きとる

最後に、綿棒でふやけた甘皮をマッサージしながら軽く押しあげます。
甘皮を押しあげると小さな甘皮が取れてくるので、拭き取りながら除去していきます!

このとき、なかなか甘皮が押しあがらなければ、無理にやろうとせずにもう1度指先をお湯につけるところがらやってみて下さい(*^^)v

甘皮の除去ができたら、乾燥する前に再度ハンドクリームかオイルを塗布して保湿します。
乾燥は甘皮のトラブルにもなるので、保湿は常に徹底するようにしましょう!

自分で甘皮ネイルケアをする際の注意点は?

自宅で甘皮ネイルケアをする際には注意点もあります。
せっかく甘皮ネイルケアをしても、注意点を守らないと、かえって傷つけることもあります!

注意点を正しく覚えてから、自分でケアするようにして下さいね。
ここでは、甘皮ネイルケアの注意点についてお話しします。

甘皮をこすらない

自分で甘皮ネイルケアをする際は、強くこすってはNGです!
甘皮がなかなか取れなくて、ゴシゴシとこすってしまうことがありますが、絶対にやめて下さい(ノД`)・゜・。

こすり過ぎた結果、甘皮が切れてしまったり、出血したり、爪の変形の原因になることも。
甘皮がなかなか取れないときは、横着をせずにお湯でふやかす工程からやり直しましょう。

甘皮を引っ張らない

甘皮をこするのも駄目ですが、引っ張ることもNGなので気をつけて下さい。
こすることと同じで、甘皮が切れたり出血したり、根元の皮膚自体にダメージを与えてしまいます。

甘皮は日が経つごとに、剥けたり伸びたりします。
どうしても気になるときは、甘皮ネイルケア用のキューティクルニッパーがあるので、ニッパーで不要な部分だけをカットするようにして下さいね。

甘皮ネイルケアをやり過ぎない

甘皮ネイルケアは、ただやれば良いというものでもありません。
ケアした後、しばらくは綺麗な状態を保てるので、2週間に1度くらいがおすすめです♪
短い期間で気になる部分が出てきたら、その部分だけに徹底するのがポイント。

甘皮ネイルケアは、やり過ぎても爪や皮膚を傷める原因になります。
傷めることで、爪の育成や形成にトラブルが起こることもあるので、注意して下さい!

甘皮ネイルケアで健やかな指先を目指しましょう

自分でできる甘皮処理の方法をお教えしましたが、いかがでしたか?
甘皮ネイルケアを知らなかった人は、今日からはじめてみて下さい(^_^)/

知っていてやり方が間違っていた人も、もう一度見直してみると良いですね。
適度に甘皮ネイルケアをしてあげると、健康で綺麗な若々しい指先でいられますよ♡
TOP