ネイルポリッシュとマニキュアの違いって何??こっそり解説します♪

ネイルポリッシュとマニキュアの違いって何??こっそり解説します♪

いまやネイルは、女性に欠かせないおしゃれとなりましたね♡ 続々と新しいネイルアイテムが販売されていて、選ぶのに迷うくらいです。 でもネイル用語は、難しい言葉で曖昧なまま覚えている人が多くいます。 今回は、ネイルポリッシュとマニキュアの違いについて解説していきます!

ネイルポリッシュって何?

まずは、「ネイルポリッシュ」とは何か?をおさらいしていきます。
ネイル用語は難しい言葉が多いので、間違った内容で覚えている人はここで正しく覚え直しておきましょう♪
いまさら聞けないことも、こっそり勉強できますよ!

爪に塗る染料

ネイルポリッシュとは、手先や足先の爪に塗る染料のことを指します。
ネイルポリッシュは、ネイル下地や新たに開発されたネイルだと思っている人が多数です!
爪に塗る染料(色)だと覚えておけば簡単ですね。

最近は店頭でも、ネイルポリッシュと商品名の記載を見かけることもあります。
ネット通販の際に検索などしてみても分かると思いますよ♡

ネイルカラーやネイルラッカー

ネイルポリッシュは、「ネイルカラー」や「ネイルラッカー」とも呼ばれています。
メーカーによって商品名への記載が違いますが、どれもネイルポリッシュの総称です♪

爪に塗る染料(色)には変わりはないので、購入時に悩まなくても大丈夫です。
ただし、「ジェルネイル」を間違えて購入しないように注意して下さいね!

ネイルラメカラー

ネイルポリッシュは、単色でマットのものや、艶ありなど種類も豊富に揃っています。
「ラメカラー」もネイルポリッシュで、爪を華やかに演出することができます♡

単色とラメカラーの2つのネイルポリッシュを合わせて使うこともできて、とっても可愛い組み合わせなのでおすすめですよ。
ラメカラーもメーカーによって商品名の記載が異なります!

マニキュアって何?

次に、「マニキュア」とは何か?をおさらいしていきます。
ネイルポリッシュとマニキュアを詳しく知ることで、2つの違いが分かってきます!
ここでもしっかり勉強して、間違って覚えていたことはリセットしておきましょう。

爪の基本のケア全般

マニキュア」とは、自爪のベースのケア全般のことをいいます。
manicureはラテン語で、mani(手)とcure(ケア)という意味なのだそう。
pediはペディ(足)で、これもラテン語なんです。

現在は、マニキュア=ネイルポリッシュを塗ることという意味で広まっていますね。
なので、実際のマニキュアは塗ることの意味ではなかったことが分かります。

甘皮・サンディングケア

マニキュアは自爪のベースのケア全般で、甘皮処理や爪のサンディングなど、普段何気なくやっているケアもマニキュアです。
ささくれの手当や、オイルケアや、ハンドマッサージもマニキュアになります。

今まで認識していたマニキュアの考えと違って、え~?!と驚いたのではないでしょうか。
しかし、これもラテン語のmani(手)と、cure(ケア)を思い出せば納得できますね。

カラーを塗らなくてもマニキュア

マニキュアは爪の基本のケア全般のことを指すので、爪にカラーを塗らなくてもマニキュアということが分かったと思います。
ネイルサロンでオーダーする際に、ジェルネイルとマニキュアをお願いしたいなどと伝えると通じると思いますよ!

けれど、マニキュアもネイルポリッシュも同じ意味合いだと思っている人は大勢いるのも事実。
認識のない人には通用しない場合もあるので、臨機応変に覚えておきましょう!

ネイルポリッシュとマニキュアの違いを覚えておこう

ネイルポリッシュとマニキュアの違いについて解説しましたが、いかがでしたか?
ネイルポリッシュは爪に塗る染料で、マニキュアは爪の基本のケア全般のことです。

ネイルポリッシュもマニキュアも、爪に塗布する意味合いだと思っていた人は、ここで覚え直して頭に入れておきましょう!
けれど、マニキュアを塗るといった言葉も浸透しているので、臨機応変に違いを使い分けるのが正解です♪
TOP