自宅に居ながらネイルケア♡サロン帰りのように見せるやり方を教えます!

自宅に居ながらネイルケア♡サロン帰りのように見せるやり方を教えます!

毎日忙しくて、ネイルサロンに行く暇がないと嘆いているそこのあなた。 ネイルサロンに行けなくても、自宅で自分でサロン級のネイルケアができるんですよ♪ 自分でネイルケアすることは、時短でリーズナブルなメリットもあります! 今回は、自宅に居ながらネイルケアするやり方をお教えしていきます。
毎日忙しくて、ネイルサロンに行く暇がないと嘆いているそこのあなた。
ネイルサロンに行けなくても、自宅で自分でサロン級のネイルケアができるんですよ♪
自分でネイルケアすることは、時短でリーズナブルなメリットもあります!
今回は、自宅に居ながらネイルケアするやり方をお教えしていきます。

自宅でネイルケアするやり方は?

自宅でネイルケアするやり方は、コツさえ覚えれば誰でも簡単にできます♪
自宅でネイルケアするやり方を覚えれば、わざわざネイルサロンへ行く手間も時間も必要なくなるし、何よりもリーズナブルで経済的なんですよ(^^♪
ここからは、自宅でネイルケアするやり方について教えていきますね。

①爪のかたちや表面を整える

ネイルケアの基本中の基本ですが、まずは手を洗って清潔な状態からはじめます。
エメリーボード(爪やすり)で、爪のかたちを好みに整えていきます!往復はせずに、一方方向へ向かって削るのがポイントです。

かたちを整えたら、バッファーで爪の表面の凹凸をなめらかにして整えていきます。
削り過ぎに気をつけながら、平らに綺麗になったらOKです。

②甘皮の処理をする

甘皮処理の前に、38度~40度くらいのぬるま湯に指先全体をつけてふやかしておきます。
清潔なタオルで水気を拭いたら、爪の根元をウッドスティックで軽く押し上げていきます。

押し過ぎないように注意しながら全体ができあがったら、伸びすぎている甘皮をキューティクルニッパーでカットしていきます。
気になるささくれも、ここで同時にカットして大丈夫です!

③シャイナーで艶出しする

爪全体が綺麗に整ったら、最後にシャイナーで爪の表面をこすって艶を出していきます。
この工程は爪磨きと同じ要領なので、簡単におこなうことができますよ♪シャイナーはこすればこするほどツヤツヤになるけれど、やり過ぎは爪を痛める原因になるので注意です!
仕上がったら、キューティクルオイルやハンドクリームをなじませて完了です♡

自宅でネイルケアするのに最低限必要な道具は?

自宅でネイルケアをするには、最低限の道具がないとケアできません。
業界用語だったり、難しいネーミングの道具が多いですが覚えて揃えておきましょう!
ここからは、自宅でネイルケアをするのに用意しておいて欲しい道具について説明します。

エメリーボード&バッファー

エメリーボードは爪を削ったり、かたちを整えたりする棒状のものです。
バッファーは、上下の両面に薄い層で粗さの違うやすりがついた棒状のもの。
やすりの層の間にはスポンジがはいっていて、エメリーボードと比べて軽やかです。

バッファーをエメリーボードの代わりとして使うことも可能です(^^)
エメリーボード+バッファーか、バッファーだけかで検討しましょう!

ウッドスティック&キューティクルニッパー

ウッドスティックは爪の根元の押し上げや、不要な甘皮をくるくる除去するのに必要です。
木でできた細い棒状のスティックで、片方の先端が斜めカットになっています。
数本セットで販売されていることが多く、プッシャーとしても使えます(^^♪
伸びすぎた甘皮を押し上げた際にカットするのに、キューティクルニッパーを使います。

シャイナー&キューティクルオイル

シャイナーは無くても困りませんが、爪を艶出しできるので最後の仕上げのポイントに♪
長さやかたちを整えて甘皮処理したままより、サロン級の仕上りに見せられます(*^^*)
ネイルケアのしっ放しより、艶やかな方が手元が綺麗で注目されますよ♡艶出しの後は、爪の根元にキューティクルオイルを塗ると、乾燥から守ってうるおいが続くのでおすすめ。

自宅でネイルケアするやり方を覚えよう

自宅に居ながらネイルケアするやり方をお教えしました。
爪の長さかたち、表面の凹凸除去、甘皮処理といった内容で、誰でも簡単にできます(^_-)
ネイルケアに必要な道具は、ドラッグストアや100均で買えて、サロンよりリーズナブル!
忙しくて時間の無いときも、週末のお休みを使ってケアできるのでやってみて下さいね♡
TOP
無題ドキュメント