シャンプーブラシの正しい使い方とは?良い点・悪い点についても解説♪

シャンプーブラシの正しい使い方とは?良い点・悪い点についても解説♪

あなたはシャンプーブラシを使ったことはありますか? シャンプーブラシは、自分の指より多い突起で髪や頭皮を洗浄できます。 ただ洗うだけでは駄目なので、洗い方のコツを押えた使い方をすると良いです。 今回はシャンプーブラシの正しい使い方と、良い点・悪い点について解説します!
あなたはシャンプーブラシを使ったことはありますか?
シャンプーブラシは、自分の指より多い突起で髪や頭皮を洗浄できます。
ただ洗うだけでは駄目なので、洗い方のコツを押えた使い方をすると良いです。

今回はシャンプーブラシの正しい使い方と、良い点・悪い点について解説します!

シャンプーブラシの正しい使い方とは?

シャンプーブラシはただ洗えば良いわけではなく、正しく使うことがポイントです。
自己流でシャンプーブラシを使用すると、髪の絡みなどトラブルの原因にもなります。

ここからは、シャンプーブラシの正しい使い方について教えていきます!
シャンプーブラシの使い方が間違っている人は、今日から正しく直して使用して下さいね。

①髪を濡らしシャンプーを手で泡立てる

シャンプーブラシの正しい使い方の1番目は、髪をしっかりお湯で濡らしておくことです。
髪の長さが短い人は全体にお湯が浸透しやすいですが、髪の長さが長い人は髪のなかまで念入りに濡らして乾きをなくします!

乾いた状態では泡立ちにくく、摩擦を受けやすいです。
手のひらでシャンプーを泡立てたら、髪にのせてシャンプーブラシを使い出しましょう。

②シャンプーブラシを上下に動かしてマッサージする

シャンプーブラシの正しい使い方の2番目は、シャンプーブラシでマッサージすること。
はじめに髪をしっかり濡らしておけば、泡立ちが良くなってさらにモコモコ泡になります♡

シャンプーブラシは上下に動かしながら、適度な力をかけて頭皮の地肌まで洗います。
横に動かしている人がいますが、髪が絡んで切れ毛などの原因になるのでNG行為です。

③部分ごとに分けながら洗って流す

シャンプーブラシの正しい使い方の3番目は、全体が泡立ったら部分ごとに洗うことです。
シャンプーブラシを上下左右に自己流で動かして洗い流す人がいますが、これもNGです!

頭をパーツごとに分けて、その部分ごとに洗っていくとブラシのし忘れもなくて良いです。
特に髪の短い人や男性は、ササッと一気に済ませる傾向にあるので正しく直しましょうね。

シャンプーブラシの良い点・悪い点は?

髪をくまなく洗えるシャンプーブラシですが、良い点と悪い点があります。
良い点はプラスになるけれど、悪い点はマイナスなので注意しなければいけません。

ここからは、シャンプーブラシの良い点・悪い点について解説します!

マッサージ効果で頭皮の血行を促進できる

シャンプーブラシは、髪以外の頭皮に適度な刺激を与えながら洗うことができます。
ほど良い固さの突起がいくつもついていて、マッサージ効果もあって血行が良くなります♪

頭皮を刺激してあげることで血行が促進されて、強い地肌に変化し抜け毛なども減ります。
ヘッドスパのような使い方で、健やかな髪と地肌に導くので良い点といえますよね。

長い髪もまんべんなく洗うことができる

シャンプーブラシを使うと、普段の自分の手や指で髪を洗うよりも疲れにくいです。
シャンプーを手で泡立てるより、シャンプーブラシの方が泡立ちも良く摩擦レスに♡

泡を多く生み出すことができ、長い髪の人でも毛先までたっぷりの泡で洗えるんです!
泡が多い分洗い残しには注意がいりますが、全体をまんべんなく洗えるのは良い点です。

力の入れすぎで頭皮を傷つける可能性がある

シャンプーブラシの唯一の悪い点は、使い方で頭皮を傷つける可能性があることです。
力を入れ過ぎて洗わないよう頭に入れておかないと、うっかり傷つけることも。

シャンプーブラシはあくまで人口樹脂の突起をブラシにしたもので、人肌より強いです。
上下に動かす際にはこすりつけるのではなく、優しくソフトに泡で洗う感覚が大切ですよ。

シャンプーブラシの正しい使い方を覚えて健やかな髪を手に入れましょう

シャンプーブラシの正しい使い方と、良い点や悪い点について解説しました。
シャンプーブラシは、髪をしっかり濡らして泡立てると摩擦を軽減することができます。

動かす際には力を入れ過ぎないようにして、上下にマッサージしながら洗うのがコツです!
最後は泡の流し残しには注意して、シャンプーブラシも清潔にして乾かして下さいね☆
TOP