ヘアケアに重要なシャンプー頻度の目安

ヘアケアに重要なシャンプー頻度の目安

美髪をキープするために、ヘアケアを行う女性も多いはずです。それにはシャンプーは欠かせません。シャンプーは髪や頭皮を清潔にキープするために行いますが、毎日洗う方、乾燥肌だから2日に1回の頻度で洗う方など、さまざまです。自分の頭皮の状態に合わせて、洗髪頻度を変えることも大切なヘアケアの1つです。

シャンプー頻度は人それぞれ


美髪をキープするために、ヘアケアを行う女性も多いはずです。それにはシャンプーは欠かせません。シャンプーは髪や頭皮を清潔にキープするために行いますが、毎日洗う方、乾燥肌だから2日に1回の頻度で洗う方など、さまざまです。自分の頭皮の状態に合わせて、洗髪頻度を変えることも大切なヘアケアの1つです。

頻度が多いことで、髪の毛にダメージを与えている可能性もあります。自分の頭皮にシャンプーの頻度が合っていないと、ダメージの原因になるのです。
洗髪をしすぎると、シャンプーの摩擦により髪のキューティクルが剥がれ、パサつきの原因になるでしょう。キューティクルが少ないと、枝毛や切れ毛といったダメージヘアになりやすいので、注意が必要です。

また、洗髪の回数が多いと頭皮が乾きやすくなることで傷ついて、フケや毛詰まりの原因になります。油分が必要以上に落ちてしまうことで頭皮が弱くなり、髪全体に栄養が行き渡らなくなることも考えられるでしょう。

頭皮が弱ってしまうと、まとまりのない髪やきしみやすい髪になってしまいます。シャンプーの頻度は、人それぞれの体質に合わせて変えることが重要なポイントです。

体質に合わせたシャンプーでヘアケアを

頭皮が乾燥しやすい方は、毎日洗うことで必要な油分も洗い流してしまう可能性があります。その場合は、シャンプーを2日に1回にするなど、頻度を減らしてあげることでダメージを減らすことが可能です。また、年齢を重ねると皮脂量が減少し、肌と同様に、頭皮も乾燥しやすくなります。洗髪の頻度を変える際は、頭皮の調子を見ながら変化させていくとよいでしょう。

まずは1日ずつ間隔を空けていき、頭皮がベタつかないぐらいの髪質を保てるようになれば、自分の頭皮に合っているサイクルということになります。また、汗をかきやすい夏の時期など、季節に応じて洗髪の間隔を変えていくようにしましょう。

頭皮に油分が多い方は、頭皮に皮脂が溜まりやすい体質なので、毎日の洗髪が必要になります。頭皮に皮脂が溜まり、毛穴に詰まってしまうと、ニオイやかゆみの原因にもなるので、毎日洗髪することがおすすめです。特に、女性と比べ皮脂が多い男性は、毎日洗うと良いでしょう。日頃から汗を頻繁にかく方も、油分が頭皮に付着し、ホコリなどの汚れがつきやすくなります。毎日洗うことで、頭皮のトラブルを防ぐことができるでしょう。

洗髪は1日2回までを目安にして、1回はシャンプーを使わずにお湯で濯ぐだけにすることで、頭皮に必要な皮脂だけを残すことができます。1日に何回も洗髪することは洗いすぎに繋がり、乾燥肌になる可能性があるので、注意が必要です。

美髪キープの正しいシャンプー方法

美髪を保つために、正しいシャンプーの方法を覚えておきましょう。

洗髪する前にブラッシングを行うことで、シャンプーの泡立ちが良くなり、頭皮についた汚れを落としやすくなります。シャンプー前のブラッシングを習慣つけておくと、柔らかいシャンプーの泡で頭皮を洗うので傷をつけず、泡が頭皮に行き届くようになるでしょう。

シャンプーの前は38度ぐらいのお湯で素洗いを行い、髪の毛についた汚れやホコリを落とします。ゴシゴシ強く洗わずに優しく素洗いを行うことで、ある程度の汚れを落とすことが可能です。

シャンプーを使う際には、直接地肌につけてしまうと洗い残しの原因になってしまうので、泡立ててから使用しましょう。指の腹で頭皮を優しくマッサージするように洗うと、汚れが落ちやすくなります。強く爪を立ててしまうと頭皮がダメージを受けやすくなってしまうので、優しく洗うことを意識しましょう。シャンプー中に頭皮をマッサージすることで血行促進にも繋がるので、抜け毛の予防にもおすすめです。

洗い流す際には、シャンプーをしっかり洗い流しましょう。頭皮にシャンプーが残っていると、かゆみや毛穴詰まりの原因になってしまいます。洗い流す際も念入りにシャワーを当ててあげると、美髪を保つことができるでしょう。

シャンプーの頻度よりも丁寧なシャンプーを心がけよう


体質によっては、シャンプーを毎日行う必要はありません。シャンプーのし過ぎは抜け毛や薄毛の原因とされています。年齢が上がるにつれて、シャンプーの頻度が変わっていきます。毎日のシャンプーを急いで行うくらいなら、2日1回の頻度でシャンプーを丁寧に行う方が、頭皮にとってはメリットが多いです。

朝や昼のシャンプーは時間がなく、ドライヤーも高温で乾かすことが多いと思います。このような習慣は、頭皮に汚れが残ったままであったり、髪や頭皮を傷つける原因になるでしょう。間隔を空けてシャンプーを行うことで丁寧に洗うことができれば、ニオイやかゆみが気になることも減ります。洗髪後のドライヤーもしっかり行わなければ、雑菌の繁殖やキューティクルの破損の原因にも繋がります。洗髪後はできるだけすぐに髪を乾かすのが良いでしょう。
TOP
無題ドキュメント