自宅で簡単ヘアケア術!!!

自宅で簡単ヘアケア術!!!

自宅でできる簡単ヘアケア術としておすすめの方法と言えば、やはりヘアマスクです!髪の深部までしっかり栄養補給、潤ったみずみずしい髪の毛をキープできるようになりますから、ぜひ定期的に行っていきましょう。

週2,3回のヘアマスクで髪の深部にしっかり栄養補給

自宅でできる簡単ヘアケア術としておすすめの方法と言えば、やはりヘアマスクです!髪の深部までしっかり栄養補給、潤ったみずみずしい髪の毛をキープできるようになりますから、ぜひ定期的に行っていきましょう。

ヘアマスクの時間は一日の疲れを癒し、バスタイムをより有意義な時間にしてくれるのでリラックスしたい人にもおすすめです。髪も心も合わせて綺麗になってくださいね。

ホットタオルやヘアキャップで浸透アップ

ヘアマスクをする時は、熱いお湯で絞ったホットタオルやヘアキャップを巻き付けて放置すると良いですよ。

温めることでヘアマスクの美容成分がより髪の毛の奥まで浸透し、効果をアップしてくれます!キャップをする前に目の粗いコームで丁寧に髪を梳かすことでも浸透率がアップしますから、ただヘアマスクをするのではなくひと手間かけてみてください。

乾燥に負けないうるうる艶々の髪の毛が手に入りますよ。

すぐに洗い流せるものか時間をおくものかをチェック

ヘアマスクをする時は、すぐ洗い流せるものか、時間をおいて浸透させるものかをよくチェックしましょう!時間をおいて浸透させることで効果を発揮してくれるアイテムの場合、すぐに流してしまうと本来の効果を得ることができないので注意です。

逆にすぐに洗い流してOKなアイテムを長時間放置したとしても、そのぶんの効果を得られるわけでもないので、ヘアマスクは正しく利用していきましょう。濡れた髪を必要以上に放置するとダメージを受ける原因となるので、気を付けてくださいね。

乾かし方で差がつく!髪の毛は優しく扱って

髪の毛は乾かし方ひとつで美しさが違ってくるので、タオルドライやドライヤーの使い方についても注意が必要って知っていましたか?ちょっとしたことに気を付けるだけで日々のダメージを軽減、綺麗な髪の毛をキープできますから、正しい方法で乾かしていけるようにしましょう。

タオルドライはゴシゴシしない!優しく叩いて乾かして

シャンプー後の髪の毛をタオルドライするときは、髪の毛をゴシゴシしてしまわないよう気を付けてください!

濡れた髪の毛はキューティクルが開きとてもダメージを受けやすい状態のため、タオルで摩擦を与えると大変なダメージを受けてしまうからです。

タオルを地肌に当てて指を立て地肌の水分をしっかり拭いたら、髪の毛自体の水分はタオルで優しく挟み込み、軽く叩いて乾かすようにしてくださいね。髪の毛同士を擦り合わせるようなことも絶対NGです!

髪の根元からよく乾かしてドライヤー時間も短縮

ドライヤーを使う時はまず髪の根元を乾かすのが鉄則って知ってましたか?髪の根元を乾かしていれば髪の毛は自然と乾いていきますし、根元をしっかり乾かすとふんわりボリュームアップするので正しくドライヤーを使ってくださいね。

まず根元をしっかり乾かせば、それだけドライヤーを使う時間も大幅に短縮できます。ドライヤーを当てすぎると髪がやけどをしたり枝毛の原因となったりするため、髪を乾かす時間は短ければ短いほど良いということはしっかり覚えておいてくださいね。

最後に冷風で乾かしてツヤをアップ

しっかり髪の毛を乾かしたら、最後にドライヤーで冷風を当ててツヤをアップしていきましょう!

髪の毛は冷やすことでキューティクルが引き締まりツヤが出ますから、温かい髪の毛をそのまま放置するのではなく全体に冷風を当てて冷ましてあげてください。

また髪の毛は冷める時に癖がつくので、冷風を当てて冷ますことは寝ぐせ防止にもつながります。ブローした髪の毛は熱を逃がし冷ましてようやく完成ですから、最後の仕上げは冷風でしっかり癖付け、ツヤアップをしてくださいね。

ダメージを与えないよう徹底することが大切

濡れた髪の毛を乾かさないで放置しておくと日々のヘアケアの成果も台無しになってしまいます。

自宅のヘアケアはいかに髪の毛にダメージを与えないかということが大事ですから、この点はしっかり心得ておいてくださいね!

乾かさないまま寝るのはNG!髪にとって大ダメージ

髪の毛にとって一番よくないのは濡れた状態で放置することです。乾かさないまま長時間放置したりそのまま寝たりすれば、キューティクルが開いた状態のままの髪の毛は枕との摩擦によって大ダメージを受けてしまうので絶対にやってはいけません。

シャンプーやトリートメントをする時も髪をこすらないように

髪の毛は洗っている時にもダメージを受けるので、シャンプーやトリートメントを行う時もできるだけ髪の毛をこすらないよう気を付けましょう。

たっぷりの泡やトリートメント液で髪の毛一本一本を包み摩擦が起きないように注意して、労わりながらヘアケアを行っていけるようにしてくださいね。
TOP
無題ドキュメント