縮毛矯正に永続的な効果はない?どのくらいの頻度で通うべき?

縮毛矯正に永続的な効果はない?どのくらいの頻度で通うべき?

くせ毛などに悩んでいる人は縮毛矯正を検討する人も多いはずです。 ただ、縮毛矯正は決してメリットばかりではありません。 頻度や注意点について知っておかないと「こんなはずじゃなかった」と後悔することになります。 今回は縮毛矯正の頻度などについてスポットを当ててみました。
くせ毛などに悩んでいる人は縮毛矯正を検討する人も多いはずです。ただ、縮毛矯正は決してメリットばかりではありません。頻度や注意点について知っておかないと「こんなはずじゃなかった」と後悔することになります。

今回は縮毛矯正の頻度などについてスポットを当ててみました。

縮毛矯正はどのくらいの頻度で行うべきか?


縮毛矯正は永続的な効果があるものではありません。縮毛矯正をした状態を保ち続けたいのであれば、定期的に施術をしてもらう必要があります。どのくらいの頻度で縮毛矯正を行えばいいのでしょうか。

目安としては3ヶ月から6ヶ月に1回

目安としては3ヶ月から6ヶ月に1度を考えておきましょう。ただ、ぎりぎりで次の縮毛矯正を行うと良い状態で保ち続けているとは言えないので、ある程度余裕を持って通うようにした方がいいでしょう。

髪質や量によって縮毛矯正の適度な頻度は変わってくるので、カウンセリングの時にでも聞いておいた方がいいでしょう。

髪型によって目安頻度が異なる

目安は3ヶ月から6ヶ月と先述しましたが、髪型によって異なります。ミディアムヘアの場合は3ヶ月から4ヶ月、ロングヘアは6ヶ月に1度が理想とされているのです。つまり、髪が短いほど頻度も多くなると考えておきましょう。

価格だけにこだわらない

美容室によって縮毛矯正の費用は変わってきます。頻度が多くなればなるほど、なるべく安く済ませたいと考えるのは当然のことです。誰だって出費は抑えられることに越したことはないからです。

ただ、安い縮毛矯正ばかりにこだわっていると髪のダメージなどにつながります。安価な美容室がすべて悪いというわけではありませんが、しっかり見極めておかないと髪や頭皮のダメージにつながって余計なお金を出さないといけなくなることもあります。

縮毛矯正を行う際の注意点


縮毛矯正にはさまざまなメリットがあります。くせ毛を改善など、縮毛矯正だからこその良い点が多いのです。

ただ、注意点を知っておかないと「こんなこと知らなかった」となる可能性があります。縮毛矯正の注意点にはどんなものがあるのでしょうか。

金銭的負担が増える

縮毛矯正は人によって頻度は変わってきますが、最長でも6ヶ月に1度はしておくべきです。そのため、金銭的な負担が増えてしまうことも覚えておかないといけません。

ごくまれに縮毛矯正は永続的な効果があるのだと勘違いをしている人もいます。縮毛矯正で綺麗なヘアスタイルを手に入れた場合、それを維持するための費用がかかるのだと覚えておきましょう。

ダメージに気を付けなければいけない

縮毛矯正は髪などにダメージを与えてしまいます。まったくダメージのない縮毛矯正はありえないと言ってもいいでしょう。

髪質などによっては思わぬダメージを受けることもあるので、その点も気を付けておきましょう。カウンセリングの時など、ダメージがどのくらい出るのかなどを聞いておくといいかもしれません。

失敗すると1年以上影響が残る

縮毛矯正は失敗リスクが少ないとはいえ、絶対に失敗がないとは言えません。失敗してしまうと、その部分がカットなどで完全になくなるまで影響が続いてしまうのです。

人によって異なりますが、1年から2年は影響が残ると考えた方がいいでしょう。

縮毛矯正は信頼できる美容室で行おう


縮毛矯正の失敗は1年以上の悪影響が出てしまいます。そのため、信頼できる美容室で行わないといけません。頻度や注意点などをしっかり把握して、納得の上で施術に臨むようにしましょう。

カウンセリングをしっかりしてくれない美容室はあまり信用できないので、お客さんのことを考えてくれる美容室探しをしてください。

TOP